戦後体制の超克

「憲法改正」・「愛国教育」・「国体護持」・「日本第一」を軸に、様々な情報発信を行う提案型ブログです。


テーマ:

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いいたします。

 (政治部門'17/06/18:32位→)
人気ブログランキング

 

https://twitter.com/Tsumura_Keisuke/status/872699429156831233
津村啓介?認証済みアカウント@Tsumura_Keisuke
衆議院憲法審査会で
「女性天皇」について発言。2020年に愛子さまを皇太子に立てるべきと具体的に主張しました。国会議員としては、与野党を通じて初めての提案になります。私の年来の持論ですが、初めて公の席で表明する機会を頂きました。 

 

--------


 民進党に、また一人とんでもない議員が飛び出しました。

 国会において、「愛子さまを皇太子に」と発言したのです。

 その議員の名は、津村啓介です。

 

<津村啓介 衆議員議員>

 

 そして、その時の議事録がこちらです。
 

第193回国会 憲法審査会 第8号
平成二十九年六月八日(木曜日) 午前九時七分開議

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/193/0250/19306080250008a.html
 

(中略)
○津村委員 女性天皇について発言いたします。民進党の津村啓介でございます。
 象徴天皇制をめぐる本質的かつ喫緊の課題として、私たち国会議員は、二つの大きな問題に急いで答えを出さなければなりません。
 一つは、皇族の減少と御高齢化に伴う公務の御負担のあり方の問題、もう一つは、男性皇族の極端な減少を直視した皇位の安定的継承の確保の問題であります。
 先ほど我が党の岸本委員より、民進党の皇位継承に関する基本的な考え方として、二点言及がありました。
一つは、女性皇族が御結婚後も皇族の身分を保持し、当該女性皇族を当主とする宮家の創設が可能となるよう皇室典範を改正すべきという提案、もう一つは、皇位継承資格について、女性や女系の皇族に拡大することについて国民的な議論を喚起していくべきとの提案でございます。
 一点目の女性宮家創設の主張は、先ほど私が触れました二つの問題の双方に深くかかわる大変緊急性の高いテーマであります。
 秋篠宮眞子様の御婚約、御結婚という国民的慶事が本年から来年にかけて行われることが見込まれる中で、眞子様御自身に今後も女性の宮様として皇族にとどまっていただくか否か、この大切な判断は、同じ直宮としてこれから適齢期を迎えられる佳子様や愛子様の重要な先例になることは明らかであります。つまり、この一年が決定的に重要な時間であります。
 そのことを指摘した上で、本日、私は、第二点のテーマ、すなわち、女性天皇、女系天皇の問題、とりわけ、より喫緊の課題である女性天皇、すなわち、男系女子の皇族方に皇位継承資格を拡大するテーマに絞って議論を提起いたします。
 女性天皇を母に持つ女系天皇につきましては、先ほど船田先生から大変高い見識の御発言がありましたけれども、仮にこれを容認したといたしましても、最も早い場合で、現在十五歳の敬宮愛子様や二十五歳の秋篠宮眞子様、二十二歳の佳子様の次の世代の話になりますので、立太子される場合でも数十年、即位される場合は五十年以上先になることが見込まれます。
 しかしながら、女性天皇をどう考えるかは、来年末とも再来年年初とも言われる皇太子殿下の天皇即位の後、皇太子が直ちに不在になることを考えれば、今こそ議論を深め、結論を出すべきテーマであるからです。
 
結論から申し上げますと、敬宮愛子様が皇室典範二十二条の定める皇太子としての成年年齢である十八歳になられる再来年、二〇一九年十二月一日までに皇室典範第一条を改正し、皇位継承資格を男系女子の皇族に拡大して、愛子様に皇太子になっていただくべきであります。
 憲法第二条は、皇位の継承につき、「皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。」と定め、皇室典範は第一条で、「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。」と定めております。(以下略)

--------

 

 津村議員の頭の中には、秋篠宮殿下や悠仁殿下のご存在がすっぽり抜け落ちているようです。

 尚、津村議員は、「売国奴」という言葉すら理解していない人間です。

 

<津村啓介 衆議院議員>

 

 上記動画の文字起しが以下になります。

 

売国奴という言葉がありますが、国を売ると。
まさに今、ギリシアをはじめいくつかの国々は、本意ではないでしょうけれども、その国の経済政策を誤ったことによって、国の身売りをしなければいけないような、そんな事態になっています。
日本は今でこそ、円高、まさに日本の円が買われている、いう状況にありますけれども財政や○○(聞き取り不明)の現実を視れば、あるいは高齢化、少子化の現実を見れば、明日の日本のことを憂わざるを得ない、そんな現実もございます。

 

 --------

 

 はぁ???

 この人の発言、そもそも何が言いたいのか理解不能です。

 「売国奴」→「国を売る」→「ギリシアの身売り」→「円高で円が買われる」→「高齢化や少子化」→「明日の日本を憂う」

 よく理解もせず、気になる単語やトピックスを単に並べただけのものです。

 こういう発言ひとつとっても、津村議員の政治家としてのレベルに疑問符が付きます。

 

<女性天皇を主張する津村啓介>

 

 はっきり申し上げますが、「皇位継承に関しては男系継承以外にはありえません。」

 それ以外の事を唱える連中は、すべて「売国奴」とみなして間違いありません。

 どんな理屈をこねようが、皇室の伝統を破壊することにつながるからです。

 

<女系天皇の未来>

 

 津村議員の妄言は、チャンネル桜でも取り上げられていました。


【今週の御皇室】畏れを知らぬ津村啓介議員、皇位継承順位の変更を公に求める![桜H29/6/15]
https://youtu.be/WrHWVNTdLm0

 

 

 

 津村啓介(民進党)の妄言は、さらに次のような所にまで踏み込んでいます。



https://twitter.com/fajiarunyu12/status/859431007363018752
ふぁじあるにゅ‏@fajiarunyu12

返信先: @trolley_604さん
>こやつは日本人なのでしょうか?

民進党・津田啓介(誤字のまま)は、民団から選挙協力や献金を受けていた野田佳彦の皇室典範改正案を踏襲し、その上
「女性宮家創設の場合男性の伴侶も皇室に迎えるべき」などと、日本人には到底理解できない妄言を吐いていますから出自も怪しいですね。
#売国奴 #皇統断絶

 

 --------

 

 津村啓介の経歴は、まさに日本の税金を無駄使いして来た経歴といってもよいものです。

 

●東京大学法学部卒業後、日本銀行に入行。

●2000年よりオックスフォード大学経営大学院に留学。

●2001年経営学修士(MBA)を取得。同年帰国。
●2002年、民主党が実施した衆議院議員総選挙の候補者公募に応募し、合格。

●2003年、第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で岡山2区から出馬。比例ブロックで復活当選。

 

 国費で留学し、国費でMBAの資格を取り、帰国後すぐに民主党議員に転身するなど、まったくもって税金の無駄使いをして来た人生なのです。

 こういう政治家ばかりになれば、国会を空転させ、国費を無駄使いしても何とも思わないのも頷けます。

 まさに正真正銘の「売国奴」です。

 

最後までお読みいただきまして有難うございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いします。


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(9)

nihonkaigi-yachiyoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。