レッツゴー!洋楽研究会

洋楽団塊オヤジが日常をタラタラと書いていくブログ


テーマ:

サブタイトルに「The Touring Years」とあるように

ライブ活動をやめる1966年までのビートルズに焦点を当てた

ドキュメンタリー映画「エイト・デイズ・ア・ウィーク」

 

 

私が好きだったビートルズは

日本でデビューアルバムが発売され

米ビルボード誌のチャート1位~5位を独占した

1964年4月から1966年の来日までの2年間だった。

それはこの映画の<Touring Years>とほとんど時期が合致する。

 

1964年1月からパリのオランピア劇場でシルヴィ・バルタンと

トリ二・ロペスとで10数回のショウをやっている間に

アメリカで「抱きしめたい」が1位になったというニュースが入る

その時のメンバーの喜び方は若い普通のバンドに見える。

 

 

 

それがオランピア後の初渡米から一変し

望んだ成功ではあったのに普通の人気バンドではなくなった。

スタジアム・ライブでも当時はPAはない、モニターもない、

客席の歓声にためにリンゴは前の3人の音も聞こえない。

囚人輸送車で会場を脱出する「コンサート」に

「いつまでこんなことを続けるの?」と

ジョージが疑問を投げかけたのもわかるような気がしてくる。

そりゃあスタジオでじっくり音楽を作りたくなるだろうさ。

世界中が異常だったTouring Years。

 

本人たちは(ボーイズがガールズに恋の歌を歌っていただけ)

と振り返って言っているらしい。

だけどたとえそうであっても、私はこの映画のビートルズが好きだ。

映画のメンバーは可愛い(ヒゲもない)

シェア・スタジアムの一番前で泣いてる女の子も可愛い

演奏してる曲が全部いい。

そして、上手い!

しかもお揃いのユニフォームのビートルズだ。

 

エルヴィス・コステロがインタビューで

(「ラバーソウル」を初めて聴いた11~2才の時は

「なんじゃ、こりゃ!」と思った)という感想を述べていた。

高校生の私もまったく同じで「ヘルプ」で微かに芽生えた違和感が

「ラバーソウル」で決定的となっていた。

そんなへそ曲がりビートルズ・ファンだった私だからこそ

50年後の現在でも「Touring Years」に絞ったこの映画は◎100個だ。

 

平日昼間のTOHOシネマズ新宿は

オジサンばかりかと思いきやさすがに若い客もいる。

映画で「105才になっても愛してる」と叫んでいた

アメリカの女の子みたいな日本人女子も多かったはずのに

私の観た回には意外とオバサマの数は少なかった。

 

しょーもないことだけど・・

映画でビートルズのメンバーはよくタバコを吸っている。

しかもそのモノクロ写真のタバコから

実際に煙が漂うように処理がなされ

それがそこここに見られる。

あの映像の演出はシャレ?

 

ビートルズは聞くまでもないので映画の予告編

http://thebeatles-eightdaysaweek.jp/

 

それと、1964年4月4日付けのビルボードHot100

 

 

1位~5位を含めビートルズが12曲ランクインしている。

10位に「グラッド・オールオーバー」がいるじゃないか!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本語が年々変化してきている。

文化庁が発表した<国語に関する世論調査>

 

その中の<「ら」抜き>と<「さ」入れ>の例

「出られない」に対する「出れない」

「休ませて頂きます」は「休まさせて頂きます」

必要な「ら」を省くのに不要な「さ」を入れる人が増えた。

 

http://mainichi.jp/articles/20160922/ddm/012/040/075000c

 

人気のNHK「真田丸」もセリフが現代っぽいと批判があるらしい。

言語は変化するから仕方ない。

たとえば平安時代の人がタイムスリップで現代に来たら

話しているのが日本語とは思えないだろう。

逆も真なりで現代人が平安時代に行ってもきっと会話は成り立たない。

 

今年は都知事が<せこい>と批判された。

あの<せこい>は関西の方言が語源だという。

<うざい>の語源は<うざったい>で多摩地方の方言だ。

こういう類は口語として今では全国区の日本語になっている。

 

だけど、変化するのは仕方ないにしても

間違いや奇妙な日本語はどうしたって気になるのだ。

年のせいと言われても、いいや。

 

同じ調査によるとネット誤入力から用語として定着した若者言葉に

おk(=OK)、うp(=UP)なんてのがあるんだそうだ。

うーむ、、、

まあ、でも若者たちの隠語と思えばこれも許せるかな。

ぱくちゃんの使う業界用語と似たようなものかもしれない。

 

言葉とは関係ないネタに

明治安田生命の世代間ギャップ・アンケートの結果も面白い。

もし5万円の臨時収入があったらどうするかの問いに

20代は貯金をすると答えた人が最も高くて、48.3%

60代以上は旅行に行くと答えた人が一番だった。

http://news.mynavi.jp/news/2016/09/17/149/

 

将来に不安のある層とLive For Todayの違い、

これも仕方ないかもしれないから「おk」にしとく。

 

日本語ということで言えば

ワンオクロックで盛り上がったカズさんとの飲み会で

こんな笑い話があった。

 

・ある時、カズさんは知人からこう言われた

「カズ、音楽出版だけじゃなくて原盤制作もやったら?」

カズはこう答えたという

「工場とか製造業は興味ないです」

 

・ある人にカズさんはこう脅かされたことがある

「簀巻きにしたろうか!」

その時カズはこう思ったそうだ

(酢を撒かれたらクサいだろうな)

そしてこう答えた・・・「それは嫌ですねー」

 

・ある歌手のヨーロッパ・キャンペーンの時

カズの部屋に本人から電話でこう頼まれた

「宣材をいくつか持ってきてくれる?」

夜中なのにカズは洗剤の箱3つを買って持って行った。

 

 

日本語は確かに微妙なニュアンスがありすぎて難しい。

特に子供の頃から海外生活が長い人にとっては。

 

今日の曲はベタすぎるし私には似合わないけど

ビージーズ「ワーズ」(1968年)

 

https://www.youtube.com/watch?v=JECTUQVrvzE

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベビーメタルが台風の中、東京ドーム2日間公演を終えた

 

 

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1712991.html

 

観てもいない人間がこういうのも変だけど、ホントに快挙だ。

東京ドームを完売ってのもさることながら

今年の8か国22回公演のツアーの中には

4月のウェンブリー・アリーナ単独公演もあった。

12月にはイギリスでレッチリのスペシャルゲストも決まってる。

 

 

もう(外国で人気があるらしい)どころの騒ぎじゃない。

驚嘆だ。

ウェンブリー・アリーナのライブは11月23日にブルーレイで発売される。

http://natalie.mu/music/news/201857

 

もう一組、ONE OK ROCK

9月10日と11日に浜松の野外イベントに計11万人を動員した

この模様はWOWOWで11月20日に放映される。

 

 

 

http://rollingstonejapan.com/articles/detail/26673

 

ONE OK ROCKもずっと海外で活動してきた

私の大好きな日本のバンドだ。

実はここにPerfumeを加えた

海外で成功している3組の事務所はいずれも「アミューズ」だ。

音楽性もそれぞれに違うし、それも大したもんだ。

会社のキッチリした戦略と、恐らく風土があるのだろう。

 

それから、リオ・オリンピック閉会式で評判になった

「トーキョーショー」の振り付けはMIKIKOっていう人で、

この人が手掛けているのがPerfumeでありベビーメタルであ

きゃりーぱみゅぱみゅなんだそうだ。またまた大したもんだ。

 

こういう話には、何故か私の友人たちは乗ってこない。

それでも先週の収録の後の反省会でカズ宇都宮さんと

1時間くらい濃い話ができたし教えてももらえた。

 

2020年の東京オリンピックの開会式のショーは

初音ミクのようなバーチャルアイドルじゃないかって説もあるけど

できたらガツーンっとこういう日本の生音ロックをやって欲しい。

 

なんたってこの1年間、日本人アーティストの作品で買ったのは

ベビーメタルのDVDとワンオクのCDだけだった私だ。

(ネットで評判になったこの2組の初の合同写真)

 

 

ONE OK ROCK ヨーロッパツアーの様子、ワルシャワのライブから。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ebVCIQSq9UQ

 

ベビーメタル・オフィシャル

http://www.babymetal.jp/home/

 

ONE OK ROCKオフィシャル

http://www.oneokrock.com/jp/

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は敬老の日、

各地で長寿を祝う会が開かれたというニュースに混じって

カナダの一人の作家が自らの選択によって亡くなったという報があった。

 

カナダでは医師のほう助による安楽死法案が6月に可決され

その作家はその法に基づき自分の死を選択したという。

 

 

W.P.キンセラ、81才。

映画「フィールド・オブ・ドリームス」の原作「シューレス・ジョー」の作者。

 

 

シューレス・ジョーとは八百長事件の疑いから1919年に

大リーグを永久追放され無実を訴え続けたジョー・ジャクソン。

イチローが新人最多安打を記録するまでの記録保持者だった。

 

 

これと同じ法案はカリフォルニアやオランダやベルギーにもあるらしい。

日本ではいくら本人が生前に「リビング・ウイル」ってヤツで主張しても、

自殺ほう助罪があるからそうはいかない。

でも団塊世代が後期高齢者になるこれからは論議されるんだろう。

 

ところで映画「フィールド・オブ・ドリームス」は私の一番好きな映画だ、

ホワイトベリーの事務所の社名にこのタイトルを頂いた。

いつかアイオワ州ダイアーズビルのグラウンドに行ってみたい。

 

 

私の好きな映画は意外と父と息子モノが多いのに気づく。

どうしようもないほら吹きの親父が楽しい「ビッグ・フィッシュ」も結構上位。

 

 

選曲センスとビル・ナイがかっこいい「パイレーツロック」

 

 

同じリチャード・カーティスの「アバウト・タイム~愛おしい時間について」

 

 

30年の時空を超えた父子の「オーロラの彼方へ」とか。

 

 

(ファンタジー派の私なので「ライフ・イズ・ビューティフル」や

「海辺の家」みたいなタイプはそれほどでもない)

 

中学生くらいから反抗してずっと否定してきた父親だったけれど

私も年となってそのへんもほとんどファンタジーになってきたせいか

「もうちょっと一緒に遊んであげれば良かったかな」

なんて思う今日この頃ってとこだ。

 

父は急性肺炎で延命治療する間もなくあっという間に亡くなった。

ああいうのがいいな。

もうすぐお彼岸だ。

台風の今日はDVDで「フィールド・オブドリームス」を観るとする。

このシーンが好きだ

 

https://www.youtube.com/watch?v=cz1TJ4r7bOU

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

アニメとはいえ珍しく邦画(「君の名は」)を観た私は

同じく今年話題になってる「シン・ゴジラ」にも行ってみた。

 

 

そもそも私にとってのゴジラは

小学生の時のカタカナ名前の怪獣が出てくる

いっぱいあった特撮映画の一つにすぎなくて

あの頃は今みたいなゴジラ崇拝の風潮もないし

微かな記憶ではゴジラやアンギラスより

絶対にこっちのヒトデ型した宇宙人の方が怖かった。

 

 

「ゴジラ」だって(あ~こわかった)と言って出てくる映画だったのだ。

いつからそんなゴジラが神格化して行ったのか定かではないが

若い世代にゴジラ信奉者が多いことに気づいた瞬間があった。

 

ある後輩の机の上に置かれたゴジラのフィギュアに

クリップでイタズラしたら涙を流さんばかりに抗議され、

そのことを居酒屋で別の後輩に笑い話にして話したら

「当たり前です!」と彼にもきつく叱責された。

 

(やばいな、ゴジラ教じゃん・・)とそれ以来、

ゴジラについてはコメントするのを避けてきた私だから

今回の「シン・ゴジラ」もノーコメントであります。

 

でもちょっとだけ言わせてもらえるなら

エンタテインメントとして楽しめる映画なので

それでいいじゃんと、それで許してくださいと(ここでは)

 

私的には「シン・ゴジラ」と「君の名は」の間に

「アルマゲドン」を挟むと宴会話として使えるように思える。

 

 

日本や地球がとんでもない危機に遭遇するわけですよ

核をまき散らす怪獣だったり惑星が衝突しそうだったり。

そこを主人公が何とか頑張ってその危機を回避する。

アメリカ映画は核爆弾を使い日本映画は使用を避ける。

「君の名は」の場合だとタイム・スリップという

重宝な解決策があるんですけどね。

 

元東宝ミュージック社長の岩瀬さんは学生時代の後輩だ。

この人が「パイレーツロック」に出た時は

当然ながらゴジラを熱く語っていたっけなあと思い出した。

その日のブログは私が担当したブルー・オイスター・カルトの

「ゴジラ」(1977年)をかけたので

 

 

今日は「アルマゲドン」にする。

「ミス・ア・シング」エアロスミス(1998年)

 

https://www.youtube.com/watch?v=JkK8g6FMEXE

 

ゴジラも惑星も隕石も来ないのに

エアロスミスそのものが危機らしい。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)