2008-08-07 22:44:56

よだれを垂らしながら、親子の関係を考えてみた。/『しあわせのかおり』

テーマ:さいわいな映画

最近、生まれ変わりだとか、そうしたスピリチュアルなことを心理療法として活用することなどについての本をいくつか読んだのですが、この人生をより良く生きるために、なぜ自分がこの親の元に生まれてきたのか、ということをちゃんと考えることが、とても重要なんだなと思いを新たにしてました。


往々にして親との関係では、いろいろ心理的な葛藤があるものですが、それらをちゃんと意識の上に上げて、自分の人生として前向きに捉え直すことが、本当に重要なのだと教えられたわけです。


そんな折、『しあわせのかおり』という映画を試写で観てきたのですが、「あ、自分的に何か続いているな。」と思わせられる、いい映画でした。


頑固だけれど、本当にまじめに料理に取り組んできて、今も金沢で町の人たちを笑顔にする中国料理を作っている、中国人の老いた名料理人、王さん(藤達也)と、病に倒れた王さんを助けるようにそこに弟子入りした、ひとりの娘を持つ女性(中谷美紀)の心のふれあいを描いた作品なのですが、母と息子、父と娘、母と娘といった親子の関係が、国を超え、世代を超えて、徐々に、そして豊かに響きあって行く様が、とても滋味深く伝わってくるのです。


滋味深くと言ったのは喩えでなくて、スクリーンに映し出される二人の作る上海料理が、もう本当に美味しそうで、そして温かく優しい料理なんだなあと。

実際、「グー」とお腹がなってしまったのですが、そんな生理現象と心の動きがストレートに結びついて、「やっぱり食べ物って本当に大事!」と、素直に思ってしまったのでした。

「最後に愛情をひとふり」じゃないけど、食べてくれる人の顔を思い浮かべながら作られた料理には、偉大な癒し効果があるのだと思います。言いたかないけど、コンビニなんかに頼る食生活が、どれだけ心を荒廃させていることか。

まあこの映画、「目から涙、口からはよだれ」と、観る者にとっては顔がぐちゃぐちゃ締まりなくなる、危険な映画であります(笑)


---------------------------
『しあわせのかおり』公式サイト
---------------------------
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。