誠 Weekly Access:筆者が注目した記事は、「Chanko Dining(ちゃんこダイニング)若」の運営会社ドリームアークが経営破たんしてしまったというニュースだ。

 元横綱の花田勝氏がプロデュースしたちゃんこ店ということで、ミーハーな筆者は「1回、行ってみたかったなあ」と残念に感じていた。しかし、ネットサーフィンしていると、「普通に営業しているよ」という話を見かける。「えっ、そうなの?」と思って、Chanko Dining 若の公式Webサイトを見ると、次のように書いてあった。

 現在、株式会社ドリームアークと『ちゃんこダイニング若(全店)』」とは一切関係なく、フランチャイズ店舗として各店通常通り運営しております。

 今後とも、『ちゃんこダイニング若』では、お客さまにご満足いただけるお店となるよう、従業員一同、一丸となり努力して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

・六本木店・新宿店・吉祥寺店・立川店・町田店・大宮店
・名古屋栄店・ヨドバシ梅田店・北新地店・岡山店
・広島店・小倉店・福岡博多店

 上記店舗は、これまで通り営業しております。

 営業継続する店舗を数えてみると13店舗。デイリースポーツでは「ドリーム社などによると、国内外15カ所で展開していた店舗は一部を除き、フランチャイズ契約していた別法人によって営業継続される見通し」と書いているので、今回の騒動で閉鎖した店舗は2つのみのようだ。

 筆者も昔、アルバイトをしていたことがあるので分かるのだが、鍋ものがウリの料理店の場合、夏場の経営は非常に厳しい。夏に従業員への給料の支払いが遅れ気味になって、年末の忘年会需要で一気に取り返すという店は多いだろう。残ったChanko Dining 若の店舗は、運営会社が経営破たんした上に、これから一番厳しい季節に入ることになるわけだが、何とか頑張ってほしいなと思っている。【堀内彰宏】

【関連記事】
上海万博のロボット、“魯班ちゃん”を見にいきたい
本当においしいのは“無名力士”の店? ちゃんこ「若」倒産の裏事情
“スペック”が高い人の特徴

「気持ちや要望伺いたい」長妻厚労相、今夜B型肝炎原告団と面会へ(産経新聞)
<自民党島根県連>青木幹雄氏長男擁立へ 参院選(毎日新聞)
米国務長官「北の挑発行為には報いがある」(産経新聞)
口蹄疫 3月末の感染を県調査で見逃す(産経新聞)
<普天間移設>首相への期待捨てず 「県外」と言った初のリーダー 県民抗議も感情複雑(毎日新聞)
AD