本日、古勝さんが監督されている映画、「トテチータ・チキチータ」を観に行きました。

都内ですと、横浜と銀座で公開されており、私は父と銀座のシアターに行きました。


ここ数年映画を観ておらず、久しぶりの映画でしたので、

最初は入り込み方が分からず、つい「あーここの台詞はこの方が……」なんて思ったり。。

つい台詞や脚本を気にしてしまうのは、私が普段ボイスドラマやゲームを聴いたりプレイする際、

やはりその部分を気にしつつ拝聴・プレイする癖があった為もあります。

作り手ならではなのかもしれませんね。


古勝さんは元々舞台の方で活躍されている方と聞いていたので、(既に一回観ていた)父には、舞台のような演出があると言われ、かなり身構えて観ていました。

身構えていたというのは、観る前のイメージとして、父の話や公式ホームページ様の雰囲気から、渋い感じの作品というものを持ってしまっていた、というものもありました。


ですが、作品自体とても不思議で可愛らしいものでした。

最初は割とカットが多く、個人的には「うーん」となりましたが、この作品でしたらその部分も頷けます。

世界観やキャラクターがはっきりとしており、とてもすんなり観れる作品でした。

私自身、このような映画は初めてだったので、更にその不思議さが私の中で大きく残っております。

グッと来るような場面もいくつかあり、役者さんの芝居も素敵でした。

役者さん本来の個性と映画のしてのキャラクターが、上手く調和していて感動ポイントに拍車を掛け、良いキャスティングだったと思います。


やはり、舞台のような演出もありましたね。

芝居の間や、撮影の仕方、光の当て方等、部分部分「父の言っていたのは、こういう事か」と思いつつ、

ですがそれが素敵な色となり、作品を映えさせていましたし、良い効果として作品に取り込まれていたように感じました。

情感に訴える演出や芝居も見どころです。

男性には少し観難いとも聞いておりましたが、かなり分かり易い演出だったと個人的には思います。

私が女性故かもしれませんが、如何でしょうか。

それは、近日もう一度数人の男性と観に行くので、聞いてみますが。


出品されている映画祭では、どのような評価をされるのか、そこも注目ですね。

かなり日本人向けの作品だと思いますので、外国の方が観るとどう映るのか気になります。


未だ観ておられない方も多くいらっしゃると思いますし、

今回は内容には触れずにおきます。

パンフレットにも載っていますしね。

そして、映画評論家でもありませんし、個人的なここはこう、という感想は控えさせて頂きます。

そういえば、パンフレットには福島のロケ場所等も載っています。

300円とかなりお手頃価格ですので、映画を観る際には是非購入しては如何でしょうか。

AD

近況

テーマ:

あけましておめでとうごさいます、kettenです。

本年も宜しくお願い致します。


最近はオフが少しバタバタしていましたが、やっと落ち着きました。

来月には余っている有給をがっつり使うつもりなので、作品制作もがっつり進めたいと思います。


さて、最近は依頼が多くとても嬉しく思います。


桜井みお様企画「ラストバレンタイン」の脚本を担当しました!

純愛ものですよー!

HPから飛べますので、チェックして下さい!


その他、某サークル様のシリーズものの、脚本、監督、編集をさせて頂く事になりました。

あと、長編脚本の依頼もお受けしています。

公表できるようになりましたら、またここで連絡します。


M3ですが、現在当落待ちです。

新作「エロ恋!」を頒布する予定です。

シリーズものなのですが、第一弾はオジサマ編!

オジサマ好きにはたまらない作品になるので、ご期待下さい!

勿論囚われ者も持って行きます。


それでは。


AD

M3から少し日が空いてしまいましたが、、

今日は、kettenです。


囚われ者、ついに販売開始スタートしました!

現在はDL販売のみ行っていますが、追々パッケージ版の通販も開始する予定です。

M3で購入できなかった方は、この機会に是非!


話が少し変わりますが、M3お疲れ様でした。

色んな方とお話が出来て楽しかったです。

頂いたCD、購入したCDはまだ全部は聴けていないのですが、

落ち着いたらじっくり聞きたいと思います。


さて、私の現状を少し報告しますと、

現在某氏よりボイスドラマ脚本の依頼を頂いており、全力で書いてます(笑)

まだ水面下ですが、詳しい事が決まり次第また報告します。


そして、自分のオリジナルですが、次回作はゲーム作品の予定です。

当初来春に発表する予定だったのですが、少々大規模な企画になりそうなので、

長い目で再来年完成を考えています。

イラスト、シナリオ、音楽、全てボリューム満点になる予定ですので、お楽しみに!

ちなみに、18禁女性向けゲームの予定です。


それでは!


AD