2010-06-05 23:00:01

オーブ?

テーマ:ブログ

御岳山に行ってきました。


御岳山神社にお参りして、七代の滝へ。


そこで撮った一枚がこれ。



口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

この白い○。


いわゆるオーブかしらん?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-28 23:03:21

理系の教科書が1ページ25万円で売れる!?

テーマ:ブログ

私の知り合いが、商業出版しました。


「理系の教科書が1ページ25万円で売れる!?」新川智英 著
経済界出版社 新書840円



理系発送のビジネスのヒントが詰まっているみたいです。



3/3(ひな祭り)夜7時から3大プレゼント付きキャンペーンを行うそうなので、理系の頭脳にご興味ありましたら、下記のURL観てあげてください。



キャンペーン期間は、3/3(ひな祭り)夜7時~3/6夜7時までだそうです。


--------------------------------------
【プレゼント1(書籍購入者全員)】
著者が編集した、1ページ25万円の価値がある教科書リスト+数式リスト
(全25ページ)
【プレゼント2(書籍購入者全員)】
本書に使用した参考文献を詳細に説明したレポート
(全15ページ)
【プレゼント3(購入者先着50名!)】
スイス製 高級ボールペン
CARAN d'ACHE カランダッシュ 849コレクション ボールペンをプレゼント
(専用ケース付き)


詳細は以下に掲載してあります。
http://www.future-engineer.jp/book/1st.htm

---------------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-02-24 22:27:14

純米原理主義者、本醸造をたしなむ。<其の一>

テーマ:ブログ
自他共に認める「純米原理主義者」ではある。

「酒は純米、燗ならなおよし」を生涯の信条として仕事をされた国税庁日本酒鑑定官、上原浩先生を心の師と仰ぐTOMだからして当然なのでありますが、最近ちょいといやな話を小耳にはさみました。

注:上原先生を知る一冊=「純米酒を極める (光文社新書)


昔っから国税庁(かつては大蔵省主税局)なんてところは、酒文化なんてことは露ほども考えず、単に税収を上げる手段だけを考えているわけで、だからこそ上原先生のように日本酒を愛し、一貫して行動で示された鑑定官がいたことに感動もするわけですが、どうも最近国税庁は、純米酒が売れると見るや、安直な、とても純米酒などと言ってはいけないような純米酒を作るように蔵に指導してると言うのだ。

※ちなみに日本で酒造業界を監督しているのは、農林水産省でも経済産業省でもなく、国税庁。


簡単に言うと、酵素剤などを使ってお手軽に米を溶かして、純米酒を大量に造れという指導をされている蔵が結構あるという。米を蒸すという酒造りのもっとも大切な行程をないがしろにして、そのために当然おこる酒質の低下をバイオ酵母などを使って香りでごまかすというのが、その手口だ。

そう言われてみると、どうも最近やたら香りの強い純米酒に出会いませんか? 単にバイオ酵母を使っているからというだけでなく、あばたを隠すための厚化粧としてバイオ酵母を使っているケースもあるとなると、これは飲み手として、かなり見識が求められる時代になってきたなあ、と思ったわけです

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-15 22:41:23

自画自賛

テーマ:ブログ

20080415a

素人が造った酒とは思えません!

まさに自画自賛に値する酒です。

純米酒ですが、かすかな吟香があり、渋みや嫌な酸味の無い、素直な美味しさ。

これは、ちょっと変わった千葉・岩の井の酒。

どこがどう変わっているかは下の写真にそのヒミツが。


20080415b

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008-03-26 14:31:37

春の土曜のお昼は若竹そば

テーマ:ブログ
春ですね^ ^

食品偽装問題や、自給率の低下など、食の周辺では昨今いろいろな問題に対して様々な意見が飛び交って、誠にかまびすしいですね。

それぞれに複雑な要素が絡み合って、現在こうなってしまっているんでしょうが、食卓に季節ものが並ぶことに、再びみんなが楽しみを見出せたら、結構いろんな問題が解決したりするんじゃないか、なんて思ったりするんですよねぇ(笑)

なんて、したり顔になることもないんですが(苦笑)、つまり単に食べたくなったから、先週の土曜日のお昼は「若竹そば!」^ ^

20080326a

とはいえ、たけのこは水煮、わかめは塩蔵と、調理時間と食品調達場所の制限もありますが^ ^;、なんのなんの、美味しかったですよ。

僕は東京の生まれだけれども、うちで作るときの甘汁は、薄口醤油で作るのが好き。

それからそばは、若竹の時は更科がいいですねぇ♪


もちろん土曜の昼でも、男子厨房酒であります。

この日は、先日「菩提もとってなんだ?」と気になってはせがわ酒店で買ってきた「菊司 菩提もと 純米 生」。

うーん、かなり微妙です。このお酒。。

つづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-03-22 15:25:24

サブタイトル変えてみました。のグラハム・カー

テーマ:ブログ
土日の料理はお父さんの役割!、は我が家のいつからかの習い。

本当にいつのまにか、気が付いたらそうなってたんですが、でも、僕自身嬉々としてその役割をまっとうしてたりして、うれしいやら悲しいやら^ ^;

で、そんな僕の原風景が「世界の料理ショー」。

そうです、グラハム・カー!

シェリー片手に(今YouTubeとかで見なおしてみると、白ワインですな。でも、なぜだか「料理作りながら飲むのは、やっぱりシェリーなのよ・・」なんてフレーズが記憶の片隅に残ってる)、バカ言いながらちゃちゃっと料理を作るあの番組に、なんとも豊かなアメリカを見てたんですなあ、赤ん坊の頃。

あ、うそうそ。すいません、小学生か、下手するともう中学生になってました。

考えてみると、坊主頭の中学生が、喜んで「世界の料理ショー」見てる姿ってのも、なかなかにシュールなものがありますな(苦笑)

というわけで、初心に戻って(?)「口中の幸い」のサブタイトルを<男子厨房酒の愉しみ>とさせていただきました。

以後、お見知りおきを。



今見ても楽しいよねえ。この世に悩みなんて無いなあ、という感じ。
やっぱり、食い物と酒と笑いの威力、それも揃い踏みとなるとすごいです!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-02-22 11:24:29

蔵元は僕の親戚だった!? <木戸泉・岩の井 蔵見学>

テーマ:ブログ

先週末、房総は大原と御宿に行ってきました。


目的は、通好みの酒を醸す千葉有数の酒蔵、「木戸泉」と「岩の井」の見学。


実は、神田にある酒屋「和泉屋」の日本酒の学校(!?)に入ってまして、
私は中学、通称アル中の生徒なんです。


神田和泉屋


その修学旅行で行ってきたというわけ。


和泉屋さんの学園ページに、修学旅行の模様が。

こちら



今は造りの真っ盛り。


酒造りの一から十までをつぶさに見られ、
さらに両蔵元と杜氏にもお話がうかがえ、
さらにさらに、無濾過生原酒のタンクごとの利き酒が出来たり
(市販されているのは、いろんなタンクの酒をブレンドして、
味の調整をします)、
本当に貴重かつ楽しい体験でした。


で、さらに実はなのですが、
私の母親の実家が御宿でスーパーをやってたんです。


もともと酒屋でね。


だから僕にとっては御宿は半分地元。


でね、木戸泉の蔵元(社長)、
そのお顔が本当に外房の人の顔で、
僕のおじいちゃんや叔父にそっくりなんですわ。


親戚じゃないかと思っちゃいました。


写真を撮り忘れたのが、

かえすがえすも残念。




20080222a

山田錦浸漬中



20080222b
木戸泉の秋葉杜氏

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-01-28 23:01:00

<sake-memo>開運 無濾過純米生酒(静岡)

テーマ:ブログ

上立ち香は、サワークリームなどのちょっと酸味を伴った乳製品の香り。含むとマスカットなどの香りとともに若々しい苦味が心地よい。割とどっしりとした旨みもあり、思いのほか生っぽくない。食事の前に5勺ばかり、やや冷えたところを飲りたい。


■アルコール分:17度以上18度未満

■原料米:山田錦100%

■精米歩合:55%

■(株)土井酒造場

■1380円(720ml)

■はせがわ酒店にて購入



20070127b

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-04 17:00:03

あけましておめでとうございます!

テーマ:ブログ

今年もよろしくお願い致します。

僕は昨年末、仕事に追われ更新もままなりませんでした。

年が明けても少々お疲れ気味で、ちょいと充電してから再開したいと思っています。


その節は何卒お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

(なんて、かしこまってしまったりして。。:笑)


というわけで、文字のみも味気ないので、大好きな蕎麦屋酒のマイフェイバリット酒肴、出汁巻き卵の写真でも軽くのっけてみたり。この蕎麦屋についてのエントリはまた後ほど。


それでは皆さん、今年もいい年にしましょう!


20060104

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-08-24 15:10:24

酒飲みの殿堂!通称おやじビルで小津安二郎監督を偲び飲む <酒蔵 ダイヤ菊>

テーマ:ブログ

ちょっとした物語を傍らに飲むと、酒もことさらに味わい深くなりますな。別れ話を切り出された時に飲んでいた酒、なんていうのは10年位は思い出を熟成させないとほろ苦くて飲めないでしょうが(笑)


さて、小津安二郎監督の話です。盟友の脚本家野田高悟と共に晩年の作品のシナリオを書き上げた蓼科の別荘。一年に一作品のペースで映画を撮っていた小津監督は、冬になると二人でその別荘こもって夏に撮る作品のシナリオを書き上げました。で、シナリオ一つ完成させるのに、一升瓶が30~40本空いたそうですね。その一升瓶は部屋に(廊下だったかな?)キレイに並べられていたそうです。ま、シナリオ完成の証拠といったところでしょうか。


20050825a


その並んでいた酒というのがダイヤ菊。長野県・茅野の酒です。実はそのダイヤ菊酒造の酒を取り揃えたその名も「酒蔵 ダイヤ菊」という飲み屋が東京にあります。場所は酒飲みの殿堂、別名おやじビルとも呼ばれるニュー新橋ビルの地下。


20050825b


地下へ降りるエスカレータに乗ると、頭上に現れる「憩いの地下街」の看板(笑)。いやー、ここからは本当に別世界だ! 酒蔵 ダイヤ菊は、蔵元直営というわけではなく、提携の飲み屋だそうだ。しかし日本酒はダイヤ菊のみ。ほとんど全てのラインナップが揃っている。


20050825c


この日は男三人、小津監督を偲んで監督が野田高悟と共に飲んでいたであろう一級酒に最も近いダイヤ菊 金印の四合瓶をまず頼みます。別に本醸造もあるので、これは普通酒になるのかもしれませんが、糖類などは入ってない模様。最初やや冷えた状態で飲んでみると、冷えているにも関わらずちゃんと旨みも甘みも感じる良い酒でした。アルコールの浮きも全然感じない。温度が常温に近づくにつれ、よりふくらみがでてくる。小売価格1800円(1.8L)はかなりコストパフォーマンスが高い! 安くて旨い酒。それこそ小津監督ならではなのでしょう。


20050825d


野沢菜や馬刺しなど、長野のつまみをやりながら、今度は純米酒の四号瓶を。こちらは金印と基本的に同じキャラクターながら、より透明感のあるのど越し。旨みもよりナチュラル。これといって際立った個性があるわけではないのだけれど、安心して飲める旨みとコク、酸のバランスの取れた酒です。


20050825e
20050825f


この純米酒の四号瓶も程なくして空き、煮穴子や出汁巻き卵なぞとともに今度は本醸造を熱燗で。小津監督はダイヤ菊を決まって55度の熱燗で飲んでいたと、俳優の三上真一郎さんが証言しています。実は後で資料を調べてみると、この本醸造が当時小津監督が飲んでいたダイヤ菊に一番近い味なんだとか。うーん、酒好きな小津ファン冥利に尽きます。


20050825g
20050825h


そんなこんなで、至福のひと時を過ごしたというわけですが、最後はこの店のはす向かいにある「世界の洋酒立ち飲みの店」三番館というところであまり聞いたことの無いスコッチのブレンディッドをロックで。この三番館、女将さんのキャラクタも含め、小津映画に出てくるバーの雰囲気を少しばかり髣髴とさせ、小津デーの締めにはまったくぴったりのバーでしたとさ。


20050825i


帰ったら小津のDVDの特典映像でも見ながら一杯やろうかと思ったのだけれど、シャワー浴びればあえなくベッドへ直行。3人で一升2合と、そこそこ飲みましたな。これでいいシナリオならぬ、いいブログ・エントリが書ければ言うことないのですが。。。


------------------------------

酒蔵 ダイヤ菊

住所:新橋2-16-1ニュー新橋ビルB1F

電話:03-3580-5375

------------------------------

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。