レッツゴー!洋楽研究会

洋楽団塊オヤジが日常をタラタラと書いていくブログ


テーマ:
「ファーゴ」「オーブラザー」「ノーカントリー」なんかが有名で
アカデミー賞も4回取っている監督&脚本家のコーエン兄弟


その兄弟の映画で今年私が観たのは
「アンブロークン」「ブリッジ・オブ・スパイ」に続く3本目

「ヘイル、シーザー!」



50年代のハリウッド。
こういうタイトルの映画(こりゃ「ベンハー」だ)の撮影中に
主役のジョージ・クルーニーが誘拐される。
スタジオのトラブル解決部長が救出に動く。

きっと見る人が見ればセンスがいいって言うんだろうけど、
人を食った、人を煙に巻く映画で私にはわからない。

コーエン兄弟の映画はシリアスなものかコミカルなものか
或いはその両方混じったものがあるように思うのだが
これは「アンブロークン」「ブリッジ・・・」と正反対のコメディ。
でも、ある程度事前の知識がないと笑えないかもしれない。

<マッカーシーの赤狩り>

赤狩りって、凄い言い方は現実に50年代のアメリカであった
反共産主義の社会運動。
今じゃ想像しにくいけど共産主義がロマンチックに存在してて
それに憧れて活動してた人たちがアメリカにもいたみたい。

それが今回の映画のベースにあるのでそれを知らないまま
映画館に行っても(あの人たちは何なの?)になると思われる。
有名な俳優、監督、脚本家を巻き込んだ赤狩り、
どういう人がかかわったか自分で調べてから行って下さい。

いずれにせよ、私はパス。

それより、コーエン兄弟とはまったく関係なく
こないだDVDで借りて観た2年前の映画
「リスボンに誘われて」の方がずっと良かった。


この映画も1974年に起きたポルトガルの
<カーネーション革命>を知っていた方が理解は深まるが、
こっちはそんな歴史を知らなくてもミステリーとして、
また現地に行きたくなるようなロードムービーとしても優れている

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=ooWqXJe2c8o
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
興味深い記事がある。

「ロングテールは幻想!人気商品の独り勝ち」
ニッチではなく、ブロックバスターがカギ


ブロックバスターとはデジタル大辞泉によれば
1.新聞・雑誌・放送などのマスメディアを動員し、
集中的に展開する大がかりな広告戦略。
2.巨額の宣伝費を投入して、意図的に超ベストセラーを
つくりだすやり方のこと。
3.巨額な製作費・宣伝費を投入した野心的な超大作映画。

ニッチは「隙間」みたいな意味だから、正反対の概念だ。
ブロックバスターがカギだとしたら大昔と同じまんまで
面白くもなんともないじゃん。

私はリタイアするまでは原盤の再利用を促進する会社にいて、
ネットの時代には「ニッチだ」「ロングテールだ」と煽ってただけに
もしこの記事が本当ならば結構ショックな事実だ。

一方、同じ時期にこういうブログもある

「世界中でアナログレコードが売れている。その理由とは?」


最近よく目にするこの傾向、
東洋化成のプレスが追いつかないとは聞いているものの
それでもやっぱりニッチじゃないのかしら。

もう一つ、4月に発売されたこういう面白い本がある

「東京レコ屋ヒストリー」


<1903年から現在まで東京の音楽文化を発信しつづける
”レコード屋”の歴史をつぶさに追った史上初のドキュメンタリー>

若杉実という人が取材して書きあげた本で、
表紙がすべてを物語ってはいる。内容は

第一章 レコ屋文化を支えた輸入盤
第二章 下町のレコ屋
第三章 最初のレコ屋街
第四章 ヤマハ帝国
第五章 レコ屋戦国時代
第六章 死闘!レコ屋村
第七章 オンライン時代

レコード文化をずっと支え今を支え、先も見ている
<レコ屋>の人たちの熱さとゆるぎない自信。

前橋の三界堂、渥美電機、煥乎堂から始まった
自分のレコード個人史と時代的には多くが重なるが
ここに書かれている歴史や経緯、そして現状については
まったくと言っていいほど私には知識がなかった。

こういう、音楽に命をささげた人たちがいたから
レコード会社も栄華を極め産業は発展してきたわけだ。

著者は昨今のアナログブームの報道と
それに乗る大手レコード会社について最後にこう書いている。

たかだか十数年のあいだにおこったできごとを
ここでふりかえってほしい。
CDの登場によりレコードの生産を早々と打ち切り、
CDプレーヤーの販売促進とばかりに
市場からアナログプレーヤーを駆逐し、
時代がダウンロードに変わると
その矛先は昨日までの友だったCDに転じ、
袂を分かったはずのレコードをみたび駆り出す。
そこでいつものひと言
”やっぱりアナログは音が違うね”

大手レコード会社がそこまでアナログに力を
入れているとは到底思えない。
利益率も高くなさそうだしやっぱりニッチの位置づけだろう。

私の持っているアナログも増えることなく昔のままで
CD購入はアマゾンで<レコ屋>に行くこともなくなった。
最近すっかりストリーミングに依存してるユーザーの私は
こういう人たちの信念みたいなものがとても遠く感じる。

ただ、少なくとも<レコ屋>の人たちもレコード会社も
音楽が好きで、ブロックバスターばかりじゃないぞと
考えている点は共通してるはずだから、
そこは共同戦線が張れるんじゃないかな。
「音楽離れ」が一番怖い。

それにしても(私は「それにしても」が口癖みたいだ)
この本こそニッチだな。大丈夫かな。



いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1995年2月、
初のアメリカ・ツアーに出発する前日に
ロンドンのホテルから忽然と姿を消した
バンドのギタリストで中心人物
リッチー・ジェームス・エドワードは、
行方不明のまま13年後の2008年に死亡宣告された。

バンドは「マニック・ストリート・プリーチャーズ」という。


解散消滅の危機を乗り越え、
残された3人のメンバーが1996年5月に発表したアルバムが
「エヴリシング・マスト・ゴー」で、
その発売20周年を記念する特別盤が今日発売になった。
「エヴリシング・・」のリマスターと1997年のライブの2枚組。


マニック・ストリート・プリーチャーズ(通称マニックス)は
ウェールズ出身、リッチーの政治的かつ文学的知的な詞と、
攻撃的ながらメロディアスなギターサウンドで人気があり、
リッチーのいなくなった後も次々に傑作を送り出し
イギリスでは今でも国民的人気がある。
日本には何回かロックフェスなどで来日している。

彼らのアルバムの中では
リッチー在籍最後となった1994年の「ホーリー・バイブル」と、
リッチー失踪後の「エヴリシング・・」が特に傑作と言われる。
が、私はこの「エヴリシング・マスト・ゴー」の方が好きだ。

強いメッセージを歌う硬派バンドが、ストリングスを入れて
このような抒情の音世界を作り上げてるところがたまらない。
リッチーがいなくなった哀しみに満ちているようにも聞こえる。


このタイトル曲以外も「インテリアーズ」「ファーザー・アウェイ」他
捨て曲がまるでないアルバムに
政則さん風に言うなら「涙が止まらない」バラードがある。
(邦画のTV-CMっぽく言うなら「号泣曲」かな)
私にとっての90年代を代表する名曲のうちの1曲だ。

「ア・デザイン・フォー・ライフ」




「マニック・ストリート・プリーチャーズ」のバンド名は
クラッシュの曲「クラッシュ・シティ・ロッカーズ」の影響と言われる。
真相は知らないけどクラッシュの大ファンだったのは確かなようで、
それも正直好ましい。

いつだったか、カメラマンのミッチ・イケダが、
自分の撮った写真がNME誌のカバーになったからと
Tシャツにしたのを私に1枚くれた。


2010年のロンドンで英会話学校にこれを着て行った時、
ブラジル、イタリア、フランスなどから来ている若い学生は
まったく興味を示さなかったが、唯一教師だけが見てすぐに
「ナイスTシャツ、でも悲しい記憶・・・」と言った。

その頃、私が泊まっていた滞在型ホテルは
リッチーが失踪した「エンバシー・ホテル」から歩いて3分の所にあった。
リッチーは今も見つかっていない。
いいね!(13)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
BS-TBSに「坂崎幸之助のレコード時代」という番組があって
アナログ・レコードをかけながら
結構マニアックな面白トークに終始する内容なのだが
ゆうべはありえないことに2時間スペシャルだった。


スパイダースがアニマルズ公演の前座で
「ブーン・ブーン」をわざと演奏してたら
エリック・バードンが自分の出番と間違えて
楽屋からひげを剃りながら出てきたとか
かまやつさんの笑えるネタもありながら
かまやつさん作曲のこの2枚のシングルの話になった。

ソウル・エイジェンツ「昨日のように」



キャノンボール「地獄へのパスポート」


両方とも70年前後の私は知らない曲で、
作詞は「昨日の・・」が大橋一枝、「地獄への・・」が水島哲とある。
ぱくちゃんしか喜ばないかもしれないけど
あの大橋さんと、あの安倍さんだ。

それより、このシングルを持って来てた
<タブレット純>という芸人さんが一番目立ってた。


マヒナスターズ最後のヴォーカルだったそうで
今はムード歌謡漫談芸人だという。
とにかくGSに異常に詳しい。
ソノシートまでかけていた。

41才ということは
生まれた時にはもうGSブームは終わってたから
あの知識とコレクションは当然後追いで勉強したわけだ。
キャラも含めて最高だな、この人は。

正史を学んだ人たちに所詮体験派は敵わない。
洋楽でも、先日の「洋楽ロック&ポップス・アルバム名監」の
監修の湯浅学さんや、評論のみならずトーク番組でも活躍の
萩原健太さん、宮治淳一さん、ああいう人たちは
整然と整理された知識が西洋文化史の教授になれるくらいある。
今ある音楽専門誌のスタッフの人もきっとそういうタイプだ。

その点、ミーハーに洋楽を体験した団塊世代は、
好き嫌いしか言わないため論理立てた歴史が語れない。
おそらく洋楽史は朝妻さんたちの世代から
団塊を飛び越えて健太さんたちの世代にバトンタッチされ
その次に洋楽版タブレット純の出現を待つことになるのだろう。

でも飛ばされた団塊はミーハーだけにユーザーに近く
スペシャリストじゃない分ジェネラリストで
パンクもフレンチポップスも青春歌謡もアイドルも語る。
番組見てたらGSを歌いたくなった。
これからも面白エピソードで歌って語って楽しく過ごすかね、
ぱくちゃん。

アニマルズ「ブーン・ブーン」(1965年)



この特番作ったTBSはエライな。
「パイレーツロック」も<レコード時代SP>とでもサブタイトル付けますか。
考えてみりゃ毎週2時間の特番だ。
いいね!(23)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

大相撲夏場所は結局白鵬だった。

13日目の取組の後で稀勢の里に向けたセリフ
「勝ってみろ、それで横綱になってみろ」
好き嫌いは別にしてその通りなのでカッコいい。


それとホラ、やっぱ琴奨ギガの話題は消えた。

でもそんなことより十両と幕下に注目。
先場所中に書いた
宇良、佐藤、阿武咲(おうのしょう)の3人が
揃って好成績をあげているので来場所も楽しみだ。
まずは十両に上がってピンクのまわしにした宇良
昨日までにサーカス相撲も含めて10勝4敗。
もう遠藤と同じくらい人気がある。


10日目のこの相撲もすごい。


宇良と一緒に初十両に上がった佐藤は19才
先場所に続き今場所も宇良に勝つなど
新十両にして14日目までに11勝3敗。

同じく19才で佐藤のライバル阿武咲(おうのしょう)は
18才で佐藤より一足先に十両に昇進したものの跳ね返され
今場所は西幕下三枚目に落ちて、7戦全勝。
今日千秋楽に幕下の優勝決定戦がある。
相手は先場所デビューしてまだ14戦負けなしの
東農大出身の小柳。

宇良はどことなく顔は栃東に似てる。



体がないので、これも私好みの
十両六枚目で昨日やっと勝ち越した
石浦みたいに足踏みする可能性もある。


<日本出身力士>かどうかではなく若い小兵力士が好きだ。
音楽も相撲も太り過ぎはダメよ。
いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)