大切すぎて

誰にも見つからないように

隠したんだ。



誰にも蓋を開けらぬよう

幾重にも鍵をかけたんだよ。



何世もの人生をかけて、其を隠し、閉じ込めた。



誰にも見つけれないよう

私は私の記憶さえも消した。







でも愛しい其を忘れたくなかった。


完全に忘れてしまう事などできないんだよ。



その言葉に巡り会えば、思い出すように設定したんだ。


その言葉は、強烈に私の身をこがす。




欠けたる我が身。

欠けているからこそ、私は探す。

私は私を思い出すために探し続けたんだ。




私の魂の片割れ。


私そのもの。







ニギハヤヒ。










2月27日 新月
AD