2006-10-30 23:13:14

猫にかまけて常きげん・・・・ウソ

テーマ:さいわいな酒

この春に、ある漫画家さんから子猫をもらい受けまして、まあ、かわいいのなんの、早くブログも復活しなければなあ、という思いを吹き飛ばす勢いで、こちら「口中の幸い」もまったく手付かずでした。


ってウソですm(_ _)m (笑)


あ、猫を飼い始めたのはホントですよ。というわけで証拠写真。


20061031a


さすがにうちの猫、うまい酒は良くご存知!(っなわけない!)


「常きげん 特別純米 幻の加賀の庄」


いやー、名は体を現すといいますが、農口杜氏 なだけに本当に濃口の酒だぁ、なんていう下手なこじつけはさておき、濃厚な旨みとガツンとした酸味で、もう本当に濃醇な酒です。いい意味で、もうなんとも甘酸っぱいと称したくなる味わい。それでいてさばけががいい。


この手の酒は一歩間違うと「汚い酒」なんてことになるところ。ところがこのすれすれ加減こそは、実は駄酒との大きな隔たりだと感服するわけです。


冷や(常温)で飲むと、その含み香にはかすかな吟醸香が。そして熱燗でもまったくバランスが崩れず、その甘酸っぱさにより磨きがかかります。


実はこの酒、うち(半蔵門線・都営新宿線の住吉)の近くのクリーニングも取り扱うような普通の酒屋で買ったんですわ。この酒屋、本当にぱっとしないただの酒屋だし、日本酒だってほんのちょっとしか置いてないのに、神亀とか花垣、末廣、百楽門なんていう酒がさりげなく置いてあり、ちゃんと蛍光灯も取っ払ってある。今回、この酒を買いに行った時にサイフを忘れていて、つけで買うことになってしまったのですが、それで若いご主人(若旦那?)とちょっと話したところによると、この常きげんも彼が好きで入れている酒とのこと。うーむ、結構隠れいい酒屋がテリトリーにあった? とほくそえんだわけでして。


まずは久しぶりのエントリということで、今日はこの辺で。


「常きげん 特別純米 幻の加賀の庄」

原材料:(加賀)五百万石100%使用

精米歩合:55%

日本酒度:+3.0

酸度:1.5

アミノ酸度:1.3


#酸度やアミノ酸度って、本当に目安ですね。この数値じゃ、この味わいは想像できない。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。