天然? 

テーマ:

久しぶりにブログを書きます。

 

日本人は忙しいとよく口にしますが・・・・しかし自分の場合物理的に忙しく・・・・

 

多少の時間が開いても集中力が持続しないんですね。

 

ブログにコメントしてくださった方々、本当にありがとうございます。

 

ブログ付けられない間、我が文具店、今期増収増益。過去最高の売上と最高益を出すことが出来ました。

 

これからはなんとか時間を作ってブログ書いて行こうかと思います。

 

あと、ブログめぐりも・・・・

 

さて・・・しばらくブログをつけてない間・・・・色々な事がありました。その中から今回はひとつ・・・

 

次男の事・・・・・

 

次男は無事に10ヶ月を迎え・・・・病気らしいこともなく、怪我もなく・・・・

 

ただ気になる事が・・・・それは・・・・

 

 

 

 

ハイハイをしない事・・・・・では現在どうしているのか?

 

 

座ったまま移動!!えらいスローペースですが目的地が決まればちゃんとそこへ移動します。

 

 

笑いながら移動・・・かわいいのですが、時折後ろに倒れて大泣き!!しかし長泣きはせず

 

抱っこするとすぐに泣きやみキョトンとした表情。この辺は長男と違うところ。

 

長男は長泣きでした・・・・

 

 

ちなみに長男はハイハイしました。ただ期間が長く約1年以上続きハイハイを完全にマスター!!

 

途中で加速するハイパーハイハイ、最初から高速で移動するスーパーハイハイなど・・・・

 

次男は果たしてハイハイするのか?

 

もう一つ・・・・・髪の毛が最近伸び始めて気になる事が・・・・・それは・・・・

 

 

天然パーマ!!

 

 

よく耳の部分がカールする話しは聞きますが・・・・次男の場合は完全に頭上がカールしてます。

 

 

自分もカオリも天然パーマではありませんが、じじが天然パーマなんです。(隔世遺伝

 

 

この先ほっておくと髪の毛が天に向って伸びつづける事でしょう・・・・・

 

 

今日はこのへんで・・・以上!!


 


 

 


 

 


 

 



AD

とりあえず復活!!

テーマ:

現在も引き続き忙しい日々を送っております。この時期本当は暇な時期なのですが・・・

 

こんなにコメントやブログを放置してますが・・・みなさんのあたたかいコメントありがとうございます。

 

必ずお返事致しますのでもうしばらくお待ち下さい。

 

なんとか時間を上手に作りつつ書いて行きたいと思います。 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------


とうとう梅雨になりましたね・・・この季節は長男航也にとってうれしい季節です。

 

なぜなら・・・・もうすぐ誕生日だからです!!今年のプレゼントは 【サンダーバード】 の基地です。

 

昨年はどんでん返しのアイスクリーム。波瀾は起きるのか?

 

それからもう一つ、かたつむりの季節です。航也はかたつむりが大好きです。前から好きでしたが、幼稚園では入園時から 【かたつむり】 マークになり、更に好きになったようです。最近はピスケがお迎えに行くと決まって園庭でかたつむりを探します。小さいのですが一匹見つけます。

 

なぜか??かたつむりに逃げられることも・・・・

 

それはいい・・・・

 

 

問題なのは・・・

 

 

毎日、てんとうむし、だんごむし、更にかたつむり・・・我が家には毎日虫が増えて大変です!!

 

晴れの日はてんとうむし、雨の日は かたつむり・・・

 

  

キャッチアンドリリースをするものの逃がすのが惜しいらしく、再びお持ち帰りということも・・・

 

航也の虫好きは果てしない・・・・今年の夏は雑木林へ行き 【かぶとむし】 【くわがた】 を探しに行く予定です。

 

おやじ仲間にスポットを確認しなければ・・・

 

とりあえず本日は以上です!!

 


 





AD

黄泉がえり

テーマ:

ようやく更新できました。前回のブログにも書きましたが何だか多忙です。今日の仕事をこなせば明日は少しはラクかなあ~ なんて思うとメールには新たなご注文。更に紹介が相次ぎ、得意先が増えてます。

今日は2件増えました。ちっぽけな商店街の文具屋でこうも好景気なところはおそらく珍しいかもしれません。

 

自分に言い聞かせてる事があります。

 

【絶対に傲慢にならない】

 

【今調子が良くてもいつか悪くなる】

 

【有頂天にならない】

 

【今日は良くても明日はわからない】

  

なのでお店の中では、あまり喜んだりしません。いつも冷静を保つためですが、たまには表情をゆるめて喜んだりしたいものです・・・立場上どうしても先のことを考えるので今100万売っても表情はあまり変わりません。

 

本当は大喜びしたいんですけどね・・・

 



最近思うことをひとつ


SMAPクサナギ君の主演している フジテレビ 【恋におちたら】 を見ています。

 

 

ドラマそのものも面白いのですが、それよりも

 

 

あの存在感はいつから生まれてきたのだろうか?実はクサナギ君のドラマはかかさず見ていました。

SMAP 5番目の男が果たしてどこまで行くのか?注文してました。

 

11年前、ボクがサラリーマンで営業をしてた頃のこと。早朝のFMラジオからは

 

【SMAP 天気予報】

 

を5分間やってました。本当は毎日交代でメンバーが出演するはずが、いつも出てくるのはいつもクサナギ君でした。たまに カトリ君で、ナカイ君、キムラ君、イナガキ君はまず出ませんでした。要は多忙な人間は出なかったのです。

 

その頃から、クサナギ君に注目しました。非常にまじめなんですね。他のメンバーはふざけてはいませんが、面白おかしく天気予報をしてましたが、クサナギ君はまじめに予報をやってました。

 

でも オーラ がありませんでした。

 

彼はこの後、どうして行くんだろう?注目しました。

 

【いいひと】 の主演で 不思議と存在感が生まれてきましたね。5人の中でルックスはどうしても劣ってしまいますが、なんでしょうか?

 

その数年後の

 

【黄泉がえり】

 

では驚きました。演技が上手くなってましたから。更に癒し系的な存在感に変わってました。

 

この作品が発表された時は、なんとなくストーリーが読めて

 

(よくあるドラマのような映画じゃないか?)

 

実際見てみると、何だか涙が出てしまいました。

 

というのも、ボクにはかつて弟がいて、今この世にはいません。

 

とは言っても32年前なので僕自身(2歳)に記憶がありません。弟は生まれて約2週間後に亡くなりました。

 

今、考えてみるともしかしたら 医療ミス ではないかと思うことがありました。

 

それはともかく・・・・映画を見て切なく、悲しく、そして優しい気持ちになりました。もし黄泉がえりが実際に起きるのなら もう一度会ってみたいです。 

 

暗い話題で申し訳ないです。疲れてるなあ・・・

  

次回は子供の話題を・・・・

 

タイトルとは関係ないですが・・・・

 

日本サッカーワールドカップ出場決定!! おめでとう!!(見てました!!)

 

以上


ザ・バッデスト

テーマ:

最近、何だか忙しいです。お店そのものはまずまずという所ですが・・・・

 

ぴすけ自身の外商が忙しく(自分で開拓したのだから当然ですが)、毎日車に荷物が満載です。

 

事務用品、一度買ったらそんなに買うこともなさそうな印象がありますが、とんでもない!!毎日どうしてそんなに使うのか?と思うほど売れてゆきます。

 

一般家庭では、事務用品はほとんど使わないと思います。

 

それから文具店では事務用品を売るほど売ってますが、実はほとんど事務用品を使ってません。

 

なので、商品の機能とか仕様はカタログからの知識、又はお客さんから教えてもらうなど・・・

 

なので相当お客さんをこなさないとレベルアップは難しいかも知れません。

 

もちろんそんなにたくさん使うのは、大きな会社、公的機関などですが、たまに無駄遣いでは?とか税金の無駄遣いでは? と思うような買い物も結構あります。

 

豪華なオフィス家具の購入、一脚10万円のイスを職員全員へ・・・など

 

まだまだ使えるものをイトも簡単に廃棄してしまう・・・・  


もちろん、それは言えません。お客さんですから。(でも言いたくなるような衝動には駆られます)

 

今週はミスも多かった、同じ部署のハンコを2回間違えて、まだ入社したばかりの20代前半男に

 

「たのみますよ!! 困るんですよね!!」

 

と言われかなり悔しい思いをしたりと・・・実につまらないミスのなので自分自身にも腹が立ちました。

 

 

そんな中、ほぼ毎日長男航也のお迎えを夕方行きます。これはわずかな時間ですが結構楽しみでもあります。一日の接点は朝と夕方のみ。後は寝顔。

 

嫌な事の後のお迎えは、心が安定します。疲れるのかなあなんて思いきやまるでなく、無邪気な子供たちを見てるとなんだか落ち着きます。

 

お迎えは車。生涯一度のハイヤー付き?な生活。車の中で最近は必ず聴く音楽があります。それは・・・

 

 

久保田利伸(クボタ・トシノブ)

 

 

最初はぴすけが聴いてましたが、いつの間にか航也が自分でCDをスタートさせて聴いてます。特にお気に入りは

 

 


TIMEシャワーに射たれて(アルバム ザ・バッデストより) 

 

「~たいむしゃわ~にうたれて~ ときのあめにさらわれて~」 この部分をよくうたってます。

 

 

サビの部分が好きで曲に合わせて歌ってます。聴くだけなら良いのですが、

 

「たいむシャワーってなに?」

 

「とけてもかまわないってなに?」

 

歌詞の意味を聞かれても分かりません・・・・

 

TIMEシャワーの次は

 

流星のサドル を今少しずつ覚え初めております。

 

「よるをこえてゆくのさ りゅうせいのさどるで~」

 

いつまで続くこの流行・・・・お友達にも教えてるらしい・・・・以上

定期検診 ~てんかん~

テーマ:

しばらく更新が出来ずにおりました。

申し訳ありませんでした。

訪問された方、ありがとうございます!!

それから自分の記事にいつもあたたかいコメントありがとうございます!!

 

 

 

5/28は、長男航也の定期検診でした。

 

定期検診は、【てんかん】 の健康診断です。 

 

発祥したのは、3歳の時でした、もしかすると生まれつき てんかん持ちだったのかも知れません。

たまたまてんかん発作が起こったにすぎないと思ってます。(大人でも潜在的に持ってる人は多いそうです)

 

今思い返しても地獄のようでした。

GWの5/3・・・・早朝・・・・

 

カオリの絶叫!!

 

「こうや!! こうや!!」

 

その時ぴすけは違う部屋にいました。すぐに飛び起きて2人の部屋へ。

 

その時見たのは・・・航也はふとんにうずくまったまま意識を失ってました。聞いてみると

 

【カオリがフッと目を覚ますと 航也はテーブルのへりにつかまって立ってました。何をしてるのか分からず

 

放っておいたのですが・・・何か臭い・・・どうやらウ○チをもらした様子。何をやってるの?と思い布団からお 

 

起きて航也のところへ・・・声を掛けると・・反応なし・・・何度も声を掛けても返答なし・・・するとそのままカオ 

 

リへ倒れこみました。そしてふとんへ】

 

 

  

そんな時にぴすけが来ました。見た時すぐ思ったのは

 

(すぐに救急車!!) でした。

 

高校の時、保健委員を3年間やった時の経験で

 

(意識がないときは危機的状況!!即救急車!!)

 

すぐに119番しました。

 

約10分くらいか・・・救急車のサイレン。救急車の後ろに更にレスキュー隊も。

 

意識がないことを聞いたのでレスキュー隊も同時に来たようです。

 

そして近くの総合病院へ搬送。

 

搬送後は CTスキャン、点滴注射と応急処置・・・・

 

(もう一生お話が出来なくなるのでは・・・・仮に戻ってきても二度と前の航也に戻らないのでは・・・)

 

と思うほど全く意識が回復せず、時が過ぎて行きました。ようやく回復したのは約2時間後。

 

最初の言葉が・・・「これやだ!!取ってよ~」

 

どうも点滴が気になったらしい。針を抜こうとする航也。あまりにも痛々しくかわいそうでした。

 

CTスキャンの結果は特に異常なし。MRIを撮らないと何とも言えないとの返事。結局そのまま入院。

 

その後、医者から言われたのは

 

「無熱性けいれん」 と診断。

 

熱がないのにけいれん発作が起きたことを指しますがつまり 

 

【 てんかん 】

 

なのです。

 

とにかく普通の航也に戻ったのには、本当にホッとしました。

 

それから2年・・・・けいれん発作は起きず・・・・

 

 


 

5/28は先月採血した結果を聞きに行きました。航也と2人で行きました。

 

主治医は、加藤先生。ちなみに病院は国分寺にある個人病院です。先生は大病院から独立、てんかんのスペシャリストなようです。 ぴすけ自身がその大病院で仕事をして、先生を個人的に知ってました。とっても優しく、とっても丁寧な診察が評判で、もしかかるならこんな先生かなあなんて思ってました。

でも 【てんかん】 とは無縁かと思っていたら・・・・・まさか!! 航也が厄介になるとは・・・・

 

今日も病院は大勢の患者がいました。

 

 

 

「どうでしょうか?」

 

「そうですね~・・・・うん 大丈夫ですね!! 臓器など異常なしだね!!」

  

「よかった・・・」

 

先生とお話しを聞いてる間、航也はイスで足をブーラブラ・・・・退屈なんですね。

 

先月は 脳波の検査の結果を聞き

 

「睡眠してる間のてんかん波はないみたいだね~ よかったね」

 

てんかん波が出ていると、発作が起こる可能性があります。でも一生出ないかも知れません。それは先生でもわかりません。それだけ難しい病気なようです。やることはただひたすら、処方された薬を飲み続けること・・・・1日2回

 

  

ともかくイイ方向で進んでるのでほっとしました。来月は再び脳波です。イイ結果が出るといいなあ・・・

  

 
ちなみに病院での待合室で読んだ本・・・航也セレクト

 

「 生活習慣病予防読本・・・ 」 いまから心配してるのか?・・・・以上

 

 

「どうして ぼくはいつも怒られてばかりなの?」

 

 

「太洋はいいなあ・・・怒られなくて・・・」

 

 

長男航也に今週言われた言葉です。

 

こうストレートに言われると親として心苦しくなってしまうのは何故でしょうか?

 

【自分は一生懸命育児してるのだから間違ってない】 

 

とは思っても実は自己嫌悪に陥ってる方、多いのではないでしょうか?

 

航也は5歳。来月には6歳になります。

 

航也の場合、かなりの個性と不思議な言動、このくらいの年齢なら親の期待する行動をほとんどしない・・・

もちろんしますが、他の子供より劣ると思ってしまう

 

よく誉めて育てるとありますが、自分や妻カオリが批判の中で育児をされてきた事もあるからか、どうしても欠点を見つけては叱ってしまいます。

 

「どうして こんなことができないんだ」

 

「だからダメなんだ!!」

 

「また間違ってる!!」

 

ついイライラしてしまいます。 

  

など・・・・考えてみると色んな友人に聞いてもみんな

 

【 日本型育児 】 ← 勝手にそう呼んでます。

 

を受けているようです。つまり誉めるのではなく、欠点を徹底的に批判すること。欠点なんて全体の10%もあるだろうか

 

本当は子供にはいいところ、いっぱいあるのにどうしてなのだろうか?

 

誉めるのはそんなに難しいものだろうか?日本人は何故か誉める時は、ぎこちなくなってしまいます。

 

自分の中で最近は気をつけて出来るだけ誉めるようにしています。何かあっても

 

「これからは気をつけようね」

 

「もう一度やってみよう!! 何回間違ってもいいからやってみよう!!」

 

など・・・子供は怒られるより誉められた方がうれしいに決まってます。大人だって同じです。怒られるより誉められた方がうれしいですよね?

  

外国に行った時、あるファミリーでは子供達へ頻繁に

 

「GOOD]

 

「GOOD JOB」

 

「OK」

 

など使います。日本でもうんと誉めればいいのに。

 

もはや伝統なのか?

 

とにかく航也には出来るだけ自信をつけてもらい、できるだけ見守ることにしてみようと思います。

もちろん大変な間違った事をすれば本気で怒りますが。

 

そして

 

「おとうさん、あかあさん、たのしいおうちだね」 

  

と自然に出るように努力したい。

 


好き嫌いは、我がぴすけの家では許されません。次男はまだ仕方がないですが・・・

 

ピスケ自身が、そうだったのもありますが・・・商売をしているとみんな忙しいので、母親はとにかく作る事に必死です。なので子供に合わせてメニューを作る事はほとんどありませんでした。

 

したがいまして・・・当然子供にはかなりキツイメニューが多数存在しました。その代表が・・・

 

 

【 スブタ 】

 

 

もちろん好きな子供もいますが・・・あんかけに酢が入ってるのがものすごく辛くて何度も残しそうになりました。特にタマネギです。でも残すとことは許されません。今考えるとひどく強引でしたが、今はおかげさまで 好き嫌いがありません。

 

なので イイ大人が レストランで食べ残しを見るといつも

 

(どうしてあのおかず食べないのかなあ・・・おいしいのに・・・)

 

と思ってしまいます。

 

我が家では食べられる事を毎日感謝してます。商売はいつどうなってしまうか分かりませんから。

 

 

で・・・長男航也は好き嫌いがあるのかどうかと言えば・・・

 

 

 

 

 

ある!!

 

 

好きなものは、人参・ピーマン・きゅうり・納豆・とうふ・パプリカなど・・・これはちなみに全て

 

 

生で食べるのです

 

 

火を通すもので好きなものは 魚です(西京漬けは大好きです)

 

肉はあまり好きではありません。

 

調理をすると何故か食べないのです。もちろん食べますが異様に時間がかかります。

 

我が家の決まりで、食べ残しはNG。なんとか完食。毎回苦労してます。

 

みなさんのご家庭ではどのように好き嫌いを克服してますか?

 

 

しかし 例外があります。

 

 

絶対に食べる 方法が・・・・

 

 

それは・・・・ 試食!!

 

 

必ずスーパーに行くと、すぐに駆出し試食へ・・・

 

入口付近の フルーツ(約3種類) に始まり、途中の しらす じゃこ 刺身 焼肉 クッキー 時には、お惣菜など。一番多く食べるのが・・・・

 

パンの試食。約10種類あり全て制覇。ピザなんて絶対に自宅では食べないのに、ここでは完食。一体何を考えているのか・・・

 

 

結局ここが昼ごはんのようになり、費用ゼロ・・・スーパーの方には本当に申し訳ない・・・

 

 

このように試食なら絶対に好き嫌いがないのです。これを家庭に応用できればと思いますが・・・

 

 

じじが試食好きなので、その遺伝か?!(するわけないですが)

 

 

好き嫌いのないお子さんをお持ちの方、教えてください!!(切実です)

 



 



 


 


Myojo Gakuen

テーマ:

長男航也は、大の昆虫好きである。

 

幼稚園に行くと、もちろん通常カリキュラムをこなすが・・・自由時間はとにかく園庭に出て昆虫探しをする。

 

ここの幼稚園は、園庭が広く、シンボルは メタセコイア である。

 

そのメタセコイアの周りに草むら・畑があり、そこにたくさんの昆虫が生息している。そこで採った昆虫(例:てんとう虫・ダンゴムシ・カマキリなど)を自宅へ持ちかえります。その時

 

「絶対 飼うの~!!」


の一点ばり・・・

 

でも実際は他の遊びが始まると全く忘れてしまう。次ぎの日の朝、登園する時に思い出す。

 

そんな訳で、我が家には虫かごが玄関先にたくさんあり・・・妻カオリは頭を痛めている・・・

 

ちなみに現在の昆虫 (てんとうむし・ダンゴムシ・何かの幼虫【本人はカブト虫と言い張る】)です。

  

この昆虫好き・・・何かよいところは無いかと思い・・・

 

ありました 【 幼年教育研究会 昆虫とあそぼう!!】

 

場所は、東京 武蔵野市 吉祥寺の 【明星学園(みょうじょうがくえん)】 です。

 

すぐ脇には 井の頭公園 三鷹ジブリ博物館 があります。環境としては最高です!!

 

小学校受験するなら、ここがいいなあ~なんて思ってる学校です。ぴすけの父の実家がすぐそばにあり、評判は昔から知っており是非受けたい所です。そこの学校の考え方は

 

【 小学生は机上の勉強よりも、実際に触って経験させるのが一番!! 】

 

なので、教科書はありますが(市販のものは使用せずオリジナル教科書です)、ほとんど開かない・・・一つの課題を子供同士でディスカッションする。とにかく考える事を重視する!!一体どこで勉強してるのか?

 

受験もペーパーは存在せず、面接、遊び観察のみ。

  

個性重視で毎年障害児と呼ばれる子供も入学させます。差別なく一緒に学園生活をします。

 

かつて、TBSラジオ(全国こども電話相談室)にも出演した先生も存在します。

  

なので勉強が心配な人はまず入学してきません。

 

話しを戻して・・・・

 

その 昆虫とあそぼう では、ダンゴムシ・てんとう虫を使ってある遊びをしました。(用意してくれました)

 

ぴすけ と 航也で参加しました。(カオリと太洋は自宅)

 

ちなみに参加者は 総数 46名 (実際はかなりの応募があったそうです 抽選でした)

 

昆虫先生は 校長先生です。(昆虫クラブ 顧問)

 

トークは上手でとてもフレンドリーでした。普通に見ると用務員のおじさんのような風貌でした。

 

ダンゴムシは、迷路に入れて果たしてゴール出来るのか?を実験しました。配られた紙にストロー適切な長さに切りをセロテープで貼り、迷路を作ります。(あらかじめ貼る場所は決まってます)航也必死でストローを切ったり、セロテープで貼ったりと・・・意外にも?ちゃんと出来てました。

 

そして ダンゴムシ・・・・ 

 

「 わわわわわわ!! ちゃんと迷路やってるねえ!! 」

「 ダンゴムシ1号大成功!! 2号をおいてみよっと・・・ 」

 

それから時間までひたすらダンゴムシと遊ぶ!!しかも きゃあきゃあ 言って大騒ぎ!!

  

 

休憩時間もダンゴムシ!!実際やってみると大人もたのしめます!!(写真をアップできたらいいのに・・・デジカメがないので・・・)

 

 

次ぎは、てんとう虫で実験!!(ななほしてんとう約10匹) まずはシーソー作りから。 

 

針金・木の棒・五寸釘・待ち針・紙粘土・を使います。詳細を説明すると長くなるので(表現が難しいのもあります)省略・・・・・

 

幼稚園の子供が作るのは少々難しい為、ほとんど大人達が作りました。そして てんとう虫をシーソーに乗せると・・・・

 

下から乗せると てんとう虫は上へ向います。するとシーソーは下がりまたてんとう虫は逆方向へ上へ向い・・・・・またシーソーは下がる・・・その繰り返し。

 

要するにてんとう虫は、空へ飛びたくても飛べずただひたすらシーソーの往復。

 

何回かすると勝手に飛び教室中飛びまわってました。

 

しかし・・・航也はシーソーよりも・・・ 飛んでくるてんとう虫をつかまえて虫かごへ(ふた付カップ)へ次々と放りこむ。黙々と作業してました。結局20匹くらい捕まえたようです。

で・・・・シーソーは ぴすけ ばかりで遊んでました。

 

このようにこの学校では、ただ昆虫をつかまえて飼うのではなく、虫の特徴を実験で確認する。実験も道具を使います。但し市販のキットは使用せず、身近にある道具を使います。本当は虫かごも通常は ペットボトル を使います。

 

勉強でもそうです。ただ算数の公式を教えるのではなく、何でこのようなことになるのかを道具を使って実証します。それで子供達は身につけて行きます。

 

ただ問題のはその授業速度です。小学校でこの調子なので附属中学校に行けば大丈夫ですが、違う中学に行くとかなりのカルチャーショックを受けるそうです。勉強よりも実験ばかりのようですから・・・

 

ある意味、現代に足りない何かを補っているような気がします。(詰め込み教育を否定してます)

 

無事終了・・・・ で航也に聞いた

 

 

「楽しかった?」

 

「うん すごくたのしかったよ~」

 

「また 行きたい?」 

 

「うん!! またあそびたいなあ~」

 

「この学校に行きたい?」

 

「でもここの学校難しいんでしょう?」

 

「大丈夫だよ、普通にしてれば入れるよ~」

 

「でも 僕は6小がいいなあ」

 

「え? なんで?」

 

「だって遠いから・・・」

 

航也・・・それが理由なのか?確かに自宅から電車で30分かかるが・・・・普通の小学校では味わえない学校生活が送れるのだが・・・

 

まだ無理ですね・・・ 以上!!