• 25 Mar
    • 屋移り多し

      去年今年屋移り多し。新しき環境に慣れるは難きことなり。東國から中國、近畿東海と樣々な處の暮らしぶりを見聞せり。中には面白き風習もありけれど、そは別の折に語らむ。

      テーマ:
  • 20 Mar
    • 元首

      sovereign oxford dictionary を虞虞ると、次の頁が一番上に來。https://en.oxforddictionaries.com/definition/sovereignsovereign noun1. A supreme ruler, especially a monarch.‘the Emperor became the first Japanese sovereign to visit Britain’天皇陛下は英國を訪れた初めての日本の元首になられ給ふた、とある。

      テーマ:
  • 17 Mar
    • 今年の運勢

      昨年は凶たりし運勢も今年は大吉であつた。確かに今年は幸先が良い。ただし、盗難に注意とのこと。

      テーマ:
  • 09 Mar
    • 葦牙

      春さりて、草草の芽が萠出づる頃となりぬ。年ごろ葦かひを觀ばやと思ひゐたるが、漸くこの度海の畔の葦の芽を觀ぬ。

      テーマ:
  • 06 Mar
    • 鉗狂人にある韓朝鮮の論

      鉗狂人の中に韓朝鮮についての論あり。元々朝鮮半島は南北で別の道を歩み、北を朝鮮といひ、南を韓といひたるとしり、古に復したるをしりぬ。北は武に弑されたる紂の子、箕子がはじめたる朝鮮がはじめにて、燕の亡人衞滿これを奪ひて衞氏朝鮮となりけり。こののち史記の朝鮮傳に詳しくあり。こののち満洲の高句麗南下して、北鮮を治めり。一方南は馬韓辰韓辨辰の三韓が鼎立してありけり。馬韓は西の大國で、東に辰韓、辰韓の南に辨辰あり。後者兩國は小國なり。馬韓に五十餘國、辰韓、辨辰に各々十二國あり馬韓の一国が後の百濟、弁辰の一國が新良なり。ただし唐の史書弁辰、辰韓、弁辰を混同して居り、不審な點あり、と。

      テーマ:
  • 23 Feb
    • 葛花

      數日前に飮んだ二合の酒がまだ半分殘つてゐたので、酢になる前に飮まむと思ひ總て飮むと、翌日頭痛に苦しみぬ。さういふ時、葛花が效くさうである。殘念ながら私は葛花を持つて居なかつたので自然に治るのを待ちぬ。葛花といへば、鈴の屋の大人がくず花てふ書を書かれてゐた。これを再び讀みぬ。この書は直靈に對する荻生徂徠門下で國學もある程度修めたる市川多門の反論に對する反論である。儒者の悪弊を明らかにしてをられ、とても參考になるものである。聖人を有難がる諼園學の弊害を具に論ひたること、いと良し。唐戎の毒酒に醉ふ人多き世のものなれど、今の西戎に醉ふ學者の弊害も全く變はらぬことに氣附きぬ。

      テーマ:
  • 09 Dec
    • 産經新聞の件

      「この事件の過程で驚いたのは、意外なほど多數の日本側の政治家、元外交官、評論家といふやうな人たちが、産經新聞に対して『韓国側に謝罪の意を表明すべきだ』と持ちかけてきたことだった。 社長の私がソウルへ行って一言でも謝れば、韓国側は加藤記者の起訴を取り下げ、日本への歸國も許すだらうといふのだ。ソウルへ行けないのならば、東京の韓國大使館を訪れて『遺憾』といふ言葉を述べるだけでもよい。その謝罪を内密にしてもよい。そんなことを傳へてくる日本の政治家たちがあとを絶たなかった。有力な政治家たちも含まれてゐた」十一月二十九日に産經の社長の熊坂隆光氏の仰られたるところなり。韓國は外國なり。然れども金のためならば政治家や評論家は彼の國に拝跪し、新聞社に道理を曲げろと壓力をかける樣だ。事件は二年前の平成二十六年八月七日に、産經新聞のソウル支局長が中央地方檢察廳に拘禁せられたることなり。理由は、産經が客船沈没時の大統領不在に關する醜聞記事を載せたことださうだが、これは他の新聞も載せてをり、産經だけを罰するは不當なること明白なり。毅然としたる態度の産經は稱讃せらるべきなり。然れども、上の發言から明らかな樣に、多くの國内の政治家や評論家が産經に對して韓國に謝罪せよと壓力をかけた樣である。賤しいこと限りなし。産經新聞は取材の關係もあり、輩の名は公開できないであらうが、その奴等はリストにしておくべきなり。

      テーマ:
  • 01 Dec
    • 悲劇縱走

      已んぬる哉。御讓位の件、攝政を置く正規の道は顧みられず、歷史上數多の悲劇を生みたる讓位が行はれむとしてゐる。有識者會議の言動より引き還すこと能はざる樣に思ふ。抑々、今上陛下におかせられましては、フイリピン行幸啓にて擧動不審であられたり。その時に皇室会議を開き攝政を置くべきでありたるにも關らず、宮内廳も政府もつゆ動かず、竟に陛下御自らビデオメッセージなるもので、國民をして讓位へと道を開かしむることとなるは、手續きとしても違法であり、多々瑕疵あり。されどこれが受容れられ覆へし得ぬとはうれたきことなり。無理が通れば道理が引込むといふが、これほどの無理な話が行はれては、今後更なる無理又は悲劇が起ることも有り得る。特別法で對處する道が拓かれたれば、次は女帝、次は女系と相次いで特別法で通ることにもなりぬ可し。その根據が國民輿論の支持といふのであるからGHQのデモクラシーも本當に最盛期となりたり。園部逸夫はじめ國賊の大石眞、高橋和之、百地章、保阪正康、所功、岩井克己、石原信雄らの名を銘記しておきませう。

      テーマ:
  • 09 Nov
    • マイクの落選

      マイク・ホンダ議員が落選 米下院選 慰安婦問題で日本非難決議を主導>米大統領選と同時に8日投開票された米下院選で、2007年に慰安婦問題をめぐる日本非難決議を主導したカリフォルニア州17区の民主党の日系議員、マイク・ホンダ氏(75)の落選が確実となった。めでたし。かういふ惡人は許し難し。

      テーマ:
  • 22 Oct
    • 危ない時代

      最近、皇室の御事で有識者といはれる者が集まりて、讓位の件を話し合って居るが、その動向の危うきは尋常に非ず。彼らは已に決まってゐる結論すなはち讓位について、議論が盡されたといふ口實のために招集されたに過ぎぬ。その間に文屋が世論調査を繰返し行ひ、國民の支持ありと盛んに騷いでゐる。ここまで危き時代が來るとは思ってもゐなかった。國民の總意なる言葉は憲法にあり、將に皇室問題さへ國民が總て決めてしまはんとすといふことなのであらう。有識者會議がこの言葉を用ゐてゐた。おほけなし。もう時計の針は戻せぬのであらうが、斯かる愚かなことを現内閣と國民とが行ひたること、末代までの恥ぢである。然れどもかうなってしまったのはビデオメツセージのせいであり、今上陛下には斯かる恐ろしい事態をのぞまれたのかもしれぬ。この愚劣な時代を直して行かねばならぬと思ひぬ。

      テーマ:
  • 13 Oct
    • 英國の歐洲聯合離脱

      英國の歐洲聯合離脱に關して、知人曰く「愚劣の極み、世の流れに反す」と。然れども吾人はさうは思はざりき。假に私が英國人ならば、聯合離脱支持であったであらう。この件に關して上野景文といふ人が面白きことをのたまはれたり。氏の意見を要約すると、英國の聯合離脱は、嘗てヘンリ八世が首長法を制定してローマカトリックと対立したる如く、歐洲を國家の枠組みを超えて支配する組織、とりもなほさず歐洲聯合に對抗したるものといふのである。英國はローマ敎會や歐洲聯合のやうな超越的權力を嫌ふ気質があるさうなり。ここからは私の意見であるが、英國と異なり獨等大陸の歐洲國家は歷史的に羅馬敎會の支配下にあったので、宗敎改革以降ゐなくなりたるそれに代はる歐洲聯合を求めるのであらう。さう考へると、歐洲聯合とは極めて歐洲獨自のもので普遍性無きものなのであらう。いづれにせよ、歐洲聯合は西戎の陋習がうみたる物で御國にはどうでもよきことなり。これを世の流れと捉へ、英國をしたりがほで攻擊する文屋の愚劣さが際立ちたるのみ。文屋の論ひを鵜呑みにする輩は自省すべし。

      テーマ:
  • 01 Oct
    • 愚者の集ふ有識者會議

      陛下の讓位に關する有識者會議の名を觀るに下種ばかりで、あさましきこと限りなし。そのうちの一人の女は經歷詐稱が疑はれてゐる。しかもこの愚の集ひには皇室や神道、有職の智識を持つ者が無いといふ始末なり。一體何をか話すといひたし。御國が愚かなる下種に汚されて悔しい限りなり。「高い識見を有すると同時に組織の經營や管理など經驗が豐富な方々を選んだ」さうだ。

      テーマ:
  • 12 Sep
    • 攝政のみ

      天皇陛下の勅語に應へるに、讓ゐはよろしからず、ただ攝政を置くのみ。先例を崩せば更なる災厄を招くべし。陛下の出席せらるる種々の記念行事の主催者や都道府縣知事らは陛下の御出席を鄭重に辭退し奉るべし。陛下には宮中祭祀や皇統のことに御專念遊ばし給ふべし。

      テーマ:
  • 26 Aug
    • 愚老の妄言

      二階幹事長、女性天皇を認めねば「時代遅れ」自民党の二階幹事長は25日、BS朝日の番組収録で「女性尊重の時代で、天皇陛下だけはそうならないというのはおかしい。時代遅れだ」と述べ、女性天皇を認めるべきだとの認識を示した。皇室典範は皇位継承を男系男子に限っており、女性天皇の実現には典範改正が必要になる。 二階氏は収録後、記者団に「諸外国でもトップが女性である国がいくつかある。日本にもそういうことがあったらよい」と語った。また、政府が天皇陛下の生前退位を巡って有識者会議設置を検討していることに関し「(女性天皇の検討も)この機会に一緒にやれれば良いが、やれなければ切り離せば良い」と述べた。無智蒙昧の輩は自らが如何に恥づべきことを言ってゐるのか分からぬ樣である。この樣な下衆が與黨の幹事長といふのは歎かはしきことなり。されど、斯ういふ話が出始めたといふことは、やはり與黨内でも女帝の話が進んでゐるのであらうか。うれたきことなり。

      テーマ:
  • 25 Aug
    • 天皇と國民

      今上陛下の此れまでの御發言や御提案には受け難きこと多く、何故さういふことを爲さるのか解せなかった。然しつらつら考へるに、恐れ多いことを申すが、一貫して其処にあるのは国民への阿りである。今上陛下の御發言には國民に對する怖れが感じ取れる。抑々、恐縮すべきは吾々國民であり、陛下は堂々とされるべきである。然るに今は陛下が國民を恐怖し、國民が憲法に示された國民主権を笠にきて威張ってゐるといふまことに恥づべき事態に陷ってゐると思ふ。かうなってしまったのには色々事情がある。まづ今上陛下には皇太子時代に大東亞戰爭の終戰を迎へられ、戰後の左翼全盛期の中で樣樣な非禮を受けられて來られた。愚かな大衆の分を辨へぬ低俗さには本當に許し難きものがあった。更に戰爭の責任を皇室に求める輩も居り、今上陛下には大東亞戰爭が我々以上に心の傷となられてゐるのであらう。また、侍講の敎育が惡かったといふこともあらう。されど、それ故に國民を恐れる天皇といふ今の在り方を肯定する譯にはいかぬ。國民、否、世論の中心にゐる左翼に迎合して好評價せらるることを象徵天皇と定義し、それを演じることを御自らの御勤めと考へられては、此れまでの皇室を支へてこられた無數の先祖に申し譯が立たぬ。天皇の最優先すべきは皇統の繼續なり。平成の御代となりゆくりなく皇位繼承が困難になりたることは、將來に禍根を殘すことにならう。先のビデオメッセージなるものにてそのことが觸れられてゐないのはどうしてであらう。天皇陛下には、左翼より古き皇統に對して畏怖の念を持たれるべきである。

      テーマ:
  • 14 Aug
    • 御發言について

      八日に天皇陛下の御發言があれど、數日後には種種の事件がたてつづけに起こりて、全く報道せられなくなりぬ。然れども御發言には想ふこと多々あるので記さむ。まづ、内容は御讓位して上皇に御成りになりたく、攝政は厭であると仰せになられたいふところであらうか。然れども、攝政を設けるのが慣例であり、御讓位は受けいれ難し。何故ならば、讓位となれば皇室典範の定めぬところであり、樣樣な困難が現れてくるからである。まづ上皇が出現することに起因して問題が起こるであらう。天皇との關係もさうであるが、上皇の發言は他の宮家とは異なり、相當な政治的影響力を持つことにならう。されば縱令御くらゐを讓られてもなかなか天皇以上に發言に気を附けねばならぬといふことにもなるべし。また攝政を置きたくないといふ御意向は、その理由とあはせて全くうけ難きことなり。大正時代も攝政が置かれたが、國政は混亂しなかった。寧ろ、尖閣で唐戎が狼藉をはたらくときにかかることを發表したことが混亂を助長し、諸制度を改めよといふ御發言の趣旨こそ將來の困亂の基となりぬべけれ。上記の通り、私はどうしても受けいれ難いと思ってゐる。政治的な意圖が見えてならぬ。平成の御代となり皇室の混亂は甚だしきものあり。抑々東宮の御結婚も外務省との政略結婚であり、その結果が今の皇統の先細りとなりぬ。今上陛下の火葬の御提案は輕率と言ふほか無し。その上、さらに混亂を助長するかかる御發表が行はれるのは何故であらう。一方、國民も皇室の混亂を知りつつも安穏としてきた責任を感ずべし。文屋は陛下の御意志だからそれをそのまま受け入れよと強要するが、讓位に反對するものの意見も示すべきである。このままでは園部らが集ふ有識者會議がつくられて、女系天皇論に何人も反對できなくなってしまふと思ふ。さうなれば吾々の世代は末代まで輕蔑されることとならう。

      テーマ:
  • 06 Mar
    • 梅の花

      仕事の行き歸りに梅の花をよく見る。櫻に較べると花の數が少なく、落ち着いた美しさである。いづれも甲乙附け難い。ただ梅の花は春が近附きたることを知らせてゐる。されど今日は寒かった。

      テーマ:
  • 14 Feb
    • 久しぶりの更新

      漸く光回線が開通し、ブログを更新することが出來るやうになりぬ。今年は御御籤が凶であったので、大變不吉な年となりさうである。気を引締めていかねばならぬ。

      1
      テーマ:
  • 23 Nov
    • この子の七つのお祝ひに

      この子の七つのお祝ひにてふ映畫があった。最後のどんでん返しを知りたくなければ、讀む可からず。マヤといふ女は小さい頃、母マユミと二人で暮らしてゐたが、とても貧しい暮らしであった。マユミがいふところによると、父がほかの女をつくり、母の宝石類もすべて取って行ってしまったといふことである。マユミはマヤに父を憎め、恨めと敎へる。マユミはマヤの七つの誕生日に手首を切って自殺する。マヤは父に復讐す可く、残された父の手形を手掛かりに手相占ひになって父を搜し、竟に父を見つけるのであるが…。實は父とマユミは唐土から逃げるための偽装結婚であり、マユミとの子のマヤは生まれてすぐに鼠にかじられて死んでゐた。それ以降マユミが狂ったので父はマユミに大金を渡して別れ、元の妻のもとに戻ってキエといふ子もできたが、その子をマユミにさらはれてしまひ、マユミはその子をマヤとして育てたといふのである。勿論最も悪いのはマユミであるが、マヤは何人もの人を殺していく。残忍な話であるが、マユミ的なものとマヤ的なものとは現實の世にも存在し、同じやうな悲劇を起してゐる樣に思へてならない。それは次回述べようと思ふ。

      4
      テーマ:
  • 14 Nov
    • 霜月になりて

      個人的な話であるが、今年はこの數年ではもっともさまざまな變化があった。大變充實した一年であったと思ふ。これほど多くのことを實現した年は無かったと思ふ。木々の葉も落ちはじめ、冬も本格化しさうなのであらうが、例年より暖かく實感がない。何時頃になると嚴しい寒氣が訪れるのであらう。フランスや中東では物情騒然としてゐるが、御國は平穏無事な日々が續いてゐる。一頃の樣に不安定な政權でなく、初秋の安保騒動も已に人々に忘れ去られてゐる。あの樣な空騒ぎに踊る愚者が安穏としてゐられることが、御國が平和であることを證明してゐる。

      1
      1
      テーマ:

プロフィール

AD

このブログの読者

読者数: 0

読者になる

お気に入りブログ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。