ニイクラファーム ハーブと野菜とエトセトラ

東京都西東京市でハーブや野菜など生産・販売をしています。

ブログでは日々雑感等^-^


テーマ:

#newsjp #sougofollow #follwodaibosyu #goen #followemejp





毎日新聞

写真観光客らでにぎわう近江町市場=金沢市で、小関勉撮影
観光客らでにぎわう近江町市場=金沢市で、小関勉撮影

 北陸新幹線の長野-金沢間は14日で開業1年を迎えた。2月末までの乗客数(新潟県内の糸魚川-上越妙高間)は約897万7000人と、在来線との乗り継ぎだった開業前の約3倍に。兼六園(金沢市)など沿線の観光地の来訪者は2~6割増となり、北陸にかつてないにぎわいがもたらされた。一方で、ホテル宿泊費の高騰や、地場の商店から地元客が離れるなど負の側面も表れ始めた。


 関東と北陸間の乗客が多いとみられる糸魚川-上越妙高間では、1日平均2万5000人が利用し、最も多かった昨年8月は月間91万9000人に達した。JR西日本金沢支社の野中雅志支社長は「予想を超える利用状況だ」と喜ぶ。


 だが、いいことばかりではない。県内のシティーホテルの稼働率は80.7%と一気に9.5ポイントも上昇。通常なら平日1泊数千円の金沢市内のシングルルームが、週末に約3万円の高値を付けたことがあった。さいたま市の男性会社員(39)は昨年11月の土曜、通常1泊5000円程度のホテルに1万9000円を支払ったという。


 石川県の谷本正憲知事は活況を歓迎しつつも「受け入れ能力を超えた」と憂慮。県は11月、ホテルや観光関連の団体を集め、「石川のイメージダウンにつながる」と懸念を伝えた。とはいえ、料金設定はあくまで業者の裁量なだけに、効果は不透明だ。


 約180店が軒を連ねる金沢市の「近江町市場」は昨年10月の調査で、日曜の来場者が前年比2.4倍の3万1000人に上った。人気のすし店などには観光客の長い列。対照的に地元客向けの店は青息吐息だ。「混雑しすぎて買い物がしづらい」と敬遠されているためだ。青果店「長谷川商店」は売り上げが約3割減った。店主の長谷川久男さん(70)は「なじみ客が顔を見せなくなった」と嘆く。振興組合は地元客を呼び戻そうと、全店共通のポイントカード導入などの検討を始めた。【大原一城、竹田迅岐、大東祐紀】

毎日新聞



毎日新聞




北陸新幹線、大好評ですね。



ここまで、スゴイことになるとは!!



でも、自分も北陸はいってみたいです。




過去に行った事ありますけど、いいところです^-^




ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

おーじろーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。