2006年01月28日 21時55分20秒

★嫌韓流 実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアルを読んで③

テーマ:☆嫌韓流を批判する

1月26日に「DJ DOCがFUCK ZAPANという歌を歌った」というのは、

極めて怪しいと思われる理由を説明しました。


ところで、Doronpa氏が紹介されたFUCK ZAPANの歌詞ですが、これは

ニダの介が、昨年の10月3日の当ブログ で、歌詞の全訳を全て公開して

おり、実際に歌を聞くことが出来るリンク先も紹介しております。


それで、この歌ですが、どうやら「百済」というインディーズバンドによる

ものと思われます。しかし、一時期韓国のネット上で少し話題を呼んだだけで

その後、このバンドは殆ど人気が出るわけもなく、消えていった模様です。

百済に関して色々調べましたが、韓国語での資料が殆ど見つかりませんが

それでも何件かはひっかかります。(daumでは3件HIT)


しかし、日本の検索サイトでこの「FUCK ZAPAN」を検索すると、何故か、

DJ DOCが歌った「FUCK JAPAN」として、この歌を紹介するHPがやたら

HITしてしまいます。




では、この一連の騒動は何処から出たのでしょうか?


...と他人行儀に書くのは少し気が気が引けます。というのも、この百済の

「FUCK ZAPAN」の日本語の翻訳を、ネットで初めて公開したのは、恐らく

この僕だからです。


上述の10月3日のブログでも触れておりますが、実は、2002年の10月に

2ちゃんねるで「【怒】 DJ-DOCの曲[FUCK Japan]翻訳希望」というスレが

立ち、そこでニダの介が翻訳しました。

http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1034182628/


現在、日本で確認できる「FUCK JAPAN」の日本語歌詞が掲載されてる

HPを見ると、僕が2002年に2ちゃんねるで発表した訳文と、ほぼ一致する

ようなので、どうやら、ニダの介の訳がどんどんコピペされ、増殖して

いったみたいです。


そして、Doronpa氏もこの歌詞を「嫌韓流 実践ハンドブック...」に引用されて

いますが、僕が訳した内容と一致しますね。


勝手にパクんなよ...などと無粋なこと(というより、著作権ってないわな)は

ニダの介には言えません。


まあ、個人の責任の取れる範囲でやって頂ければと思いますが、もし

翻訳が間違っていても、ニダの介は責任は取れませんので(笑)


一応、もう一回翻訳をチェックしてみましたが、大きな間違いはなさそうです。

とはいえ、例えば韓国の大手新聞社が、翻訳の小さなミス等を取り上げて

「歪曲だ!捏造だ!」と騒がれる可能性は十分にあるわけです。

そこらへんの対策はとられているのでしょうか?Doronpa氏。




それと、リンク先を読んで頂ければわかりますが、2002年に2ちゃんねるに

スレが上がった時にも、既にこの歌はDJ DOCの歌ではなさそう、という

書き込みが多くあります。

実際に、数年前に、この歌を韓国語のサイトで調べた時、「百済というバンドの

FUCK ZAPAN」という形でHITしていました。

(当時は今よりのHIT数が多かったのは事実)


しかし、いつの間にか、日本では、DJ DOCが歌ったというのが「定説化」

してしまった様です。しかし、今まで述べてきたとおりDJ DOCは(俺、

韓国人...で始まる歌の方とは)無関係である可能性が極めて高い

のです。


このままこの本が売れていくと、数日、数ヵ月後あたりに韓国の新聞社が、

Doronpa氏の著書に噛み付く記事が掲載される可能性が高いわけですが、

この部分をクローズアップして

「「DJ DOCが「FUCK ZAPAN」を歌ったなどと荒唐無稽な歪曲情報を

垂れ流す日本右翼の嫌韓本」とか、好き勝手に記事を書かれる可能性が

あるわけです。



韓国の新聞がささいな部分を取り出して、揚げ足を取るのがすきだってことは、

中央日報の掲示板でご活躍されていた、Doronpa氏、貴方が一番ご存知でしょうに...




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

杉野洋明(SUGINO YOMEI)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■無題

通りすがり殿
Doronpa氏からの反応は今のところ無いです。まあ、ちょっとした事実誤認ですし...

1 ■無題

Doronpa氏から何か反応はあったのでしょうか?

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。