2005-10-31 15:31:52

東西甘辛対決!? <神亀/鷹勇 & シャトルシェフ>

テーマ:さいわいな酒

いや、対決でもなんでもありません。たまたま神亀 特別純米甘口鷹勇 超辛口純米 14BYを飲んでる最中で、しかも「これが甘口!?」「なんで超辛口!?」ってな感じだったので、つい。


神亀 特別純米甘口。いやー、ちーとも甘口なんかじゃありません。神亀臭(「臭」などというとネガティブな感じですが、もちろんここではいい意味で使ってます)などというものがあるとすればですが、それが希薄。なんかとっても普通に美味しいきりっとした酒。


20051031a


なので、「神亀初心者に」なんていう感じもあるのかもしれませんが、実は神亀を飲みなれた人がむしろ飲む酒かと。というのも、開栓後一ヶ月も常温放置しておくと、徐々にふくよかな甘みが増してきて、さらに二ヵ月後、三ヵ月後が楽しみになるという感じ。その甘みがやっぱり「らしい」熟成香が伴っているような気がするんですわ。


一方、本日開栓の鷹勇 超辛口純米。冷で飲むとなんとも至福の旨みが口中に広がり、これまた「なんで超辛口!?」となるんです。勢いで本日開栓してしまった墨廼江 特純なんかと比べると、明らかに甘口、というか旨口。もちろん旨きゃいいんで、超辛口だろうが、極辛口だろうがいいんですが、こいつを上燗くらいにつけてやると、こいつがまたスパッとキレのいい、それでいて優しい厚みのあるお味。「にゃあるほど、超辛口かぁ」なんていいながらおでんをつついていたというわけでして。


20051031c


で、おでん。家庭でおでんはシャトルシェフに限ります。昔は我が家にもおでん用の鍋なんてのがありましたが、電熱器まで引っ張り出してきてテーブルでつつくのは結構大変。だらだら食べてると変に煮詰まっちゃうし。


20051031b


そこへ行くとシャトルシェフ、いわゆる保温調理器ですから、いい塩梅に煮えてくれる。しかもテーブルに持ってきても無粋じゃないデザイン。ちびちび酒を飲みながら、おもむろに蓋を開けてあれこれと熱々をつつけるわけでして、汁も濁らずまったく賢い。


神亀 特別純米甘口で大根をつつき、鷹勇 超辛口純米で焦げ味が香ばしい練り物を食べる。止められませんなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-10-26 11:14:40

キーワードは上品? <手打 きだ >銀座

テーマ:さいわいな店

先週末の結婚式に出席のため、それに先立つ日曜日、丸の内と銀座に一人シャツと靴を買いに出かけた。丸ビルのBEAMSでキレイな織りのダブルカフスのシャツを買い、次は銀座に出て靴を物色。お目当ては上品なキャップ・トゥ


時計を見れば午後の2時。靴の物色の前に腹ごしらえとくれば、一人休日なればの蕎麦となる。よし田でゆるりと酒を飲むのもいいけれど、日曜は休み。まだ行ったことのない築地・布恒更科にも行ってみたいが、四丁目から歩くにはちょっと距離がある。ということで、過日ウィークデイに一度行ったことのある「手打 きだ」に行ってみることにした。


過日のレポートはこちら


何しろ酒。高千代をぬる燗で。アテは卵焼きだ。この卵焼き、口に含むとお約束の「ジュワー」が口中いっぱいに広がるのだが、非常に薄味で最初はちょっと物足りないような気になる。しかし、一人で食べていると、最後はこれくらいがちょうどいいかな?という気がしてくるのだ。


20051016a


そして、生粉打ちや変わり蕎麦など布恒系らしく数種の蕎麦がある中、やっぱり本領発揮の御前更科そばを今回は食す。と、卵焼きの味付けはあれで十分だと納得。この御前更科そば。そのあでやかで上品な白さに似合わず、むちゃくちゃ香り高い。シーズン的にも出盛りの秋そばだから、当然なのかもしれないけれど、こんなに香り高い蕎麦は初めてって感じ。しかも更科だからその香りもとても上品。しっかり角の立ったその食感もいい。いやー、いい蕎麦だ。


20051016b


いくら香り高くてもその上品さを味わうためには卵焼きの味付けもあれでよかったんだ。いやはや蕎麦もコーディネートが大事ってことですか?


その後、Tommorow Landで無事にキャップ・トゥをGET! 僕も万全の上品コーディネートで結婚式に望んだというわけでした。


------------------------------
手打 きだ
住所:東京都中央区銀座3-5-16 島田ビル1F
電話:03-3563-6003
------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005-10-18 17:01:57

青山一丁目でオヤジな気分なら押さえの店<磯美家 青山石原>

テーマ:さいわいな店

久しぶりに訳あって青山一丁目で夜を、という金曜日。いまさらプロデューサーありき系な店で酒を飲むのも気が進まないなあとネットで調べていたところ、ちょっと気になる店を見つけた。磯美家 青山石原というのがその店。


基本的にてんぷら屋なんだけれども、そのてんぷらもリーズナブル・プライスで、そのほかちょっとした居酒屋的酒肴も揃っていて、なんとなく使い勝手が良さそうに思えたんですわ。ぐるなびのメニュー を見れば、この界隈としては日本酒の揃いもあるし、もう時間もないし決定! というわけで「えいやっ!」と行って見ました。場所は、外苑のいちょう並木の入り口のすぐそば


カウンター6席くらい、テーブル8席、小上がり10席程度の小体な店で、入るとお勧めの日本酒を書いたボードが。ぐるなびに載っていた常備の酒とは異なるようだ。とりあえず食前酒ということで、これまた「えいやっ!」と十四代 中取り純米吟醸 備前雄町 生を頼むと、ご主人が出てきて「吟撰」もありますがどうします?」ときた。十四代云々は別として、もしかして当たりかな?なんて思ったり。


20051014


それではと、同行のものとそれぞれ備前雄町と吟撰(吟醸) 播州山田錦を頼み、飲み比べというわけで。

なめこおろしや厚揚げなんぞで飲っているとあっという間になくなり、それでは燗ですな、とご主人に聞いてみると、基本的にすべての酒を燗つけてくるとのこと。とりあえずお勧めにしたがって杉錦 山廃純米を貰う。燗どころについては何も言わなかったのだけれども、ぬる燗で出てきた。


この後、奈良萬 純米のぬる燗、もう少し酒肴を頼み、野菜の天ぷら8種天茶一人前をシェアして閉めたんですが、なんかこの日はお話に夢中でブログのために写真撮ったり、メモメモしたりができなくて、写真も無しで酒のラインナップや、何を食べたかも朧で申し訳ないです。


お勘定は二人で8千なんぼ。小じゃれた店には行きたくない青山一丁目の夜に、押さえとして、リストに入れておくのにはいい店かと。


帰りしな、ご主人と話してみると、東京農大付属高校出身だそうで、結構蔵元の現社長なんかと親交があったりするらしく、十四代・高木酒造の高木社長とはご学友だとか。ふと見るとSSIじるしの賞状のようなものもかかってる。それについては話しなかったのだけれど、利き酒師か酒匠の認定証ですかね? ま、青山に行く機会があったらまた寄ってみよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-10-17 12:11:50

但馬の黒大豆枝豆は今が旬! <會津 伝承山廃純米酒 末廣>

テーマ:さいわいな酒

先週、兵庫の親戚から但馬の黒大豆枝豆が届いた。去年も送ってもらって、「あー、今頃が旬なんだ!」と認識を改めた次第。


20051015b


緑色のさやには茶色い斑点があって、見た目はよくないがこれが旨い証拠。早速酒を調達して食べようということで、東陽町のクラカド酒店 に。


20051015a


素人考えでここは兵庫の酒か但馬杜氏が醸す酒でも合わせるか、なんて考えていたんだけど、クラカドのご主人、即答で手を伸ばしたのが會津 伝承山廃純米酒 末廣。福島の酒です。燗で飲るならこれ!だそうで、いわゆる典型的な山廃とはちょっとことなり、冷やで飲むと甘みが際立つけれど、燗につけてやると、その甘みがまろやかになるんだそうな。


20051015c


黒大豆枝豆は、色よく茹で上げてベランダで自然放熱。もう団扇もしまってしまったんですわ、秋ですからね。ぷっくりと膨らんだ大きな豆は、自然な甘みと青い香りがちょうどいい。一時だだ茶豆ブームがありましたが、あれも旨いけど何回も食べると飽きてきて、やっぱり普通の青っぽい香りのする枝豆が食べたくなるんですよね。味の濃いポピュラーな枝豆、それが但馬の黒大豆枝豆といったところでしょうかね。


20051015d


末廣の方はぐい飲みで一杯冷やで飲り、その後は上原浩先生の本で教わった割り水かけたぬる燗。いやー、力強い酒ですね。件の柔らかな甘みと強い酸味、そして苦味も感じます。なるほどねー、これだけ酒の味わいが強くても黒大豆枝豆だったら負けないわ。

この甘みや苦味を雑味と感じる人もいそうだなと思いましたが、僕はこの強さは嫌いじゃないです。割り水かけても腰砕けにならないし。でもちょっとまだ若いんでしょうね。4合は常温ほったらかし保存してみよう。


この會津 伝承山廃純米酒 末廣、お値段的にもクラカドご主人お勧めポイント。訳あって原料の五百万石が格安に入手できたからできる値段設定なんだそうだ。一升2,100円は確かにかなりお値打!


------------------------------
會津 伝承山廃純米酒 末廣


原材料名:掛米 会津産五百万石
麹米:会津産五百万石
精米歩合:掛米60% 麹米60%
日本酒度:-0.5~+0.5
酸 度:1.6~1.8
アミノ酸度:1.2~1.4
アルコール度数:15~16度


末廣酒造 HP
------------------------------

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2005-10-12 00:50:15

椀物で飲れば、オヤジ道まっしぐら <里芋とブロッコリーの味噌汁>

テーマ:さいわいなレシピ

快楽満堂さんのブログに入っていたコメント 「汁物で酒を飲むようになったら、おやじ組かな。:-)」(@おやじさん)を読んで、無性に椀物で酒がやりたくなり、明日は体育の日で休みだ!という日曜日の夜、里芋とブロッコリーの味噌汁(@粗食のすすめ)を作ってしまいました。里芋が一番旨い時期ですね、今は。


酒は7月に蔵元で買ってきたいづみ橋 晴流野 雄町 15BYを開けて見た。面白い酒ですねぇ、これは。開けたててでまだかたいのかな? 妙に辛くて苦くて旨みの厚みもないんだけど、木の香りが全体をまとめていて、それもまた個性かなと思わせられる。でも今は、雰囲気としては食後にスピリッツ系を飲む代わりに飲りたい感じ。ということで後回し。


20051011b


龍勢 八反錦 冷やおろし 純米中取原酒を急遽熱め(上燗~熱燗くらい)につけて、里芋、酒、汁を啜り、酒、ブロッコリー、また汁を啜って、そして酒、とやっていると、おーおーいいなあ、やっぱりオヤジに限るなあ、などとひとりごちていたわけです。


20051011a


まあでも、日本料理においても椀物はコースの花形ですからね。家庭でだって汁物に力を入れて作って燗酒でいただくってのはプチ幸せ!って感じです。


晴流野は食後、ネットサーフィン(古っ)しながら、赤ワインにとても相性のいい、メゾンカイザーのオリーブ入りパン、パン・オ・オリーブで飲りました。予想通りなかなかグッドな相性。赤ワインと晴流野、どこに共通点が!?

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-10-09 23:25:22

四十男たちの'70、'80年代音楽話題に日本酒はついてこれるか!?<居酒屋 こばやし@御徒町>

テーマ:さいわいな店

三遊亭遊吉という落語家さんがいる。実は元同僚の旦那さんで、年二回、上野広小路亭で行われる会に前回から顔を出すようになった。今回は「芋俵」と「唐茄子屋政談」。食べ物がらみの二席ですな。夜9時にはねるとなれば、こりゃお腹も空きます。


さてどこへ行くか? ちょいと下調べしておいたのですが、御徒町駅近くの「居酒屋 こばやし」というところが日本酒好きにはちょいと有名とか。で、早速行ってみたというわけ。


この日、毎日東京に10羽しか入らないという刺身で食べる新鮮な地鶏が入ったということで、一も二も無く注文。ささみ、もも、はつ(多分)、そして白レバー!


20051008b
右下が白レバーとハツですね。

白レバーの刺身、チョー旨いです! たまらんです。上記皿で1800円は決して安くないけど、その満足感からいったらサイフをあける価値はアリかと。


20051008c

こちらはかつおの塩たたき。肴としては普通のたたきよりこちらに軍配!


で、酒の方の揃いはまあそこそこ。グラス一杯のビールの後、翠露 純米吟醸 中取り袋しずく 雄町 生を。その名の通り、雄町らしいしっかり感、中取り袋しずくらしいキレイさ、ほのかな果実様の吟醸香、長野(山の酒)らしい優しさのある酒です。旨みの幅はそれほど無いのですが、まずは一杯というには、うってつけの酒でした。


20051008a


その後飛露喜 特別純米なんぞを飲り(やっぱりウェルバランスですね。この酒は)、あとは燗で。


40を過ぎたオヤジ三人で70年代、80年代の音楽の話しで大盛り上がりになってしまい、店が一般的に燗酒として勧めている酒(吉乃川だという)をぐいぐいやって、最後には友人のiPODにはいっているレッド・ツェッペリンのFor Your Life@PRESENCEをみんなで聞きまわしてお開きに。


最初は酒も味わいつつ飲んでいたのだけれど、音楽話題のパワーに単なる学生のような酒飲みに変身して、がんがん猪口をあおっていたというわけでして(苦笑)


まあ、たまにはそんな酒の飲み方もあっていいですよね。


うー、マジで楽器やりたくなってきた! 憧れのレゲエのベースデビューはいつになるのかっ!

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-10-06 00:28:51

潮騒が聞こえる旨さ! <岩の井 純米原酒 山廃仕込み meets 石垣島のラー油>

テーマ:さいわいな酒

前回ののんべいバトンで、冷蔵庫の中身を洗い出していたら、あ、そうだ「天吹 特別純米 山田錦 超辛口」が残ってたんだと思い出し、とりあえず1.5週間ほど前に飲んだ印象を書いておきました。「香りなくなったけど、まとまってきた」と。


で、今日ウチに帰ってくると桜海老を炒めたいい匂いが。サツマイモを千切りにして桜海老を加えてお焼きにしたそうなんですが、僕は軽くチンしてほぐし、オーブントースターへ。これが酒飲みを誘ういい匂いなんですよねぇ。


20051005a


ちょっと天吹のことが気になっていたのでちょいと飲んでみますが、まったく気が抜けたような酒になっちまって。。。過去エントリも参照 してもらうとして、僕の結論は「天吹に超辛口はいらない」。天吹は天吹らしく、非日常的な場での食前酒、および食後酒という独特なポジショニングを完遂したほうがいいのではないかと思いました。


20051005b


サツマイモと桜海老という、およそご飯のおかずとしてはNG出されそうな、でも酒飲みとしてはエンドルフィン放出的香りの前に、常温ほったらかし保存していた岩の井 純米原酒 山廃仕込みが無性に飲みたくなり、燗するためにやかんでお湯を沸かす間、羽陽男山 ひやおろし 純米 出羽燦々 中汲みをちびちび。


そんで熱燗で飲る岩の井 純米原酒 山廃仕込み(15BY)。くーっ、旨いっス! 二ヶ月に亘る夏場の常温(?)ほったらかし保存で、いい具合の深い酸味が! 熱燗にすると甘い旨みが奥へ退き、しかししっかりとしたコシのキレのいい味わいに。


でさらに!作ってくれていた豚肉と大根の炒め煮石垣島ラー油をたらして中華鍋で温め直し。これがね、旨い! しかも海同士というんでしょうか、岩の井とバッチリの相性。


20051005c
20051005d


この石垣島のラー油、かなりエライです。ちょいとたらすと、普通のお料理がプロのお味に!って感じの魔法の杖なんですよ。ちなみに原料を挙げますと、
■島唐辛子
■唐辛子
■春ウコン
■秋ウコン
■ピパーチ
■石垣の塩
■ニンニク
■白ゴマ
■黒豆
■山椒
■黒糖
■植物油

大体はそこから想像できるような香りなんですが、これを料理にあわせると「アーラ不思議!」となると。

というわけで、なんとなく潮騒の聞こえてきそうな夕餉でしたとさ。


#この石垣島のラー油。作ってるところはペンギン食堂といいます(笑)
でも、冗談ではありません!苗字なんです。辺銀さん。辺銀暁峰さんが作るラー油なんです!


------------------------------
「ペンギン食堂」
沖縄県石垣島大川199-1
TEL:0980-88-7030
------------------------------

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2005-10-03 11:31:22

のんべいバトン

テーマ:さいわいな酒

のんべいバトン。

hiroronさん~山輝亭さん~地酒星人さん経由で回ってきました。

ま、何しろサクッと答えさせていただいて、


1.今冷蔵庫に入っているお酒

うーむ、むしろ冷蔵庫外を聞いて欲しいと思ったりしますが(笑)、今冷蔵庫に入っているのは

■龍勢 八反錦 冷やおろし 純米中取原酒(常温ほったらかし保存と比較中)

■羽陽男山 ひやおろし 純米 出羽燦々 中汲み(常温ほったらかし保存と比較中)

■天吹 特別純米 山田錦 超辛口(香りなくなったけど、まとまってきた)

■EST! EST! EST!

■ビフィーター

■アサヒ本生ゴールド


2.好きな銘柄

酒はすべからくみんな好き!と言ってしまいたい衝動に駆られますが、それではつまらんでしょうからせめて、

■アイラ・モルト

■バーガンディ

くらいの大雑把なカテゴリーを挙げさせていただき、当然の日本酒に関しては、下の(4)と重なってしまいますが、まずは

■神亀

とさせていただきたいと思います。


3.最近飲んだ店

一番直近は八重洲に新オープンの

■Bar「Ocean」

その昔雑誌の取材でお世話になりよく行っていた渋谷のBar「松涛倶楽部」のバーテンダー・菊池さんが独立されて開いた店。意外や正統派バーの空白地帯だった八重洲地区に貴重な店ができたというわけです。赤のスパークリングワインという珍しいものを飲んできました。


4.思い入れのあるお酒

日本酒の旨さに開眼!という意味で思い入れのある酒、

■神亀

です。三つ子の魂百までもで、子供の頃(日本酒人生における:笑)の印象というのは影響絶大。今でも(2)に挙げてしまうように好きな酒です。

あ、あと、ちょっと甘酸っぱい若き日の思い出っつうことでカクテルをひとつ

■ベースをマイヤーズ・ラムに変えたマルガリータ
これを飲むと過日がありありと浮かんできます(苦笑)。

結構旨いのでぜひお試しアレ!



さてこの次のバトンは、5人にお願いしてこのエントリにTBしてもらう、というルールなんだそうですが、弊ブログにコメントいただいている方々などは、地酒星人さんから既にお願いが行っていると思いますし、ここは山輝亭さんと同様、自主TBとさせていただこうかと。どなたかお書きになられましたらTBしてくださいまし。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。