伝わることば創りで 絆を生み出すコミュニケーション! 

  まずは、自分とのコミュニケーション、
  そして、周りの大切な人たちとのコミュニケーション、
  それぞれの想いがどんどんつながって、
    今が先へとつながります!


テーマ:
こんにちは!

伝わる日本語のコミュニケーショントレーナーの伊藤惠子です。

早いものであっという間に5月!!!

昼間と朝晩の温度差が気になります!

大分熊本に想いをはせて、
一日も早い回復をお祈りします。


先5月14日、久しぶりに
寒川中学校のにこにこ寺子屋に
「地域のせんせい」として参加してきました!



にこにこ寺子屋が始まって4年目。
60人もの生徒さんたちが
新学期初めての中間試験勉強のために寺子屋に参加!
いつもの図書室では入りきらずに、
あと二部屋を用意するほどの盛況ぶり音譜

この社会人参加プログラムをけん引してこられた元N教頭!
今も現役で中学校にかかわられていらっしゃいます!
こんなにプロジェクトが根付いているのを見るにつけ、継続は力なり!!!
改めて感じていますアップ


今回は今年度初めての顔合わせのため
「地域のせんせいたち」が自己紹介をしました。

名前と担当可能な教科、そして一言!

私は、一言に
「みなさんが解決したいことをどんな方法がかんがえられるのか、とか、
どんな方法が合っているのかを一緒に考えてみるお手伝いもします。
どうぞよろしくお願いします!」と。

そう伝えたせいか、今回複数の方が積極的に私を呼び止めてくれました。

○「地理の国の場所が覚えられないが、何か方法を見つけたい」
○「歴史の人名などがなかなか覚えられないが、いい方法はないか」
○「国語の漢字を一所懸命書いて覚えるのだが、いくら書いても覚えられない。
  ほかに何か方法はないか」
○「英語の単語が覚えられないが何かいい方法がないか」
○「論語の文章の現代語訳は分かるのだが、ホントに意味していることを
  自分のことばにできていない。それを自分のことばにしたい」

 
多かれ少なかれ、学校で学ぶことの多くは、記憶に基づくものが
多いのも事実です。
記憶する生徒一人一人が異なる脳を持っているのですから、
覚え方も異なって当然です。


内容とは別に、
自分の学び方そのものにも目を向けてみることは
とっても大事な自分の強みを見つける絶好の機会だと思います。



疑問がわいても
それに返してくれる問いやフィードバックがない状態が続くと、
人はもうそれについて考えたり悩んだりしなくなるだけでなく、
その疑問を考えることそのものを避けるようになります。

それってほんとに残念!!!!!((>д<))
だって、人にはいろいろな可能性がいっぱいあるのに、
それを掘り起こせないなんて~!!!!



中学になって地理も歴史も英語もすべて
新しい知識を学ぶことが多い中で、


先生方は一人ひとりにかかわる時間が限られています。
こういう場で「地域のせんせいやコーチ」が
もっともっとかかわれたらうれしいです♪

それが先生をサポートすることでもあり、
生徒たちのサポートでもあり、
そして、「地域のせんせい」たちにとっても
今の学校のみんなと関われる楽しさにつながっている!


三方よしニコニコ
もっともっとこのような活動が
それぞれの地域で広がって行ってほしいと
思います!!!

地域のせんせいも、
まだまだいろいろできることがいっぱいありそうです(*^o^*)ビックリマーク


AD
いいね!した人

テーマ:

こんにちは!

伝わる日本語のコミュニケーショントレーナーの伊藤惠子です。

このコーナーは
日本語教師だった頃思ったことを
徒然に書いていこうと思いますニコニコ


日本人のための「けこさんのにほんご講座」で
世界共通のルール」として「文法」ということばを使うと、
決まって戻ってくるのが、タイトルのことばです!?


その印象はどこから!?
それは一様に中学で学んだ「英語の文法」!!!


そもそも「文法」って?

辞書によれば、
   1.文章を構成するきまり文章の規範。また、文章の作法。
   2.言語学の対象の一つ。小さい言語単位が連接して
     大きい単位を形作るときに見られる様々な法則。

「文法」も法の一つ。
規則やきまり
ということは、文を理解するための助けになるはずのきまりビックリマーク

なのに、
「分からない」
「難しい」
「つらい」
「面白くない」などの
否定的な感情を伴った印象が並ぶのはほんとに悲しい汗

もっと悲しいのは、
「文法」の印象と
初めて学校で習う外国語についての印象とが
いつの間にか置き換わってしまっていること。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

外国語を学ぶって知らない国のことや知らない国の人たちのことを知ること音譜
ホントはとっても楽しい面白いことだと思うのに・・・!!!



それってほんとに悲しいことダウン


本来、外国語を学ぶことと、文法を学ぶことは
イコールじゃないのに、どこかですり替わってしまったみたい
叫び

そもそも「文法」を学ぶのは何のため?

国語の時間にも「文法」はありました。
辞書のことばを借りれば
私たちが国語で学んだ「文法」は
「言語学の対象の一つとして、小さい言語単位」を分析して学ぶということ。

たとえば、身体の内臓について学ぶのと同じように
私たちのことばの小さい単位について
知識として得るものだといえるのでは。

一方で外国語を学ぶ時の「文法」は
それがあるから外国語を理解できる、言うなれば、
骨組み、ほかのことばで言えば「体系」みたいなもの。
学校で学ぶときには特にこの「体系」を知ることは大事。

「古文」や「漢文」といった日本や中国の古いことばにしても
同様に「文法」を学ぶことでことばを理解することができました。
よく理解できたかどうかは別にして(^^’


「文法」ということばが与えてしまった印象は
とても罪深いように思います!!


少しでもそんな誤解が
「日本人のための にほんご講座」で払拭できれば、嬉しいですラブラブ


そんなことがにほんご講座に参加してくださった方々から:

◆「もっと早くに教えてもらえたら、英語がもっと楽しく学べたのに!!!」
◆「ケコさんと話していて教えて頂いたのですが
 文法は違った言葉をつなげる源なんだと。
 私が英語に出会った時から
 思っていた、違和感やいらだちのほとんどを
 ケコさんのセミナーで理解することが出来ました。」
AD
いいね!した人

テーマ:
こんばんは!

伝わる日本語のコミュニケーショントレーナーの伊藤惠子です。

朝晩の温度差が気になります!
大分熊本に想いをはせると心が痛くなります。
一日も早い回復をお祈りします。

さて、今日は「伝わるセミナーin茅ヶ崎」
参加者Tさんのことです。



2013-10-28付けのブログの記事を見返しています。


2012年9月から、3回シリーズで毎月開催の
「伝わるコミュニケーション講座 in 茅ヶ崎」 も
今月で第5弾シリーズに突入しました。

この講座は、2012年2月から10回シリーズの
「学校で習わなかった日本語のコミュニケーション講座」(土日昼)の
夜バージョンとして始まりました。



この続きはこちらからどうぞ
http://ameblo.jp/nihongo-tunagari/theme-10059509608.html


この講座が始まって半年後
参加者のSさんが独立開業しましたビックリマーク


2013年の3月の講座で
◆今回最も印象に残ったことは?
安心安全の場は率直な気持ちが出てきます。
 腹を決めるは、響きました!
◆次回までにぜひやって観ようと思っていることは?
 腹を決めたい。

その2ヶ月後、
Sさんは、再び講座に顔を見せて、
「感謝  
いつもありがとうございます。
気づくことって大切ですね。
そしたら、いつの間に開業していました!」と
伝えてくれました音譜


そして、あれから2年後の今年3月

同じ講座で学びを深めてきたTさん
施設長をしていた職場をやめ、
中国に人を育てに行く決断をしたと伝えてくれました!!


◆今回最も印象に残ったことは?
 ・日本では場によって役割が決まり、その役割で名前がよばれるということ。
 「和」という意識が日本人に根付いていると思った。
 ・自分にとって「共に」というのは大事な価値感だと気づいた。
 ・「覚悟する」ということ。
◆次回までにぜひやって観ようと思っていることは?
 「共に」を意識してみる。

施設長をしている間はなかなかセミナーにも参加できず、
半年ごとの参加でしたが、
昨年12月からまた毎月参加されるようになりました。


このセミナーにご参加くださる
一人一人の人生で大きい決断の時を
その場にいる皆と共有してくれることが
ほんとに嬉しい
し、そんな場を支えてくれている
皆さんに感謝の気持ちでいっぱいですラブラブ


Tさんが中国に行ったら、
スカイプで共有する場を持とうと
話しています♪

それも
参加してくださる皆さんの新しい場に
なりそうで私も楽しみです♪

「伝わるセミナーin茅ヶ崎」

毎月火曜日の夜19時からです。

次回は5月24日(火)です。
参加してみたいなぁと思われたら、
迷わずご連絡くださいね~♪

k.ito.ishihara@gmail.com

AD
いいね!した人

テーマ:
こんばんは。

伝わるにほんごのコミュニケーショントレーナーの伊藤惠子です。





先日本棚を整理していたら、
「言語生活」という雑誌が出てきました!

見れば1979年6月号!
特集●「日本的コミュニケーション」

私が日本語教育に足を踏み入れて間もない頃、
購入したものらしい。
見れば日本語教育を牽引していらした先生方の名前が
たくさん!

ぱらぱら見ていると、
何々?!全く覚えていない...?!
けれど、不思議なことに内容は古くなっていない!?

というよりも、今でも十分に必要な情報アップ

当たり前と言えば当たり前。
ことばって、文化だもの。
そんなにすぐに変化が見えるものではないはず!


思えば、
私が2011年に日本語教育を卒業したときに
定年にはまだかなり時間があるものの、
あえてやめると決めて、新しい一歩を踏み出した時のこと。

決め手は、
私が10代20代の頃、
悩んでぶち当たった課題やら問題について
何十年て経っているのに、
まだ同じ問題で悩んだりあきらめたりしている人たちが
いるんだ!ということに気がついたことでした。

同じことで同じように悩むなんて、
もったいない!
目

昔治らないと思われていた病気も
薬が発明されて、不治の病ではなくなるように、
確実に昔と違うことが人の経験を通じて
ほかの人たちにも浸透してほしいと思う。

私にも伝えられることがある!と直感した時でした。

私は日本語を教えた経験を通して、
日本人という自分、日本語を話している自分について、
ほんとに多くの国の人たちと
場をともにしながら感じ、考えることができました。

そして、その間にコーチングに出会い、
自分の望む在り方を探求する手段を得ること
できた
ように感じています。

「日本人の自分」を大切にしながら、
すぐ近くの周りの人から、
それこそ国の異なる人までも
大切にできるコミュニケーションを
「日本語」をキーワードに伝えていきたい
という思いがどんどん膨らんでいます。


「日本語」を客観的に俯瞰して見られると
「ほかのことば」を理解する上でも、
自分のことばを軸に考えることで、
ぶれない自分で横につながる人の関係を
創ることができる
と感じています!



私が10代からずっと考え続けていた問い。

「私はどこが私なの?」
「私のどこが日本人なの?」

「アイデンティティ」ということばにも
置き換えられるこれらの問いに対して
今の私が伝えられることを
全力で伝えます!

必要な時に必要な方に届きますように~ラブラブ




いいね!した人

テーマ:
こんばんは。

伝わるにほんごのコミュニケーショントレーナーの伊藤惠子です。


かなり暖かくなってきて
今週はソメイヨシノもまさに見頃ですねブーケ2




「それで何が言いたいの???」
と言われたことはありませんか。

私は成人してから
言われるようになりましたあせる

おそらくそれまでは自分から、
何かについて考えや感じたことをまとめて
口にすることがなかったのだと思います。

それについては
また改めるとして、(多くの人が幼少の時期に得た体験だと思うので)
話をするにつれて、
これもいいたい、これをもっと知ってもらうために
このことも伝えないと・・・話はあちこちに飛び、
あれこれと話すうちに土ツボにはまってしまい、ダウン

「結局何がいいたかったんだっけ?」になってしまったり、
「それで何が言いたいの???」とあきれられてしまったりガーン

まさに私がそうでしたビックリマーク
とっても肩身の狭い思いをしてきました汗


今は、義務教育でも
自分の意見をしっかり伝える授業や、
進学の面接のためのプレゼンのスキルなど、を
扱うようになってきているようです。

私もある中学でプレゼンを聞いてほしいと
頼まれたことがあります。

伝えることについて
学べるようになってきたのは
素晴らしいことだと思いますニコニコ


ところが、
日本語教師として外交官研修で新聞読解を教えるうちに
このうまく伝えられない問題は、
もしかしたら私個人の問題だけではないかもしれない!
と考えるようになりました!!

「けこさんのにほんご講座」では、
大きく2つ挙げてみました。

1つは、日本語ということばの持つ構造
2つめは、漢字を含む3つの文字を持つ日本人の脳の使い方

今日は1つめ。

中学で英語を習うときに
主語(Aさんは、が)の次に
述語(食べる、来る、かっこいいなど)が来ることを学びます。
I went to Tokyo yesterday.

日本語はというと、述語は文の一番最後に来ます。
私は、きのう東京に行きました

私は、きのう10年ぶりにニューヨークから戻った学生時代の友人に会うために
仕事を半日休んで新幹線に飛び乗り台風とともに東京に行きました。

単純に考えても、
日本語は親切に説明を加えれば加えるほど、
動詞の前がどんどん長くなるということが分かります。

そうなると、最後の動詞に行き着く前に、
いろいろな親切な説明を加えるうちに、
「あれ?何を言おうとしていたっけ?」
というように迷子になってしまうことも!

「結局何がいいたかったんだっけ?」とか、
「それで何が言いたいの???」状態は
誰にでも起こりうるともいえるわけです。


だとすれば、

伝える第一歩は
まずは私たちの使う日本語は述語が終わりに来る、
ということを意識すること。

そして、言い方を工夫してみること。


その工夫は、ぜひ「けこさんのにほんご 講座」に
コツを掴みにいらしてください!

4月の講座は始まっています!
単発でもご参加いただけます。
「日本語のコミュニケーション 講座」 金曜日 3回シリーズ の参加申し込みはこちら

********************************************************************

とはいえ、
それ以前の問題として、
目の前にいる人たちに
「私は何を伝えたいの?」が、よく分からない!という場合は、

聴くことのプロでもあるコーチなどのいる場で
ことばにしてみることですアップ
私も体験して実感しています(^O^)

とにかく考えていること、感じていることを
ことばにして自分のソトに出してみること音譜
試してみてください!

まとまっていなくても、しどろもどろでもいいんです!

しっかり聴いてくれる人とそんな時間を持つって
どんなことか、ぜひ是非試してみてください!

ほんとは何を伝えたい?
伝えて相手とどうなったらいい?ということを
見つけていく大切な時間です。


私もそんな場を提供していますラブラブ

「伝わるセミナー」in 茅ヶ崎は月一回火曜日の19:00~21:00です。

ご興味のある方は以下にメールをお願いします♪

また、お声をかけていただけばどこにでも伺います!

まずはお茶会から♪
k.ito.ishihara@gmail.com
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。