2007年04月25日 23時50分04秒

★SAPIOで杉野のブログがパクられた?いや、引用されたというべきかな・・・?

テーマ:☆従軍慰安婦問題

5/9号のSAPIOに「虚妄の従軍慰安婦論争を撃つ」とあったので、勉強がてら読んでみようかと(久しぶりに)SAPIOを購入した。

昔からの執筆者の井沢元彦氏の記事や西尾幹二氏の記事。それはまあ良いです。


気になったのは、水間政憲氏の記事です。

杉野が紹介した東亜日報の記事がそのまま使われてます。


まあ・・・amebaブログでコソコソ発表しているより、SAPIOのような影響力の強い雑誌に紹介された方が良いんでしょうけどね・・・




sapio1


ところで、記事によると、

「1930年代の朝鮮の新聞が綴っていた「朝鮮での婦女子誘拐」に関する記事が一部インターネット上で話題になった中略しかしネット上の情報であり、実際、その記事が存在したものかどうかが突き止められなかったところが著者が追跡調査した結果、国立国会図書館関西館(京都)に所蔵されていたのである

(SAPIO 5/9号 23ページ)


・・・僕のブログは一部のインターネットに過ぎないわけですね(T_T)



しかし、確かに戸籍の偽造の記事や醜業中国人の記事は僕がブログで上げた画像とは少し違うので、国会図書館で発見したという記事かも知れませんが、他の記事は、なんか僕のブログの画像をそのまま使われてる様な気がする・・・


まあ、それも良しとしましょう。しかし、折角、SAPIOという影響力のある雑誌に「ジャーナリスト」の肩書きで記事を載せられるんだったら、著者の水間氏には、もう少し深堀した記事を書いて欲しかったなあ~



だって、僕が上げた誘拐の記事なんて、

氷山の一角なんだから。



例えば、1939年8月5日の東亜日報の記事には


sapio2


誘拐犯の顔写真入りの記事(しかも処女貿易とまで

言われてる)があるし、


1934年の4月14日の記事では


sapio3

災害地で「仕事を紹介してやる」と甘言を用いて遊郭に騙し売ろうとした火事場泥棒のような誘拐犯の記事もある。



折角、SAPIOで慰安婦問題の特集をやるんだったら、こういった記事も紹介して欲しかった。

だって、僕のブログを見てる人から見れば新たな発見が

ほとんど無い訳ですし・・・


リーマンが仕事帰りに自宅パソコンでブログ書いてる内容に

「ジャーナリスト」が負けちゃ駄目っすよ・・・水間さん。


ってことで、今日はもう寝ます。

しがないリーマンは辛いです・・・

杉野洋明(SUGINO YOMEI)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。