多様な連絡手段のインフラ化

11月8日(火)7講義目
今回の授業ノートです。↓
今回は連絡手段のインフラ化について話していきたいと思います。
 
 
 
 
このように、今の時代ネットに上げてしまったアドレスは簡単に取得されて
しまいます。たとえ仕事で使うとしても、EメールはHPなどに載せない
(HTML、画像も)方が良いです。また、名刺に載せているメールアドレス
は法律上、公開okということになっているので危険です。
もし仕事などで使う場合はGmailを使ってみてはどうでしょうか。
 
 
 
迷惑メールに一番いい対処法は無視することです。
スパムが減っているのは、LINEを使用する人が増えたからなのかも、
と思います。
 
 
 
CCとBCCの違いを簡単に言うと、CCは見るだけ、BCCは返信もできる、と
いった感じです。
   
 
   
補足:現在Twitterの文字数はアカウント名を除く140字になっています。
どんどんこういった機能を使いこなしていきたいですね。
 
  
情報が欲しい人は見て、情報が入らない人はスタンプを貰ったらすぐに
ブロックができる。メールマガジンよりも簡単でストレスがなくいい方法
だと思います。
 
 
SNSが普及した今の時代ならでこその便利なシステムです。
 
 
 
これまた便利な機能です。友達、仕事仲間、などで使い分けるとさらに便利
に使うことができます。
 
 
  
人口知能の発展は近年さらに目覚ましくなり、私たちの身近にも使われる
ことが多くなってきました。
 
 
 
 
講義を受けた時、なるほどTwitterを掲示板として使う方法があるのか、
と驚きました。
せっかく日頃からSNSを使っているので災害時にも最大限活用していきたい
です。
 
 
横田秀珠先生のHPはコチラ
 
ここまで読んでくださってありがとうございました!
AD