2007年10月07日 20時00分00秒

★従軍慰安婦の強制連行の証拠?!其6 (最終回第3章)

テーマ:☆従軍慰安婦問題

従軍慰安婦の強制連行の証拠?!シリーズで、以前、朝鮮戦争時の慰安婦の政府関与の資料について述べさせて頂きました。(http://ameblo.jp/nidanosuke/entry-10028163672.html


その時の画像がこれです。


ungun

1961年9月14日 東亜日報より



この画像は、僕の予想以上に反響がありました。

そこで、今回は、大韓民国独立後(朝鮮戦争後)に、慰安婦がどのように扱われたかについて説明させて頂きます。


おさらいで、上記の新聞記事の全訳を載せておきます。


UN軍相対慰安婦13日から登録実施

ソウル市警では、市社会局に「国連軍相手慰安婦性病管理士業界」計画によって、三日から国連軍相手慰安婦の登録を官下一線署に伝達して実施している。
ところで、今度の登録対象は▲法的婚姻関係がなくただ一人の外国人と同居している女性▲国連軍相手慰安婦などだと言う。


一種の「国家による管理売春」が行われていたことを端的に示す証拠ですが、実際には「登録制度」だけではなく、もっと踏み込んだ管理が行われていたのです。


さらに言えば、米軍も韓国政府の慰安所管理を積極支援していました。


上記の新聞記事より数ヶ月前の東亜日報の記事で、それを確認することが出来ます。



講習1
1961年1月31日 東亜日報より


さっそくですが、全文を訳してみましょう。


慰安婦教養講習 伊淡支所主催で


【東豆川】

去る27日正午一時、ここ東光劇場では、伊淡支所主催で800余名の慰安婦に対する教養講習会が開かれた。


当地、駐屯米第7師団憲兵部 司令官、及び同民事処長等、米韓関係者が多数参席した同講演会では、慰安婦に対する徹底した性病管理を強調したところがあり、同講習会が終った後、慰安婦によって構成された歌と踊りの余興が異彩を放った。


上述の通り韓国では、慰安婦向けに性病の知識についての講習会まで開いていたわけです。

しかも米韓共同で。


朝鮮戦争以後の韓国軍による慰安婦問題では、米国の関与についての資料は余り見当たりませんが、このように、米軍は韓国で慰安婦に対して積極的な関与を行っていたことがよく分かります。


余り表に出ない米国による韓国の慰安婦制度に対する関与ですが、では何故、この時は、積極的に関与したのでしょうか?

その答えは、もう少し古い記事から推測することが出来ます。

記事自体が長いので、見出しだけ翻訳しておきます。

(というより、見出しだけで十分に状況が理解出来ますので)



講習2
1959年10月18日 東亜日報より



慰安婦66%が保菌

全国接客女人検診結果




1959年といえば、既に南北は停戦状態とは言え、まだまだ緊張が残る状況でした。何時、北朝鮮が南進を再開するか予断を許さない状況であったわけです。


そのような状況で、慰安婦が過半数が性病という状態では、到底軍隊として機能しない兵士が量産されることになります。

さらにいえば、米軍将兵だって慰安所を利用していた可能性もあるわけで、自身(米軍)将兵を守る意味合いもあったかと推察できます。

(GHQ支配下の日本の特殊慰安所を思い出してください)

また、アメリカでは、以下のようなレポートもあります。

http://apmrn.anu.edu.au/conferences/8thAPMRNconference/22.Sallie%20Yea.pdf


そりゃ、戦闘中に鼻が削げ落ちたり、股間から出る膿を気にするような軍隊なら、あっという間に赤化統一されてしまうでしょうね。


ただ、何時死ぬか分からない兵士に禁欲まで求めるのは、酷な話だと杉野は考えますので、慰安婦の関与、これ即ち全て悪である、というつもりは毛頭ありません。

ただ、事実というものが、余りに伝わっていないのではないでしょうか??


今年、ワシントンポストに「THE FACT」と題する意見広告がだされましたが、杉野としては、むしろ上述の「米軍の積極関与」を知らしめて欲しかった。


これこそ、米軍の「THE FACT」じゃないでしょうか??


大体、アメリカも自国のこうした負の歴史については目を背ける性質があるらしく、たかだか50年前の記憶も忘れ去ってしまうようです。だからこそ、アメリカの、今までの罪状を、はっきりと示して欲しかった


そんな米国なわけですから、慰安婦問題の非難決議を下したアメリカの議員の知識は、たかが知れています。


たとえば、上述の「THE FACT」に賛同された議員さんの1人でもある、こびき司議員が、ご自身のwebコラムで米国の状況を伝えてくれています。


以下、木挽議員のWebコラムからの引用(一部略)です。



木挽司

慰安婦問題について米国の上院・下院議員たちと話してきた同僚議員の報告を聞いた。
報告によると、マイク・ホンダ議員がヒーロー気取りで活動している一方、他の米国議員たちに驚くほど事実が伝わっていないことがわかった。

同僚議員は「誤解と錯誤に満ちていた」と語りはじめた。

「面談した米国の議員たちは、ことごとく日本国民が今まで一度も謝罪したことがないと思っている。また、慰安婦に対して日本がファンドを作って、そのうち70~80パーセントを負担していることについても知っている人は皆無だった」

その話を聞いた米国議員の反応は一様に「もしそれが事実ならスポンサー(決議への賛成を)を辞める」というものだったそうだ。

きっちりと対応すればいい方向へ動くということだ。

では、なぜ今までこうした話し合いができていないのか。
日本の外務省は、大使館は何をしていたのだということになる。

情けない話だが、これが日本の外交の実態だ。

http://www.kobiki.info/column/ct-column.cgi?mode=al2&namber=153&rev=&no=0&P=R


(引用終わり)


如何にアメリカが日本について無知だということが、如実に表れている報告ですね。

慰安婦の非難決議は、全く知識の無い素人が下した決議であると言っても構わないでしょう。

(しかし、そんな米国が世界の警察、というのも恐ろしいことですが・・・)


国会議員の中で1人でも良いので、正しい知識を世界に伝えて欲しい・・

サラリーマン杉野洋明のささやかな願いです。


♪※♪※♪※♪※♪※♪※ 関 連 書 籍※♪※♪※♪※♪※♪※♪


慰安婦と戦場の性 (新潮選書)/秦 郁彦
¥1,680
Amazon.co.jp

従軍慰安婦・慶子―死線をさまよった女の証言/千田 夏光
¥1,785
Amazon.co.jp

ここまでわかった!日本軍「慰安婦」制度
¥1,050
Amazon.co.jp

「従軍慰安婦」問題 (WAC BUNKO 66)/黄 文雄
¥800
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

杉野洋明(SUGINO YOMEI)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■とても参考になります。

貴重な情報をありがとうございます。

1 ■いつもご苦労様です。

使わせていただきました。
またもっとがんばってください。学者さんの調査能力こえています!

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。