レッツゴー!洋楽研究会

洋楽団塊オヤジが日常をタラタラと書いていくブログ

NEW !
テーマ:

毎年この時期になると

グラミー賞のノミネートが発表になる

 

http://www.grammy.com/nominees

 

賞は84部門もあるが重要なのは「最優秀レコード」

「最優秀アルバム」「最優秀楽曲」「最優秀新人」の4部門で

特に「最優秀レコード(レコード・オブザ・イヤー)」が

グランプリ扱いされる。

 

映画のアカデミーと違って音楽のグラミー賞は

日本では年々影が薄くなっているから

直近の今年2月のグランプリすら即答できる人はきっと少ない。

正解は「アップタウン・ファンク」

じゃあそのアーティストは?

「マーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズ」

(答を聞いても知らないとか言われそうだ)

 

今回ノミネートされたグランプリ候補はこの5つだ。

 

*「Hello」 アデル
*「Formation」 ビヨンセ
*「7 Years」 ルーカス・グラハム
*「Work」 リアーナ ft. ドレイク
*「Stressed Out」 トゥエンティ・ワン・パイロッツ

 

個人的に中に1つだけ興味深いアーティストと曲がある。

「最優秀レコード」の他に「最優秀楽曲」と

「最優秀ポップ・グループ」の3部門にノミネートされた

ルーカス・グラハム「7 Years」だ。

 

 

http://wmg.jp/artist/lukasgraham/profile.html

 

デンマークのグループというのも珍しいが

人気が本国からヨーロッパ、アメリカに飛び火し、

グラミーのメインの賞にまでノミネートされたというのが痛快だし

資料によるとどうやらスポティファイを初めとする

音楽ストリーミング・サービスからのヒットらしい。

いいねえ、いいねえ。

 

何より曲「7 Years」がいいのよ。

 

 

さらに素晴らしいのは、この曲をより感動的にしようと

言葉の壁を破るべく日本のレコード会社が作った

日本版ビデオクリップの存在だ。

 

「セブン・イヤーズ~僕はまだ7歳だった~」ルーカス・グラハム

 

https://www.youtube.com/watch?v=kZKmmCIqN2Y

 

世界で4億4千万回以上視聴されているこっちのオフィシャルよりいい

 

https://www.youtube.com/watch?v=LHCob76kigA

 

こういう日本的なアプローチ或いは作為性が

イマドキどう受け止められるのか私には見当つかない

4月に日本デビューしてどのくらいアルバムが売れてるのか

どのくらいストリーミングで聴かれてきたかも知らない。

 

だけど、やるじゃん!

ワーナーの誰かは知らないけど担当のあなた。

あなたが手塩にかけたルーカス・グラハムがグラミー取って

あのビデオが日本でもっと流れてもっと売れるといいな

と、「日本洋楽」研究会も陰ながら応援してます。

ただ、One-hit Wonderの香りがちょっとするのが心配かな。

 

アデル、ビヨンセ、リアーナ、、?ノー・コメントっす。

 

 

 

 

.

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本軍の真珠湾攻撃は1941年12月8日(日本時間)

今では日本とアメリカが戦争したことを知らずに

成人した人もいるらしい。

 

 

75年前のそのアメリカではどんな曲がヒットしていたかを見てみる。

他を寄せつけずにダントツ1位だった曲がある。

 

「チャタヌーガ・チュー・チュー」グレン・ミラー・オーケストラ

 

 

1941年11月29日から1月31日までの2ヶ月間

1週だけ同じグレン・ミラーの「エルマーズ・チューン」に

首位を渡すが結局9週間1位となって120万枚を売上げ、

音楽業界初のゴールドディスクに認定されている。

 

もしかしたら、ハワイの1941年12月7日(現地)の朝に

ラジオから「チャタヌーガ・チュー・チュー」が流れていたかもしれない。

この音楽を切り裂いて空爆が始まっていたのかもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=V2aj0zhXlLA

 

上の映像はその年に公開された本人も出演のミュージカル映画

「銀嶺セレナーデ」の中で使われたシーンだ。

 

 

映画の主演は女子フィギュアスケートで冬季オリンピック3連覇、

世界選手権を10連覇した世界的アイドル、ソニア・ヘニー。

そこに当時「イン・ザ・ムード」他で大人気のグレン・ミラーを

組ませるという、早い話がゴリゴリのタイアップ映画で

日本で公開されたのは戦後になってからの1946年(昭和21年)。

 

 

アメリカの開戦後グレン・ミラーは陸軍航空軍に入隊し

楽団を率い慰問で世界各地を飛び回る。

 

そして第二次世界大戦終盤の1944年12月15日

(「史上最大の作戦」「プラベート・ライアン」の半年後だ)

イギリスからフランスに慰問に向かう途中で

彼の乗った軍用機が消息を絶つ。

 

ここ数日このネタ連続でしつこいけど

1944年の年末といえば「マダム・フローレンス」が

カーネギーホールで歌った10月、亡くなった11月26日。

「この世界の片隅に」のすずが哲平と納屋で語った12月中旬。

ヨーロッパ戦線と、ニューヨークと、広島・呉の時期が重なる。

真珠湾攻撃からここまでわずか3年、翌1945年に終戦を迎える。

 

日米開戦の翌年の1942年もグレン・ミラーの快進撃は続き

2月に2週間「真珠の首飾り」が1位となり

ウディ・ハーマンの「夜のブルース」に1週だけ1位を譲った後

2月28日から5月2日までの10週間

「ムーンライト・カクテル」が1位を続けている。

戦時中にこんなロマンティックな曲がヒットするなんて

 

https://www.youtube.com/watch?v=MPF38fYkBjc

 

んな思いでチャートを見てたら、1942年は10月末からず~っと

ビング・クロスビー「ホワイトクリスマス」が1位だった。

ミッドウェー海戦、ガダルカナル島の年末だ。

戦地の兵士たちにとって、故郷と家庭を想う歌だったらしい。

戦争はあったのだ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=SvfhoWIPoVw

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

映画「マダム・フローレンス!夢見るふたり」

 

http://gaga.ne.jp/florence/

 

ソプラノ歌手になりたかった

フローレンス・フォスター・ジェンキンスという

大金持ちの音痴のお婆さんが

仲間うちの発表会だけでは飽き足らずレコードも出し

遂には76才でNYカーネギーホールに立つという実話。

 

 

 

メリル・ストリープヒュー・グラントの豪華共演。

とにかくメリル・ストリープの圧倒的な演技、

音痴を完璧に(?)上手に切なく演じる

もうそこに尽きると言ってもいいくらいの映画だ。

それと弱気な伴奏ピアニスト役の

サイモン・ヘルバークという俳優もいい味出してる。

 

 

微妙に泣かせてくれた「あなたを抱きしめる日まで」の監督が、

コメディ仕立ての中に夫婦間の愛情や本人の病気のエピソードを入れ

観客をホロリとさせちゃうお得意のテクニックを駆使はしているが、

ひとことで言えば

<裸の王様がカーネギーのステージで歌いました>映画なので、

いくら演出しても私にはまったく刺さらない。

 

「夢見るふたり」の「夢」はカネと力がなきゃ実現できない。

しかもそのカネは親の遺産。

でもいくらカネと力があっても

自分が歌手になろうとする人は少ないだろうに

実際に歌手になっちゃう、そこは凄いかもしれない。

(馬術の競技には出られるってか?)

 

映画の素材として面白いのか、同じ人物を題材にした

フランス映画「偉大なるマルグリット」も今年公開されている

(私は観ていない)

 

そのフローレンスがカーネギーホールで歌ったのは

1944年10月25日。

太平洋戦争も終盤、サイパン、グアムが陥ち

レイテ沖海戦で日本の空母が全滅した時期と符合する。

レビューの載った翌朝のニューヨーク・ポストの一面も

JAPANのネイビーがどうのこうのだったんじゃないかな。

 

アニメ「この世界の片隅に」のすずが結婚したのが1944年。

年末に呉の家を訪ねてきた哲がそれまで乗っていたのが

そのレイテ沖海戦で大破して帰還した重巡洋艦「青葉」だった。

 

 

 

空襲が始まってすずたちが草や水増し飯を食べている頃

ニューヨークの満員のカーネギーホールで

大金持ちのお婆さんが背中に羽根付けて歌ってた。

 

  

 

彼女のレコードはCD化もされている。

廃盤にもならずに今でも買う人がいるらしい。

 

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=0640&cd=01DE000031962

 

★実際の歌声⇒

モーツァルト「魔笛」より「夜の女王のアリア」

https://www.youtube.com/watch?v=V6ubiUIxbWE

 

こうして実現させた夢に満足したのかフローレンスは

カーネギーホールの1ヶ月後にホテルで亡くなってる。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

同じ音楽ファンでも、例えばクラシック音楽が好きな人は

ラップやパンクはあまり聴かないだろうと思う。

 

映画の好きな私でも、子供、動物、ヒーロー、宇宙、

ほとんどCG、やたらにワイヤー、血や首の飛ぶホラー、

恋人が病死、社会派ドキュメンタリーなどは好んでは観ない。

とりわけ、アイドルが主演する邦画とアニメを苦手としている。

 

そんな私が周りの「いい」「いい」に煽られて

ついつい観てしまったアニメ映画2本

「君の名は。」「この世界の片隅で」

 

なめてかかった「君の名は」は素直に面白く

タイムスリップとファンタジーがモロにツボで

「ブリッジ・オブ・スパイ」「さざなみ」より高評価の

今のところ今年の私のNo1だ。

 

そしてもう1本のアニメがこの「この世界の片隅に」

 

http://konosekai.jp/

 

ONすぎる台詞回しや暗転による場面転換など

舞台演劇っぽく、これも予想より遥かに良かった。

こんな寓話のシーンも好きだったし

反戦がテーマであっても私でも見られた。

 

 

そこにプラスして

事前に吹き込まれていた作品以外の情報、

権威に対する制作者の姿勢とか

クラウド・ファンディングによる制作費調達とか

新勢力の台頭って感じが好ましかった。

 

「なかなかだったじゃん」と

昨日ネットを検索してみたら

 

ギョエ~!!!!

 

見たことないほどの絶賛の嵐。

それが凄いのなんの。。

感想や評価のコメントに批判やアンチがまったくない。

どころか、映画史に残る大傑作だみたいなのばっかで、

ちょっとでもけなした日にゃ炎上しそうな勢いだ。

 

映画の中では恐らく作品の主題でもあるだろう

「普通で」「まともで」「当たり前の」

という表現が頻繁に使われていたのに

ネット上の熱狂は普通どころか、尋常じゃない。

 

熱狂支持派がネットの中でこんな状況になってる。

 

 

あ、違った、こっちだ。

 

(上の写真と映画はまったく関係ないです、雰囲気です)

 

ビートルズのアルバム「サージャント・ペパーズ・・」だって

ピンク・フロイドの「狂気」だって

それを最高傑作とする意見は多数派でも、ここまでじゃない。

ネット見た瞬間、スーッと引いてしまった。

アニメ恐るべし、あ~怖。

 

まあいいや、

所詮アニメ素人にはよくわからないんでどうかお許し下さい。

それでもこの広い世界の片隅には

私と同じような<空気感>を持ったへそ曲がりのオヤジが

あと2~3人はいてもいいだろうと思うのだった。

 

映画のオープニングにかかってた曲のオリジナル。

オヤジ・カラオケの定番曲

「悲しくてやりきれない」(1968年)

 

https://www.youtube.com/watch?v=kP4oluZmjzA

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

休日にゆっくり聴いた。

ストーンズ11年ぶりのスタジオ・アルバム

ブルースカバー集の「ブルー&ロンサム」

 

 

いや~、たまらなくいいわ~~。

 

3日で録ったとか

隣のスタジオにいたクラプトンが参加してるとか

そんな末節のことはどうでもよくて12曲がとにかくカッコいい。

 

若い時ならこういうのはすぐに飽きて

じっくり聴くなど想像もできなかった私が

寄る年波のせいか、えらーく気持ちいい。

余裕のミックやキースは言うまでもなく

個人的には好きじゃないブルースハープもまた気持ちいい。

 

でもこれが違うバンドだったら退屈するかもしれない。

ストーンズじゃなきゃこうは聴かないし楽しまないだろう。

 

そもそも私が「ブルース」という単語を初めて知ったのは

ブリティッシュ・インベイジョンあたりで

ビートルズがアメリカのポップスやロックンロールを

カバーすることが多かったのに対し

ストーンズはブルースとかいう音楽がベースだと聞いた。

高校生の私はソウル・ミュージックと同じ意味と思ってた。

 

後にクリームやツェッペリンの原点のオリジナルを聴いて

「なんじゃ、こりゃ」とガッカリしたものだった。

クラプトンがやる「クロスロード」がいいのであって

ロバート・ジョンソンは私には面白くも何ともなかった。

 

それとブリティッシュ・ブルース大好き兄ちゃんではないので

ジョン・メイオール、サヴォイ・ブラウン、フリートウッドマックなど

必死に聞いた記憶はない。

(プリティ・シングスは好きよ)

 

GSブームの1967年、ジャズ喫茶で人気バンドが

ヒット曲の合間に知らないブルース・ナンバーをやると

「もっと派手な曲やってくれ」なんて思ったものだ。

だけどゴールデンカップスだけはそういうのがカッコ良かった。

今こうしてストーンズのブルース聴いていると

あの頃のジャズ喫茶の雰囲気を思い出す。

はは、こういう言い方は語弊があるだろうな。

でも本当なんだもの。

 

「ブルー&ロンサム」の中の「Ride 'em on down」というこの曲

これがまさに私にとってのその時代の幻影と重なる。

 

https://www.youtube.com/watch?v=qEuV82GqQnE

 

こうしてグリーン・デイとレナード・コーエンの新譜を抜いて

ローリング・ストーンズ「ブルー&ロンサム」が

今年私の一番好きなアルバムになった。

 

しつこく言っときますけど

私は「ブルースが好き」ではなく

「ストーンズのブルースが好き」なんです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)