#newsjp #sougofollow #follwdoaibosyu #goen #follwomejp




ロイター

写真写真

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 17日 ロイター] - 17日のサイエンス誌に掲載された研究によると、冥王星の表面には山々や小高い丘、氷河流、ハート形の平らな盆地など、意外なほど多様性に富む風景が広がっていることがわかった。


米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ニューホライズンズ」が昨年7月に撮影した高解像度の画像や、化学的分析などのデータを精査したところ、冥王星には複雑で地質学的に活発な世界が存在し、地下の海洋や、氷を噴出するように見える火山などがあった。同誌掲載の5つの研究論文から明らかになった。


冥王星の表面温度は平均マイナス229度と極寒の地であるが、こうした地形がどのように生まれたのかは解明されていない。


米ミズーリ州のワシントン大学の惑星科学者、ウィリアム・マッキノン氏は「地質学的にかなり荒々しい場所だ」と話す。ニューホライズンズの主任科学者、アラン・スターン氏は「ほぼ何もかも謎ばかりだ」と語った。



ロイター





探査機が行くまでは、もっと単純な準惑星と思われてましたけど、



それが実際に観測すると、驚くほど変化に激しい星だったということですね。



これによって準惑星の惑星になれなかった残念な星って言う評価は



少し変わるかもしれないですね。




惑星の卵と言う側面が強く出てくるかもしれません。




それも、この冥王星クラスだと、恐らく惑星になる最終段階クラスだと思いますからね。




この後、壮大は衝突を数回して惑星なるわけですから。






ペタしてね

AD