メデジン日本クラブへようこそ!

南米コロンビア第二の都市・メデジン在住の日本語教師です。
「メデジン日本語クラブ」の活動や
コロンビアの日常生活のことなどをお伝えします。

Hola a todos!!! Bienvenidos a "Nihongo Club Medellin"!!!
Que disfruten!!!


テーマ:
ネットで

「コロンビア 治安」

と検索すると、
怖い記事しか出てこない、
だから日本人旅行者が少ないのかも、

と咲ちゃんが言っていたのを
思い出し、Googleでちょっと
検索してみました。


検索結果 第1位

「危険な旅路 コロンビア」

>いまでこそ、その危険度世界一の座は
南アフリカのヨハネスブルグに譲ったが(?)、
依然としてコロンビアは戦時下の国を除けば、
世界屈指の危険な国といって間違いない。
この国の特徴はスリや引ったくりなどの単なる泥棒から、
強盗、誘拐、殺人、テロなどの暴力的なものまで、
あらゆるタイプの犯罪が混在しているところである。

また危険地域を特定できない。
コロンビアの他に、 中南米の国々で治安が悪いと
されている国にパナマやジャマイカなどがあるが、
これらの国はパナマはコロン、ジャマイカは
キングストン南部のトレンチタウン周辺など、
ある程度危険地域を特定できる。
しかしコロンビアは国中が危険地域と言っても過言ではない。


……叫び

えーと、これはいったい何年の
記事なのでしょうか。。。あせる

HPのタイトルに「since2007」の
文字が見えますが、
私が青年海外協力隊で
コロンビア(マニサレス)に
派遣されていたのが2005年ー2007年。

「国中が危険地域」な場所に
JICAがボランティアを派遣するでしょうかガーン



検索結果 第2位

yahoo Japan  知恵袋
「コロンビアの治安」


そのコメント内のリンクより

>コロンビアでは、普通に街中で小銃をもったゲリラが巡回してます。


……叫び叫び叫び


えーと、回答日時は2008年6月になっていますが、
この「コロンビアの街中」とは
いったいどこを指しての「コロンビア」
なのでしょうか汗
しかも「ゲリラが巡回」って。。。
「警察官」の間違いでは汗


コロンビア在住者として、
信頼できる治安関連記事は
例えば以下のようなものでしょうか。



1.地球の歩き方
コロンビア・ボゴタ特派員ブログ


2.エスペランサの徒然コロンビア便り

ボゴタの治安・アドバイスも!


3.メデジン・コロンビアからの便り


(いずれもコロンビア在住の
日本人の方が書いています)



また小説でも
「コロンビア=治安悪い、バイオレンス!」
というイメージがかなり浸透しているようで、
特に日本のアクション(ミステリー?)作家の
垣根涼介さんの作品の中には
びっくりするような「メデジン」が
出てきますドクロ

『ゆりかごで眠れ』


>凄絶な少年時代を過ごしながらも、
コロンビア・マフィアのボスにまで上りつめた
日系二世のリキ・コバヤシ・ガルシア。
この日常に馴染めずも生きる、元刑事・若槻妙子。
リキなしには生きていけない元浮浪児・カーサ。
組織の中で歪み、すり潰されていく刑事・武田。
ラティーノの殺し屋・パパリトとパト―。
血と喧騒の中を、
全速で駆け抜けた男達を描く感動巨篇。


えーと、小説としては
けっこうおもしろかったです。
かなり長いのですが、
あっという間に読めました。
ただコロンビア、そしてメデジンの知識としては
「え?」となってしまう
箇所が多いです。。。
あとスペイン語も。。。。

この上のあらすじにある「殺し屋・パパリト」、
パパリトは「スペイン語で小鳥の意味」
と書いてあるのですが、
Pajarito(パハリート)の
ことでしょうか。


私はコロンビアで住んだことが
あるのはマニサレスとメデジンのみなので、
あまりえらそうに、コロンビア全体の
ことを語ることはできません。

また、たまに読者の方から

「コロンビアの治安はどうですか?」

というメッセージをいただくのですが、
一概に「コロンビア」と言っても、
どこへ行くのか、何をするのか、
で危険度は大きく変わってくると思います。


でも、ことメデジンに関しては、
声を大にして言いたいことがあります。
(マニサレスも同様ですが)


「危険な地域」と「大丈夫な地域」


「してはいけないこと」と「してもいいこと」


この二つさえ、
はっきり区別して行動すれば、
そうそう犯罪に巻き込まれることは
ありません。


テロや事故など予測不可能な
突発的な事態はもちろん
その限りではないかもしれませんが、
それはコロンビアに限らず、
世界中どこへ行っても同じでしょう。


それ以外の強盗、殺人などに
巻き込まれる可能性は、
旅行者の注意ひとつで
未然に防げることが多いのです。

「メデジンは危険ですか?」

と聞かれた時の私の答えは

「当たり前の注意さえしていれば、
決して危ない町ではありませんよ。
むしろ住み心地のいい、気持ちの良い町です」

というのが正直なところです。


「危険な地域」

メデジンの、あるいはボゴタやカリなどの
大きな町にはたいてい、
現地の人も踏み込まない、
「危険な場所」
があります。

「スラム」のようにはっきり目に見えて
わかる区域もあれば、
一見普通の住宅街のように見えたり、
ショッピングセンターなどのすぐ近くにあったり
することもあります。

また昼間は大丈夫でも、
夜になると「危険地域」になる場所も
あります。


来たばかりの旅行者の方は
もちろんどこが安全で、
どこが危ないかは
わからないと思いますが、
宿泊しているホテルの人や、
レストランやお店の人に
聞けば、親切に教えてくれることが
多いと思います。
コロンビア人、特にメデジンの人は
外国人へのホスピタリティーが高いことで
有名ですから。


あるいは現地在住の日本人をブログや
Facebookで探し、質問してみるのも
いいかもしれません。
メデジンにはあまり日本人がいませんが、
ボゴタやカリにはけっこう日本人が住んでいます。


一番いいのは、地元の人と友だちになり、
案内してもらうことです。
特にメデジンには日本好きなコロンビア人が
たくさんいますから、
日本語クラブや大学の日本語クラスなどに
遊びに来れば、すぐに友だちができるはずですニコニコ


最近、カウチサーフィンをする
バックパッカーの方が増えてきている
ようですが、コロンビアでは
必ずホストの住所を確認して下さい。

住所がエストラト2以下なら、
避けた方が無難です。
地元の人はなんともなくても、
外国人にとっては「危険地域」に
なる区域はけっこうありますから。

注:エストラトとは?

コロンビアの社会(地域)階層制度。
1から6まであり、
高いほど水道代や光熱費などの
公共料金が高く、低いほど安い。
が、同時に治安も悪い。
詳しくはこちらを。
(エスペランサさんのブログより)



「してはいけないこと」

これはもう、
あえて書くまでもないことですが、

☆夜、一人で出歩かない。
昼間も危険な地域には入らない。


日本人(アジア人)はコロンビアでは
目立ちます。たとえ男性二人でも、
日本人同士で夜のセントロを歩けば、
かっこうのカモです。



☆お祭りやセントロなど、人ごみでお財布や
携帯電話、カメラなどを出さない(見せない)。


☆同じく人が多いところでは
かばんから目を離さず、
リュックなら背中ではなく前に持つ。


☆タクシーはできるだけ電話で呼んだ
無線タクシーを利用する。


☆電車やバスなどで
知らない人にもらったものを食べない、飲まない。


☆薬物(麻薬)に手を出さない。
売人がいるところをうろちょろしない。


など、コロンビアに限らず、
海外ならどこでも共通の、
当たり前のことだけです。


あ、でも一つだけ
コロンビアや中南米限定での
「してはいけないこと」が
あります!


それはタクシーや知り合いの車に
乗せてもらった時、


ドアを「バンッ」と
いきおいよく閉めること



です。


コロンビアではこのような閉め方は
ドアがいたむし、
まるで怒っているような、
非常に「感じが悪い」印象を与え、
タクシーの運転手と口論になることも
多いのです。

かくいう私も、
コロンビアに着いたばかりの頃は
よく怒られました汗


無用なトラブルを避けるためにも、
車のドアは静かに、
優しく閉めましょうーあせる


コロンビアにいらっしゃる
旅行者の皆さん、
どうかお気をつけて、
よい旅をー!!!音譜


P.S
咲ちゃんの
「世界イケメンハンター」で
またしても日本語クラスの
学生を紹介していただきましたークラッカー

メデジン近郊の絶景スポット&メルヘンの町
情報も満載ですから、
ぜひのぞいてみて下さい(‐^▽^‐)

地球の歩き方
『世界イケメンハンター』
「巨大な岩ペニョールとおとぎ話の世界」



またブログの方で、
EAFIT大学も紹介してくれています♪

『世界一周☆恋する咲ログ』
「コロンビアのお金持ち大学がすごすぎる件」






応援クリック、よろしくお願いします↓

Haga click aqui, Por favor!!

にほんブログ村 海外生活ブログ コロンビア情報へ


にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ


にほんブログ村







人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

かおりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。