2005-12-13 18:39:42

風邪の功名 <大江戸>住吉

テーマ:さいわいな店

風邪をひいた。

月曜日の朝、目が覚めると喉が痛い。鼻が詰まって頭がボーっとする。そして全身倦怠感。起きるのがつらい。で、今日はアポもないしと、あえなく休むことに


母親がすりおろしてくれたりんごや、おばあちゃんが作ってくれたおじや禁断の平日昼間のテレビ番組、布団にまったりと差し込む陽光。小学生の頃の病欠って、かなり至福の時間でしたが、大人になると妙な罪悪感なども入り混じって、素直に休めなかったりするもの。


ところろがこの日は昼過ぎに病院に行って、そう大した症状でもないと診断されると、俄然病欠を楽しもうという意欲が沸き起こってきて、昼間っから蕎麦屋酒をしてしまった。


向かったのは、以前にもエントリ した半蔵門線・都営新宿線 住吉駅近くの大江戸。ここんちは大手蔵がほとんどだけれども地酒も置いていて、そのすべてを燗つけてくれる(チンだけど:苦笑)。冷蔵庫に菊姫 純米 山廃仕込を視認し、さっそくぬる燗を所望。わりと強い酸に甘みが加わり、アテで頼んだ鴨の燻製にはちょっとくどかったか? でもいいのだ。なんといっても月曜昼間のそば前。それだけでも満足なのだ。


20051213a


軽く一合を空け、花巻そばを食べる。やはり風邪っぴきですからね。温かいものの方がよろしかろうというわけ。「え?とじ蕎麦じゃないの?」という方もいらっしゃるかと思いますが、僕は海苔が一面に配された花巻そばも好物なんです。こちらの海苔は三陸産だそうですが、鼻を少々やられているので、香りの感度が多少鈍いのが難点。でも最後汁の温度が下がってくると、いい海苔の香りが。


20051213b


ここんちのそばは、温かいとよりもっちり感が強くなり、なんとなく素朴系蕎麦がきっぽい食感になってくる。これは好き好きもありましょうが、今日のような日にはうってつけかと。


20051213c


そんなこんなで、帰宅後はまた2時間ほど寝て、夕食までは年賀状の裏面デザインに取り組みます。翌日の朝起きてみると、ほとんど症状は変わっておらず、休んだ意味があったのか?とちょっと反省したけれど、気合は入っていたので無事出社。やっぱり病は気からだと強く思ったのでした。


そういえば、菊姫 山廃もメニューには載ってない酒だったのだけれど、菊姫を取り出した時、後ろに綿屋倶楽部(生酒)もあったな。こちらもメニューには載ってなかった。特別純米だったらこちらの燗もありえたかしらん?


------------------------------
<大江戸> MAP
東京都江東区住吉2丁目8-9
03-3632-2120
------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-12-02 19:13:48

バタバタで更新もままならん <おまた>池袋

テーマ:さいわいな店

いやー、もう仕事がバタバタでまったく更新が滞っております。なにも飲み食いしてないわけではないんですがねえ。


そんなこんなで忙しいさなか、さらに新しいお仕事の話をいただいて、それが食べ物関係の仕事だったりするとホイホイと請けてしまうんですが、昨日は豊島区にある会社からのオファーで飲みながら打合せをすることに。ま、夜しか空いてないと言ったのは僕なんですがね(苦笑)。


下町在住の僕としては、こういう機会でもないとあの近辺の要チェック店にはいけない!ということで、すかさず指名したのがおまたまき子さん@トーキョーワッショイ のブログでチョー有名店ですが(笑)、わたくし初見参と相成りました。


おまたの詳しくは上記に譲る、と行く前から決めていたので、写真も撮らずです。ということで、初見参ものの印象だけ今日は少し。


まず、ガラス張りの店構えにビックリ。ビックリと言うか予想してませんでした。なんとなく閉じられた店を勝手にイメージしてました。なので、店の前に立っているのに、どこだろな?と探してしまいましたよ。


御主人は如才ないクレージー・ケン・バンド! カウンターで資料取り出して軽く打合せしていたら、「座敷の方使ってもいいですよ」と声かけてくれる。こういうところはポイント高しですよね。しかし、6人は座れようかという座敷だし、今日は簡単な下打ち合わせなのでそのままカウンターで。


カウンターはいわゆるバー・スタイルでスツールも高いヤツ。個人的には日本酒飲む時は低いカウンターに背もたれのついた椅子がすきなんですが、その意味では長居せず、会社帰りにふらりと軽く寄る、って使い方がいいのかも。


本当に御主人は如才なく、初めての客でも抵抗無く話せるので、酒も肴も相談しながらってところです。


まずは吟醸酒を冷やでもらおうということで、お勧め新入荷の郷の誉 純米吟醸酒(黒吟)を90ccのグラスもらう。正一合の半額。これはいいですね。かけつけに香り高い吟醸酒を飲みたいんですが、一合ではいつも多すぎる。これは非常に香り高いんだけどしっかり腰もあるから飲んだ気になる酒でした。


あとは、もちのろんの燗で、三井の寿 純米吟醸、作 穂乃智 純米を飲り、御主人に相談して、しっかりしたものを2合飲んだので、ちょっと軽いのもいいかなと鯨皮 本醸造


締めは焼酎をストレートで飲りたいと思い、これまたお勧めをもらう。新入荷の天地水楽(芋)。これが実に旨い。芋といっても米も入っていて、素材の香りは極穏やか。でも熟成からくる上品な香りがなんともいい。イタリアンの最後にグラッパで締めるように、和のあとは焼酎で締めるが好きです。


料理は白子の天ぷら、大根もち、出汁巻き玉子、大根生酢、カニ酢、秋刀魚の粕漬け焼きを食し、他のお客さんにお通しで出した海苔の佃煮の香りに鼻腔を襲われ、ついそれももらってしまう有様。どれも満足いく旨さでした。


お相手は本金 純米吟醸(グラス)と赤ワインのグラスも飲んで、以上でお勘定1万800円は、納得かと。


最後にまき子さんのブログ見てきたんですよ、とカミングアウトすると、あのブログの効果はすごい!と御主人。次回を約束して店を後にしたのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。