政府・与党は11日、第2次大戦後にシベリアなどに抑留され、強制労働させられた元日本兵らに対し、最高150万円の特別給付金を支給することで基本合意した。今後、野党側にも協力を呼び掛け、支給のための議員立法を今国会に提出。会期内に成立を図る考えだ。
 抑留者に対しては、1988年に設立された平和祈念事業特別基金から慰労品が贈られている。しかし、強制労働への補償としては不十分との声も強く、抑留者の高齢化が進んでいることから、速やかに対応する必要があると判断した。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
旧海軍幹部の証言集刊行=内部批判、政府や陸軍に不満も
生方氏の「座長」交代=民主
西松建設との和解を拒否=中国人強制連行で一部元原告

2010年の子ジカ第1号が誕生=奈良〔地域〕(時事通信)
ニセ女医の要望スンナリ、病院200万円支出(読売新聞)
民主議員発言で米側混乱 「地元賛成」とウソ 政府断念の伊江島案(産経新聞)
赤旗配布2審も有罪 「表現の自由」判断二分(産経新聞)
将棋の加藤九段に野良猫への餌やり禁止命令(読売新聞)
AD