戦後体制の超克

「憲法改正」・「愛国教育」・「国体護持」・「日本第一」を軸に、様々な情報発信を行う提案型ブログです。


テーマ:

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

お手数ですが、ランキングのクリックをお願いいたします。

(政治部門'17/02/28:27位↑)

人気ブログランキングへ

 

<台湾 中正紀念堂>

 

 これは、台湾の観光スポットとしてもおなじみの「中正紀念堂」です。

 ここに、「蒋介石」(台湾では「蒋中正」が一般的)の銅像が、安置されています。

 

<蒋中正(=蒋介石)の銅像>

 

 また、ここだけでなく台湾全土に「蒋中正(=蒋介石)」の銅像が設置されていることは、日本ではあまり知られていません。

 この「蒋中正(=蒋介石)」による独裁政治の名残りを止める銅像の撤去求める法案が、台湾の国会にあたる立法院を通過したという驚くべきニュースが飛び込んで来ました。

 以下、産経新聞ニュースより引用します。

 

蒋介石像の撤去求める提案、立法院通過/台湾

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201702250007.aspx

(台北 25日 中央社)台湾各地の学校に設置されている蒋介石元総統の銅像の撤去を行政院(内閣)と教育部(教育省)に求める提案が24日、立法院(国会)を通過した。 

与党・民進党の議員13人が提出したもので、「学校は民主主義を広める場。そこに政治家の銅像を建てることがあってはならない」、「蒋介石は国民の評価が分かれる人物」、「銅像を設置する法的根拠がない」などと撤去の正当性を訴えた。 

台湾では、蒋介石を偉大な指導者としてたたえる人がいる一方、独裁者や「二・二八事件」の元凶とする見方もある。その銅像をめぐり、近年は「かつての権威主義体制の象徴」などとしてペンキをかけたりする動きが活発化。2015年に台南市の頼清徳市長(民進党)も学校からの全面撤去を発表していた。 

【二・二八事件】1947年、国民党政権による台湾統治への不満の高まりを背景に、台北で起きた抗議デモが全土規模の民衆蜂起に発展。事態は中国大陸から派遣された軍によって収拾されたが、犠牲になった人の数は1万8000人~2万8000人に上るとされる。 

 

--------

 

<蒋中正(=蒋介石)>

 

 我が国では、ほとんど知らされていない台湾における民族虐殺事件(ジェノサイド)が、「二・二八事件(ににはちじけん)」です。

 台湾国内において、本省人(台湾人)外省人(中国国民党の在台中国人)による対立が起きたのは、この時に始まりました。

 

<二・二八事件 1947年2月28日>

 

<二・二八事件 1947年2月28日>

 

 この事件以後、国民党政権による長期的な民衆(台湾人と台湾に残った日本人)弾圧が続くことになったのです。
 しかし今、
「蒋中正(=蒋介石)」銅像は、台湾を二分する悪の象徴と化しています。

 

人気ブログランキングへ

 

 一方、台湾が「蒋中正(=蒋介石)」の銅像撤去を決めた影には、トランプ米大統領の存在が大きかったと思います。

 

<トランプ次期大統領と電話会談する祭英文総統 2016年12月2日>

 

 昨年12月2日、ドナルド・トランプ米次期大統領は、1979年以来の前例を破って、台湾の蔡英文総統と電話会談をしました。

 これに驚いたのが支那です。

 すかさず、『一つの中国』という原則は、中米関係の健全な発展の礎だ」と抗議をするなど、その動揺を隠せませんでした。

 しかし、トランプ氏は昨年1月に祭英文氏が総統選挙に勝利した際、すでに祝辞を述べていたのです。

 つまり、二人は旧知の間柄だったということです。

 

<トランプ米大統領と祭英文台湾総統>

 

 トランプ次期大統領自身も、昨年12月ツイッターで以下のように述べています。

 

https://twitter.com/DonaldTrumpJPN/status/804906810180153344
(日本語訳)ドナルド トランプ@DonaldTrumpJPN

台湾総統が今日電話をくれて、大統領選挙の勝利を祝福してくれた。ありがとう!

 

https://twitter.com/DonaldTrumpJPN/status/804997539648811009
(日本語訳)ドナルド トランプ@DonaldTrumpJPN
いったいどうしたら、アメリカが台湾に何十億ドルもの兵器を売っているのに、祝福の電話を受けるべきではないと言えるのか。
 

-------

 

 支那はヒラリーが当選するものと、高をくくっていたのでしょう。

 トランプ氏が米大統領に当選してからというもの、アメリカと支那とのパイプは、ほぼ皆無となってしまいました。

 安倍首相とトランプ大統領の首脳会談が行なわれる2月11日の直前に、ようやく習近平国家主席はトランプ大統領と電話会談し、『一つの中国』という原則を尊重する」という言質をとるのが精一杯という有様でした。

 

<習近平国家主席>

 

 台湾は、トランプ大統領によって覚醒しました。

 歴史を直視し、独裁者によるジェノサイドを克服する取り組みを始めました。

 次は、我が国が覚醒する番です。

 

最後までお読みいただきまして有難うございます。

お手数ですが、ランキングのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(8)

nihonkaigi-yachiyoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。