2009-01-19 11:24:23

葉はあるが根が無い誤解

テーマ:男子厨房酒
口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>-20090119

鍋は比較的準備に時間がかからないので、休日でもちょっとせわしない日はいつも鍋。

最近、休日でもジムでトレーニングしています。
帰ってきたら、やはりすぐに風呂に入りたい。ところが、風呂から上がって一から料理に取り掛かると、男子厨房酒が進みすぎて、ちょいと具合がよろしくないわけです。

それはともかく、我が家の人気鍋にきりたんぽ鍋がある。

きりたんぽ鍋といえば、せりが欠かせませんね。

かつお出汁と鶏肉という黄金のコンビに、牛蒡と舞茸の滋味が加わった汁を、最後にきりりと引き締めて、誠に複雑な味わいを実現してくれるのが、きりたんぽ鍋におけるせりの重要な役割ですね。

で、これまでせりは食べる直前や食べながら葉や茎を投入していたんです。

しかし、過日チェーン系の秋田料理屋に行ってきりたんぽ鍋を頼んだら、根っこ部分が出てくるじゃあないですか。
そこまで使うか!なんだかしみったれてるなあ、なんて思ったんです。

すいません。大きな誤解でした。

後日ネットでふと目に止まったある料理サイトの記事。
「せりの根から風味がもっとも良く出てます」

たんなる「もったいない」じゃあなかったんですねえ。

もちろん、以来家鍋でもせりの根を最初から投入して、最良のバランスの汁を端から味わってます。
せりの葉や茎ってすぐに火が通るから、食べる直前に入れるじゃないですか、そうすると、汁にせりの味が出るまでには、もう相当鍋も進んでしまってるわけです。

いやー、今まで損してたなあ、なんて。

ほんと思い込みは損します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-15 15:35:05

主人のすなる男子厨房酒といふものを、我輩もしてみむとてするなり

テーマ:男子厨房酒

口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>-20081119b

あ、うちの猫、♀でした^ ^;
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-05-08 10:17:04

男子厨房のスツール

テーマ:男子厨房酒
男子厨房酒愛好家にとっては、やはりスツールというものがあるといいですね。

出汁が取れたと一口、さあこれから魚を下ろすぞとまた一口。

スツールにちょいと腰掛けて、夕暮れ時なんぞは窓の外の景色を眺めつつゴクリとやると、なんとも至福であります。

うちのスツールはいろんなものを一脚づつという感じなんですが、お気に入りは目黒通り沿いのアンティークショップで買ってきたこれ。


20080508


こいつはカウンターの中に置いて、男子厨房酒のお供としているわけです。

これは実は新品で、多分購入者が組み立てるものなんだろうけれども、組み立てずみの無塗装で、店頭で売ってました。

たしか1万円もしなかったんじゃないかな。

自分でウォールナット色のカラーオイルを塗ってみました。

なかなかいいでしょ?


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。