ワールズエンド・ツアー

田中ビリー、完全自作自演。

完全自作、アンチダウンロード主義の劇場型ブログ。
ロックンロールと放浪の旅、ロマンとリアルの発火点、
マシンガンをぶっ放せ!!


   【当サイト暫定イメージ動画】The Journey Man   





「あの夏、僕らは流星になにを願ったんだろう……」
 2011年、夏。このブログでご好評いただいた小説「流星ツアー」を表題作にした短編集がAmazonペーパーバックとして出版されました。
 表題作「流星ツアー」の他、好評の小説3編(「スタンド・バイ・ミー」、「戦時のポストマン」、「楽園はイレギュラー」)を同時収録。
 Amazonにてお買い求めください。

★目標は書籍刊行化、及び商業作品化です。
★なお、本ブログに掲載されたテキスト、写真、イラストなどは本人によるオリジナルです。特定の表記がある場合を除き、著作権は本人に帰属します。


Copyright (C) copyrights.BILLY TANAKA All Rights Reserved.
NEW !
テーマ:
image

「砂の時間」


磨き抜いたナイフの切っ先、それを斜め横から数万本、
黄昏れ過ぎて誰もいない、暗がる夕は真冬始める風が啼く、
月は今夜も夜更かしをしてる、尖った枝に突き刺さってた数分前から滴を流し、

血はない、其れは流れることもない、
哭きそうなんだ、それでもそうしないのは何故か、
腹の底から吐き気がするのに、差し込む指には唾液でさえ絡まない、
ナイフに生まれりゃ良かったなんて、どうでもいいって咥えタバコのアコーディオン、

口笛吹いてた、楽器を持っていないから、
せめて音のなかに溶け込めるならなんでもいいって、
手のひらには空を透かした青一滴、想うことはそう多くなく、
磨き抜かれたナイフの気分がいまだに腹に生きているのは何故なんだと自問する、

紫色の雨が降ってた、犬が其れを眺めて吠えた、
お前はどうにも間違ってるぜとしかめっ面した野良の茶色が、
握り締めているのはナイフ、柄には祈りの聖母が笑みを、
口笛吹いてナイフの気分になったつもりで只々歩く、
磨き抜かれたナイフに生まれ変われたらって、気狂いじみた想いを持って未だ在る、

時間は今日も砂が如くひたすら流れ、
押し出されるよう僕たちは、
砂のなかから呼吸する、
時間がいまも砂のように流れゆく、










machinegunbilly on instagram
Instagram





 【 厳 選 】 当サイト既出人気記事一覧 ☆【絵本】 きみといっしょに

★【動画】 星空サーカス

★【体験談】 白内障だったんです。

☆【長編】【失笑青春バンド小説】 イケメン・ジョニーはスーパースター
★【短編ノワール】 国境線上の蟻
☆【童話】 砂時計のクロニクル

★【自薦詩集】 「草原の人」を含む21編
☆【自薦詩集】 「草原には君がいた」を含む36編
★【自薦詩集】 「聞こえてくるアコーディオン」を含む26編
☆【自薦詩集】 「救世の子供」を含む31編

★【掌短編集】 ショートショート・フィクション

【更新!】 当サイト全著述者紹介




Copyright (C) 2017 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


応援クリックをどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「見上げれば鮮やかすぎる」


見上げれば鮮やかすぎる、青は浅い波間のように、
天を突き抜く、色が意味をなさなくなって、
如何に大きく青くあろうが、救われるでもなかろうに、
不甲斐ないから遥か彼方を見ているふりして雨が降ればいいと思った、

荒れに荒れた季節は過ぎず、手の中に冷えてくのはダージリン、
香も熱も凍りゆく、見上げた空の、そのあまりの極彩色に、

言葉など在るはずもなく立ち尽くす、
感嘆さえ遥か超え、もはやそこには畏怖しかなかった、
鮮やかすぎて目に染みる、天が堕ちてしまえばいいと、
去来の想いの途方のなさよ、

群れから離れる一羽の白は、無垢なる其れより濁る冬を越える者、
雪のなかで揺れながら、浮き沈む、打ち際にて砕かれて、
弾ける泡の粒に宿る光のよう、

儚く咲いて儚くも散る、
飄々さえも冷淡に、ひとつの感触、感慨もなく、
儚く咲いて儚くも散る、
なぜそのように孤独に喘ぐこともなく、
全うすべきの命になれない、滑稽すぎるヒトがいる、
















machinegunbilly on instagram
Instagram





 【 厳 選 】 当サイト既出人気記事一覧 ☆【絵本】 きみといっしょに

★【動画】 星空サーカス

★【体験談】 白内障だったんです。

☆【長編】【失笑青春バンド小説】 イケメン・ジョニーはスーパースター
★【短編ノワール】 国境線上の蟻
☆【童話】 砂時計のクロニクル

★【自薦詩集】 「草原の人」を含む21編
☆【自薦詩集】 「草原には君がいた」を含む36編
★【自薦詩集】 「聞こえてくるアコーディオン」を含む26編
☆【自薦詩集】 「救世の子供」を含む31編

★【掌短編集】 ショートショート・フィクション

【更新!】 当サイト全著述者紹介




Copyright (C) 2017 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


応援クリックをどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


【インスタグラム】黄昏る湖面にて。


肉体と云う容器に魂を宿らせて生きる。
どちらも光を欲するが、易々と手にできるものではなく、依って魂は揺らめき続けることになる。

湖面の底に眠る石のように沈黙にて眠り、着水する水鳥のように細い手足を蠢動させる。

黄金を想起させる太陽が水に浮かぶとき、そのすべてを取り込もうと深く呼吸する、飲み込もうと呼吸する。

生きている。
日々を生きている。それがすべてだ、他にない。
この肉体という容器に魂が宿り続ける間は。










machinegunbilly on instagram
Instagram





 【 厳 選 】 当サイト既出人気記事一覧 ☆【絵本】 きみといっしょに

★【動画】 星空サーカス

★【体験談】 白内障だったんです。

☆【長編】【失笑青春バンド小説】 イケメン・ジョニーはスーパースター
★【短編ノワール】 国境線上の蟻
☆【童話】 砂時計のクロニクル

★【自薦詩集】 「草原の人」を含む21編
☆【自薦詩集】 「草原には君がいた」を含む36編
★【自薦詩集】 「聞こえてくるアコーディオン」を含む26編
☆【自薦詩集】 「救世の子供」を含む31編

★【掌短編集】 ショートショート・フィクション

【更新!】 当サイト全著述者紹介




Copyright (C) 2017 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


応援クリックをどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。