新潟恩返し隊のブログ

東日本大震災に新潟からできることを発信していきます。
新潟市発のボランティアバス運行情報も随時UPしていきますので
ご都合のいいときにご参加くださいませ。


テーマ:

程よく雨も降り、農作物や草花に潤いを与えている7月12日です

梅雨が明けると短いながらも灼熱の盛夏が新潟にも訪れます。

皆様方、今夏のご予定・計画づくりも楽しみですね。

自然の災いなく、穏やかに復旧支援活動に出向く必要のない2016夏にしたいと思います。


さて、新潟恩返し隊リピーター隊員さんから、以下の支援要請が届きました。

夏休みを利用して、福島のちびっ子たちが、畳んだままの羽を伸ばしに新潟にやって来ます。

新潟恩返し隊としては赴いていない、お隣の福島県ですが、この様な形で新潟に居ながらにしてボラン

ティア頂ける方を募集します。

以下に依頼のメッセージを紹介します。



~これより~

82日の長岡花火に 福島の子供たちを長岡花火に招待する計画があります。宿泊は寺泊。そこからマイクロバスで移動して花火鑑賞からの寺泊に戻る。という感じです。


①募集その1

 花火会場での移動で迷子が出ないように一緒に行動してくれるボランティアを募集しています。人数などまだ不確定要素が多いのですが、協力いただけそうな方 ぜひ、ご連絡ください。

...

②募集その2


81日昼から83日の昼までのお食事つくりのボランティアさん求ム。  

参加者のママさん達の負担を減らすためのも、お料理班スタッフ熱烈募集中のようです。

この日この時間ならいけるよ~という感じでもありがたいです。興味ある方連絡ください♪ 

③募集その3

子供といっぱい遊ぶボランティアさんも求めてます。  

場所は寺泊の大きなおうちです。


屋根のあるお部屋で眠れます(^_-)-☆)


④募集その4


安全な食材の提供も受け付けております

「新潟恩返し隊」に参加されている方(もしくはその友達でもOK)で81~3日の間、「全日程参加できる」もしくは「部分的に参加できる」という方がおられましたら、是非お知らせください(^^)

※ 駐車場の関係もあるので 寺泊に集合・解散できる方になります。かつ、長岡に詳しいとなおうれしいです。
よろしくお願いします♪








お申込み

件名に「【8月募集その1】

本文に下記記載の上

1)名前

2)お手伝いいただける種目番号①~④

2)生年月日

3)住所

4)携帯電話番号

5)携帯メールアドレス

6)PCメールアドレス


niigata_ongaeshi@yahoo.co.jp

  までお申込み願います。



本情報のSHARE・拡散もご協力お願い致します。



~ここまで~

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

宮城県気仙沼市の離れ小島「大島」


 大島は、面積8.50km2、東京ドーム約182個分の広さの、約3千人の方が住んでいる東北地方最大


の有人離島で、気仙沼湾に浮かび、本土から約25分の船旅で到着する内海本土近接型の離島です。


 大島には年間30万人(震災前)の観光客が訪れ、気仙沼を代表する観光スポットです。

 しかしながら、島民は離島ゆえの生活条件から、救急や物流の面など様々な不便や不安を抱えて生活


しています。

 また、平成23年3月11日に当地方を襲った東日本大震災では、唯一の交通機関である旅客船が陸に


打ち上げられたり、火災に巻き込まれ焼失するとともに、海上に流失した大量の瓦礫によって航路がふさ


がり、長期間にわたって孤立しました。


大島架橋は、日常生活の利便性向上や救急医療の確保、災害時の緊急輸送路確保などや観光・産業


振興の面からも早期整備が求められています。宮城県では、大島架橋(県道大島浪板線)について、平


成30年度の完成を目標に事業を推進しています。


新潟恩返し隊では、この大島を生まれ故郷とする住民のお手伝いをかねてから進めて参りました。


こちらの古民家を再生し、今秋で閉鎖となる復興屋台村・気仙沼横丁から島へと移り住み、新たな商いと


地域情報発信拠点とする考えでいます。











縁が縁を、縁が福を呼び…


今春からは地元・東北大学の教授陣と学生たちの英知が注がれ始めています。



建築と町の賑わい創造に長けた先生方と学生たち……



3月の現地視察に次いで、先日には施主様と膝を突き合わせての意見交換が行われました。







模型を使ってのリアリティさ溢れる設計・建築計画の提案に施主様にとっては、望郷の念が一層高まった


筈です。






地元の大学・学生さんのチカラが加わる事で、郷土愛への意識醸成にプラスになるだけでなく、この事業


の盛り上がりも更に高まるものと期待しています。





設計とコンセプト策定を東北大学チームに託し、専門分野の施工作業は「木族の会」を中心としたプロ集


団に委ね、容易な軽作業を今まで同様、新潟恩返し隊と東北大学の学生ボランティアで進めて行きたい


と考えておる次第です。






地元・大島の風土・歴史・文化との融合を目指す仕掛けもズンズン進めています。


竣工・開業まで1年を切った本事業の推進に、変わらぬ応援をお願い申し上げます。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東日本大震災が発生した2011年の7月。新潟恩返し隊はチーム八王子と合同で宮城県石巻市雄勝町


にある荒浜で海岸清掃をしていました。


http://ameblo.jp/niigata-ongaeshi/entry-10966831842.html










地元の大須小学校の児童の声に応えて海岸清掃と一部海底清掃を行ったものです。


作業の結果、ごく一部の水域で行水程度の遊びが出来る夏となりました。


地盤沈下にともない漁場は勿論、海水浴場も震災前と海底の様子も変化して操船にも支障をきたしてい


ます。


現在では少しずつ地盤も隆起していると聞いていますが復元に至る過程は長いものと想像します。




その、雄勝町荒浜では今週末に、海岸清掃が行われます。


皆さんが時折訪ねられている「おがつ店こ屋街」から更に先へ20分程度、車を走らせる必要があり、なか


なか伺えない場所ですが大勢のマンパワーを募っての海岸清掃、良い成果が出ます様に。



三陸道「かほく」ICから雄勝町へと向かう経路となります。


詳しくは以下のFBページを参照ください。




https://www.facebook.com/events/1199933736705839/

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。