伝わることば創りで 絆を生み出すコミュニケーション! 

  まずは、自分とのコミュニケーション、
  そして、周りの大切な人たちとのコミュニケーション、
  それぞれの想いがどんどんつながって、
    今が先へとつながります!


テーマ:
こんばんは!

伝わる日本語のコミュニケーショントレーナーの伊藤惠子です。

今日は北海道で地震がありました!


大分熊本に想いをはせつつ、
地球の核にも意識を向けてみることも
必要なのかと思うこの頃です。

大分熊本のみなさまの
一日も早い回復をお祈りします。


6月も半ばになり
前回お知らせしていたセミナーのご案内です(^∇^)


Tabripのプロジェクトはメンバー6人です!

メンバーが一同に集まれる機会が少ない中、
対面で合う時間を取り、
また急な打ち合わせが必要な時には
スカイプなどで参加できるメンバーで
何度かミーティングを繰り返してなんとか、
みなさまにご案内できるチラシができあがりました!!

***********************************************
多文化理解セミナー<第1弾>

「どうつきあう?
 ~おとなりのイスラム教徒編~」

2016年7月30日(土)14:00~16:30 (開場13:45)

場所:大田区産業プラザPio D会議室

お申し込み: どうつきあう?  ~おとなりのイスラム教徒編~の参加申し込みはこちら
***********************************************

まずは「聴いて知る」から始め、
イスラムの専門家からいろいろな情報をもらい、
次に、
一同に集まった人たちと顔を見ながら
「話して感じる」を体感していただく場を
創りました。

ピンと来た方、何々?と思った方は
ぜひ足を運んで私たちと
場を共有してみませんか?

Tabrip一同、みなさまとお目にかかれるのを楽しみにしています(^0^)/

お申し込み: どうつきあう?  ~おとなりのイスラム教徒編~の参加申し込みはこちら
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは~!

伝わる日本語のコミュニケーショントレーナーの伊藤惠子です。

真夏のような湿度と昼間と朝晩の温度差が気になります!

大分熊本に想いをはせて、
一日も早い回復をお祈りします。


今年は「古くて新しい出会い」がありましたラブラブ
それがまず嬉しい音譜


日本語教育とコーチング(チームフローで学んだ)つながりから
人を通してまた、それぞれにここ数年やってきたことを通して
「KEERプロジェクト」を始めました!!!

KEERとは、単に「keiko」&「eri}を合わせたとりあえずの名前です(^^)
私たちはコーチングスクールで出会った日本語教師でした。
2011年当時、スクールには日本語教師は少なかったようで、
スクールの方が、ほかにも日本語のせんせいいますよ!と紹介してくれました。

それ以来、それぞれの場で活動してきました。
eriさんは地域でしっかり外国人と日本人をつなぐ
公共の場を造ってきています。
私は日本人に外国人から観た日本語のコミュニケーションを伝えています。


そして、ともに共有しているとっても大切な視点は
コーチとしての視点です。
「文化や国が異なる人たちともヨコの関係でつながることの大切さ」です。

ともすると、異なることばや文化に気を取られ、
同じヒトとしてのつながりをしっかりと感じられるような、
そんな場が少ないのが現状ではないかと。

日本語教師の働くところ(学校や機関)は、
異なる言葉や文化が出会う場で
まさにヒトとヒトとがヨコにつながる入口みたいなところだと私は思っています。

学校はヒトが育つのを助けるところ!
「教える」と「習う」という「役割」はあるのですが、
決してタテの関係ではないんです!!!

確かに社会の構造、人が生きていく集団では、
生命の危険から集団を守るためには「知識を持つ人から持たない人へ」
「タテのつながり」は必要でしょう。

とはいえ、それは
ヒトや私たちの生きる地球を
次の世代に引き継ぐために、

ヒトだけでなく、究極は
私たちの周りのすべてのものが
同じヨコ並びの存在なんだということを共有することだとビックリマーク

わおぅ!想像を超えてイメージが
一気に広がりすぎました~!??


まずは横並びで相手を知って感じることが一番!!!


ということで、「KEERプロジェクト」は、
「多文化理解プロジェクト Tabrip 」(仮名)として
初めての試みに挑戦します!!


知識だけでなくヒトと出会い感じる体験の場を
つくりたいという共通の想いを持った、
日本語教育やコーチングの分野で働く有志が6人も集まりました音譜

<第1弾> どうつきあう?
 ~おとなりのイスラム教徒編~
 7月30日(土)14:00~16:30


もうすぐ、ご案内できるようになります!

人を育てることに関心のある方なら、どなたでも大歓迎です(^0^)/💛

そして、ここで一つ補足!?
私たち日本人が使っている日本語ということばは
地理的歴史的に培われてきた文化の中で
ヨコの関係を意識するのがかなり難しい環境を持っています。
例えば、「ウチとソト」という概念とか、敬語という体系など等。

そこはぜひぜひ「けこさんのにほんご講座」へ~(^O^)/
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!

伝わる日本語のコミュニケーショントレーナーの伊藤惠子です。

早いものであっという間に5月!!!

昼間と朝晩の温度差が気になります!

大分熊本に想いをはせて、
一日も早い回復をお祈りします。


先5月14日、久しぶりに
寒川中学校のにこにこ寺子屋に
「地域のせんせい」として参加してきました!



にこにこ寺子屋が始まって4年目。
60人もの生徒さんたちが
新学期初めての中間試験勉強のために寺子屋に参加!
いつもの図書室では入りきらずに、
あと二部屋を用意するほどの盛況ぶり音譜

この社会人参加プログラムをけん引してこられた元N教頭!
今も現役で中学校にかかわられていらっしゃいます!
こんなにプロジェクトが根付いているのを見るにつけ、継続は力なり!!!
改めて感じていますアップ


今回は今年度初めての顔合わせのため
「地域のせんせいたち」が自己紹介をしました。

名前と担当可能な教科、そして一言!

私は、一言に
「みなさんが解決したいことをどんな方法がかんがえられるのか、とか、
どんな方法が合っているのかを一緒に考えてみるお手伝いもします。
どうぞよろしくお願いします!」と。

そう伝えたせいか、今回複数の方が積極的に私を呼び止めてくれました。

○「地理の国の場所が覚えられないが、何か方法を見つけたい」
○「歴史の人名などがなかなか覚えられないが、いい方法はないか」
○「国語の漢字を一所懸命書いて覚えるのだが、いくら書いても覚えられない。
  ほかに何か方法はないか」
○「英語の単語が覚えられないが何かいい方法がないか」
○「論語の文章の現代語訳は分かるのだが、ホントに意味していることを
  自分のことばにできていない。それを自分のことばにしたい」

 
多かれ少なかれ、学校で学ぶことの多くは、記憶に基づくものが
多いのも事実です。
記憶する生徒一人一人が異なる脳を持っているのですから、
覚え方も異なって当然です。


内容とは別に、
自分の学び方そのものにも目を向けてみることは
とっても大事な自分の強みを見つける絶好の機会だと思います。



疑問がわいても
それに返してくれる問いやフィードバックがない状態が続くと、
人はもうそれについて考えたり悩んだりしなくなるだけでなく、
その疑問を考えることそのものを避けるようになります。

それってほんとに残念!!!!!((>д<))
だって、人にはいろいろな可能性がいっぱいあるのに、
それを掘り起こせないなんて~!!!!



中学になって地理も歴史も英語もすべて
新しい知識を学ぶことが多い中で、


先生方は一人ひとりにかかわる時間が限られています。
こういう場で「地域のせんせいやコーチ」が
もっともっとかかわれたらうれしいです♪

それが先生をサポートすることでもあり、
生徒たちのサポートでもあり、
そして、「地域のせんせい」たちにとっても
今の学校のみんなと関われる楽しさにつながっている!


三方よしニコニコ
もっともっとこのような活動が
それぞれの地域で広がって行ってほしいと
思います!!!

地域のせんせいも、
まだまだいろいろできることがいっぱいありそうです(*^o^*)ビックリマーク


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!

伝わる日本語のコミュニケーショントレーナーの伊藤惠子です。

このコーナーは
日本語教師だった頃思ったことを
徒然に書いていこうと思いますニコニコ


日本人のための「けこさんのにほんご講座」で
世界共通のルール」として「文法」ということばを使うと、
決まって戻ってくるのが、タイトルのことばです!?


その印象はどこから!?
それは一様に中学で学んだ「英語の文法」!!!


そもそも「文法」って?

辞書によれば、
   1.文章を構成するきまり文章の規範。また、文章の作法。
   2.言語学の対象の一つ。小さい言語単位が連接して
     大きい単位を形作るときに見られる様々な法則。

「文法」も法の一つ。
規則やきまり
ということは、文を理解するための助けになるはずのきまりビックリマーク

なのに、
「分からない」
「難しい」
「つらい」
「面白くない」などの
否定的な感情を伴った印象が並ぶのはほんとに悲しい汗

もっと悲しいのは、
「文法」の印象と
初めて学校で習う外国語についての印象とが
いつの間にか置き換わってしまっていること。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

外国語を学ぶって知らない国のことや知らない国の人たちのことを知ること音譜
ホントはとっても楽しい面白いことだと思うのに・・・!!!



それってほんとに悲しいことダウン


本来、外国語を学ぶことと、文法を学ぶことは
イコールじゃないのに、どこかですり替わってしまったみたい
叫び

そもそも「文法」を学ぶのは何のため?

国語の時間にも「文法」はありました。
辞書のことばを借りれば
私たちが国語で学んだ「文法」は
「言語学の対象の一つとして、小さい言語単位」を分析して学ぶということ。

たとえば、身体の内臓について学ぶのと同じように
私たちのことばの小さい単位について
知識として得るものだといえるのでは。

一方で外国語を学ぶ時の「文法」は
それがあるから外国語を理解できる、言うなれば、
骨組み、ほかのことばで言えば「体系」みたいなもの。
学校で学ぶときには特にこの「体系」を知ることは大事。

「古文」や「漢文」といった日本や中国の古いことばにしても
同様に「文法」を学ぶことでことばを理解することができました。
よく理解できたかどうかは別にして(^^’


「文法」ということばが与えてしまった印象は
とても罪深いように思います!!


少しでもそんな誤解が
「日本人のための にほんご講座」で払拭できれば、嬉しいですラブラブ


そんなことがにほんご講座に参加してくださった方々から:

◆「もっと早くに教えてもらえたら、英語がもっと楽しく学べたのに!!!」
◆「ケコさんと話していて教えて頂いたのですが
 文法は違った言葉をつなげる源なんだと。
 私が英語に出会った時から
 思っていた、違和感やいらだちのほとんどを
 ケコさんのセミナーで理解することが出来ました。」
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは!

伝わる日本語のコミュニケーショントレーナーの伊藤惠子です。

朝晩の温度差が気になります!
大分熊本に想いをはせると心が痛くなります。
一日も早い回復をお祈りします。

さて、今日は「伝わるセミナーin茅ヶ崎」
参加者Tさんのことです。



2013-10-28付けのブログの記事を見返しています。


2012年9月から、3回シリーズで毎月開催の
「伝わるコミュニケーション講座 in 茅ヶ崎」 も
今月で第5弾シリーズに突入しました。

この講座は、2012年2月から10回シリーズの
「学校で習わなかった日本語のコミュニケーション講座」(土日昼)の
夜バージョンとして始まりました。



この続きはこちらからどうぞ
http://ameblo.jp/nihongo-tunagari/theme-10059509608.html


この講座が始まって半年後
参加者のSさんが独立開業しましたビックリマーク


2013年の3月の講座で
◆今回最も印象に残ったことは?
安心安全の場は率直な気持ちが出てきます。
 腹を決めるは、響きました!
◆次回までにぜひやって観ようと思っていることは?
 腹を決めたい。

その2ヶ月後、
Sさんは、再び講座に顔を見せて、
「感謝  
いつもありがとうございます。
気づくことって大切ですね。
そしたら、いつの間に開業していました!」と
伝えてくれました音譜


そして、あれから2年後の今年3月

同じ講座で学びを深めてきたTさん
施設長をしていた職場をやめ、
中国に人を育てに行く決断をしたと伝えてくれました!!


◆今回最も印象に残ったことは?
 ・日本では場によって役割が決まり、その役割で名前がよばれるということ。
 「和」という意識が日本人に根付いていると思った。
 ・自分にとって「共に」というのは大事な価値感だと気づいた。
 ・「覚悟する」ということ。
◆次回までにぜひやって観ようと思っていることは?
 「共に」を意識してみる。

施設長をしている間はなかなかセミナーにも参加できず、
半年ごとの参加でしたが、
昨年12月からまた毎月参加されるようになりました。


このセミナーにご参加くださる
一人一人の人生で大きい決断の時を
その場にいる皆と共有してくれることが
ほんとに嬉しい
し、そんな場を支えてくれている
皆さんに感謝の気持ちでいっぱいですラブラブ


Tさんが中国に行ったら、
スカイプで共有する場を持とうと
話しています♪

それも
参加してくださる皆さんの新しい場に
なりそうで私も楽しみです♪

「伝わるセミナーin茅ヶ崎」

毎月火曜日の夜19時からです。

次回は5月24日(火)です。
参加してみたいなぁと思われたら、
迷わずご連絡くださいね~♪

k.ito.ishihara@gmail.com

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。