2008-08-26 17:03:07

手づくり醤油日記(3)【24日目】

テーマ:湯浅醤油手づくりレポート

仕込んでから今日で24日。

今年の夏はずいぶんと暑かった。連日猛暑日でわが息子(最近はこう呼んでおります:笑)も腐ってしまわないだろうかと心配していたのですが、2日に一遍のシャカシャカ(新しい空気を入れて攪拌ですね)時に匂いをかいでみると、かすかに醤油っぽい、でもって豆っぽい香ばしい香りがしていて、元気にしておるようです。

最初の一ヶ月は分解期、その後が発酵期とのことなので、まだまだぶくぶくと泡が立ってくることはないですね。でも色はご覧のとおりで、仕込み時に比べると大分濃くなってきました。


20080826


しかし、2日に一遍のシャカシャカって、つい忘れてしまったりするんですよねぇ。まあ多分余りナーバスにならなくてもいいのだと思うのだけれど、最近では、忘れて出社してしまうと、かみさんから「醤油、シャカシャカしなくていいの?」とメールが入ります^ ^;

かみさんも何気にかわいくなってきているのでしょうか?(笑)



--------------------------

湯浅醤油:WEBサイトはコチラ

--------------------------


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-14 16:21:28

手づくり醤油日記(3)【学研の科学】

テーマ:湯浅醤油手づくりレポート
【大人の威厳】を示した(?)だけで、実際にどのように仕込んだのか、まだ書いてませんでした。

といって、ただ混ぜるだけのまったく簡単なことなのです。

つまりペットボトルの中に塩水と麹を入れてシャカシャカやるだけ。

気が抜けるほど簡単です。

でも、小学生を例に取った取説は、もうなんとも懇切丁寧(笑) 
「2Lのペットボトルと計量用の500MLのペットボトル、割り箸を用意し、麹は袋のまま良く揉んでペットボトルに入れやすくして、云々・・・」

いやー、そこまで手取り足取りしていただかなくても、、なんて思ったのですが、でも多分、ペットボトルを二つにぶった切って、片方を材料をペットボトルに入れるための漏斗、片方を塩水を作るためのビーカーにする、とういうアイディアを思いついた段階で、湯浅醤油のその担当の方は、「学研の科学」が思い浮かんでしまったんでしょうなあ。

わかりますわかります^ ^。手取り足取り説明したくなっちゃう心理。

ということで、担当の方の思いを頂いて、ちゃんと二つのペットボトルを用意し、麹と塩水をペットボトルに入れました!

20080802koji

20080802shiomizu

それで出来たのが、コレなわけです。


20080802moromi

--------------------------

湯浅醤油:WEBサイトはコチラ

--------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-07 22:44:56

よだれを垂らしながら、親子の関係を考えてみた。/『しあわせのかおり』

テーマ:さいわいな映画

最近、生まれ変わりだとか、そうしたスピリチュアルなことを心理療法として活用することなどについての本をいくつか読んだのですが、この人生をより良く生きるために、なぜ自分がこの親の元に生まれてきたのか、ということをちゃんと考えることが、とても重要なんだなと思いを新たにしてました。


往々にして親との関係では、いろいろ心理的な葛藤があるものですが、それらをちゃんと意識の上に上げて、自分の人生として前向きに捉え直すことが、本当に重要なのだと教えられたわけです。


そんな折、『しあわせのかおり』という映画を試写で観てきたのですが、「あ、自分的に何か続いているな。」と思わせられる、いい映画でした。


頑固だけれど、本当にまじめに料理に取り組んできて、今も金沢で町の人たちを笑顔にする中国料理を作っている、中国人の老いた名料理人、王さん(藤達也)と、病に倒れた王さんを助けるようにそこに弟子入りした、ひとりの娘を持つ女性(中谷美紀)の心のふれあいを描いた作品なのですが、母と息子、父と娘、母と娘といった親子の関係が、国を超え、世代を超えて、徐々に、そして豊かに響きあって行く様が、とても滋味深く伝わってくるのです。


滋味深くと言ったのは喩えでなくて、スクリーンに映し出される二人の作る上海料理が、もう本当に美味しそうで、そして温かく優しい料理なんだなあと。

実際、「グー」とお腹がなってしまったのですが、そんな生理現象と心の動きがストレートに結びついて、「やっぱり食べ物って本当に大事!」と、素直に思ってしまったのでした。

「最後に愛情をひとふり」じゃないけど、食べてくれる人の顔を思い浮かべながら作られた料理には、偉大な癒し効果があるのだと思います。言いたかないけど、コンビニなんかに頼る食生活が、どれだけ心を荒廃させていることか。

まあこの映画、「目から涙、口からはよだれ」と、観る者にとっては顔がぐちゃぐちゃ締まりなくなる、危険な映画であります(笑)


---------------------------
『しあわせのかおり』公式サイト
---------------------------
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-07 11:24:30

手づくり醤油日記(2)【おとなの威厳】

テーマ:湯浅醤油手づくりレポート

『とはいえ、大のおとなが小学生と同じレベルの醤油を作っていたのでは、シメシがつかなかろう、というわけで、ちょいととばかり考えましたよ、私。』


と書いて、前回のエントリ は終わってましたね。


書いてから、ちょっと「しまった^ ^;」と思いました。そんな【大のおとな】と言うほどのことじゃあないんです。

つまりコレ↓


20080802volvic


米国の陰謀で塩素消毒されてしまった日本の水道水では、我が国の素晴らしき発酵も上手く行かなかろうと思い、天然水で仕込もうと思ったんですね。


でも、日本のミネラルウォーターって、全部加熱殺菌されてしまってるんですよね。つまり死んだ水。


そんな水で仕込んでも面白くない!ってんで、海外のナチュラルウォーターで軟水で、今ちょこっとスーパーに行って買って来れられるもの。ということで、Volvicで仕込むことになったという次第。


本当は、どこか酒蔵の仕込み水でも手に入れられれば良かったんでしょうが、早く仕込んでみたいというのもあって、日仏合作と相成った次第。


出来上がった醤油に、オーベルニュの香りがするかしらん♪?


--------------------------

湯浅醤油:WEBサイトはコチラ

--------------------------


------------------------------

1クリックすると協賛企業がNPO団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

毎日に感謝し、1日1回クリックしませんか。

僕も毎日、ワンクリックしています。 

クリック募金=http://www.dff.jp/

------------------------------

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-04 14:32:23

発酵でアタマがいっぱい・・・

テーマ:湯浅醤油手づくりレポート

発酵づいております。

神田和泉屋のアルコール中学、アルコール高校(http://kanda-izumiya.com/gakuen/gakuen.htm )で、日本ならではのアルコール発酵について学び、ダイエットコンサルの仕事では腸内の菌の働きが痩身にいかに大切かと腸内発酵について学んでおります。


この間は、買ったまま本棚で冬眠中だったその名も「発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方 」という本を読みました。千葉の酒蔵、寺田本家の婿さん当主が著した、ある種の成功哲学本(と、あえて言ってしまいます)。


・・・・・感動しました。


調べたら、うちの近所にこちらの酒を取り扱う酒屋があり、早速買いに走ってしまいました。


発酵とは人の生き様にも関わる、なんと奥の深いものぞよと、今は僕は、かなりハッコー・ラブな状態なんであります。


ま、その話は、また後日にゆずるとして、閑話休題。

20080802kekka

見ようによっては、ちょっとヤバイ風情ですが、、、、




実は醤油を仕込みました。

しろーとがそんなに簡単に醤油なんか作れるんかい! という疑念はごもっともでございます。


実はね、「しょうゆキット」というのがあるんですよ。

それがコレ↓

http://www.yuasasyouyu.co.jp/syouyukit.htm


神田和泉屋学園、アルコール高校の同級生の方が、この湯浅醤油さんと仕事関係でお知り合いらしく、特別にモニターとして「醸造!(笑)」させてもらっているのです。


とりあえず仕込みはチョー簡単。


だって、既に麹の状態なんですから。


20080802pack

麹と塩、そして見本の(?)サンプル醤油が一本。これがしょうゆキットのすべて。


20080802text

こんな、小学生が作ったときの写真を使った取説もついてます(笑)

つまり、小学生でも作れると・・・・(汗)


というわけで、つまりは麹と塩水を混ぜてシェイク!シェイク!すれば、それで仕込みは完了というお手軽さなんです!


とはいえ、大のおとなが小学生と同じレベルの醤油を作っていたのでは、シメシがつかなかろう、というわけで、ちょいととばかり考えましたよ、私。


それはまた次回。



------------------------------

1クリックすると協賛企業がNPO団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

毎日に感謝し、1日1回クリックしませんか。

僕も毎日、ワンクリックしています。 

クリック募金=http://www.dff.jp/

------------------------------

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。