朝霞のどんぐり式算数文章題教室 学び処『にこまる』のブログ

高速反応ができることを頭がいいとか勉強ができると勘違いしないでくださいね。
じっくり自分の頭で考えられることを大切にしてください。
子育ても学習も、「ゆっくり・じっくり・ていねいに!」
12歳まではこれが基本です。

朝霞のどんぐり式算数文章題教室

学び処 『にこまる』


年長さん~小学生対象の教室です。

受験塾ではありません。


きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪


【お絵かき算数クラス】


思考力養成ができるのは12歳まで!!

計算や漢字ばかりしている暇はありませ~~ん。

どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題で

本物の思考力を安全に養成します。

ゆっくり じっくり ていねいに !!


詳細は ➡ にこまるHP

只今、体験学習受付中(年長~小3)
火曜・水曜 各クラス若干名の募集です。

詳細は ➡ 
こちら


赤ちゃんとお手手でお話しできる

「親子サイン教室」@わこう助産院 も開催しております。


「親子サイン」ブログ  をご覧ください。

    








きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪きゃは♪

テーマ:
子どもの現状はこうです。
生まれた時から注意してあげなきゃ❗️❗️


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月からの新生活は軌道に乗ってきましたか?

 

学び処『にこまる』では、長い間募集停止だった火曜クラスも、やっと受け入れ可能となりました。

 

是非、体験学習にいらしてください。

 

年長さん~小3 対象

『お絵かき算数体験会』 のご案内です。
どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を使用します。

 

 

 

 

 

 

お絵描き算数って??


 

えんぴつ算数の文章問題を1文ずつ絵図にしていき、それを見て考えます。

えんぴつ何を描いても怒りせんが、描かないと「絵図を描いてね」と言います。

えんぴつヒントはあげませんので、すべて自分で考えます。

えんぴつ間違っていても、答えは教えません。

えんぴつでも、あとでもう一度チャレンジするから大丈夫!!

えんぴつ大量・単純・反復学習ではないので、楽しいし、頭をしっかり使います。

えんぴつ勉強が嫌いになりません。

 

 

■普通の文章問題とは違うの?


はい、違います。

単なる数字合わせではできないようになっています。

色々なキャラクターが出てきて、ストーリーもあります。

例えば・・・・

 

<0MX28> 低学年向け 

おばけの おはなみは にぎやかです。とくに うすぐらいところに たくさんの  さくらのはなが さいていると おおさわぎして たのしみます。きのうの  おはなみより きょうの おはなみに きている おばけは 6にんも おおくて  13にんです。では、きのうと きょうの にんずうを たすと みんなで  なんにんに なるでしょう。

 

どうですか?

楽しそうでしょう乙女のトキメキ

 

 

他にも秘密はたくさんあります・・・。

 

 

■お絵かき算数の効果は?


えんぴつ勉強時間が週にたったの60分~120分程度で済み、

  高学年になっても塾いらず!

えんぴつパターン学習ではなく「考える学習」をさせる時間ができる。

えんぴつ遊びやリラックスの時間が確保でき、子どもの情緒が安定する。

えんぴつ算数だけでなく、すべての教科の理解度がアップする。

えんぴつ勉強しなさいとガミガミ怒らなくてすむ。

えんぴつ小脳思考が使えるようになる。

 

ずばり、幼く・賢く・たくましい子になりますよ。

 

 

■どうしてお絵かき算数なの?


今の子ども達は、「考える」時間が圧倒的に足りていません。

学校でも家庭でも塾でもパターン学習でテストの点を取らせるための勉強になりがちです。
点は取れても分かっていないという場合も多々あります。

学校ではそれも仕方のないことですが、家庭でまでそれをやっては、子どもの健全な頭が潰れてしまいます。

習い事も多く、支持されないと考えられない・動けないという子もいます。

 

 

また、思考回路の養成は脳の発達を考えると12歳までと言われています。この時期に、大量の単純反復学習をさせてしまうと、思考回路養成を妨げてしまうのです。

ですから、小学生のうちは、スピードにとらわれず、ゆっくり・じっくり・丁寧に生活し考えることが日々必要なのです。

学習にも優先順位があり、それを間違えないようにすることが大切です。

 

 

全国には、こんな楽ちんで効果的な学習をしている仲間がたくさんいます。
学び処『にこまる』に通わなくても家庭でできる学習法です。
自分で考えて人生を楽しめる子に育てる教育法でもあります。

勉強はやらされるもの・苦しいもの・つまらないものという固定概念を取り払いに来てください!

 

お子様の教育を真剣に考えている方のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

■体験学習について

 


 

【対象】

入塾希望の年長~小3のお子様  

家庭で取り組みたい年長~小3のお子様

 

【会場】

学び処『にこまる』教室

朝霞市栄町1-1-11(栗山工務店2F)

  

【参加費】1回500円 

                

【体験日時

 □4/19(水)17:10~

 □4/26(水)17:10~

 □5/2  (火)16:30~

 □5/10(水)17:10~

 

【内容】どんぐり問題の体験及び説明会  

 

【入塾可能クラス

只今在籍可能なクラスは以下のとおりです。

 

  ★火曜クラス 16:00~17:00

  ★火曜クラス 17:10~18:10

  ★水曜クラス 17:10~18:10

 

 いずれも若干名の募集です!

 入塾せず家庭で取り組まれる場合も参加できます。

 

【申し込み】

当塾にはいくつかお約束がございます。

HPで確認の上、お申込みください。

学び処『にこまる』HP

体験学習のページ

 

 

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞市栄町


◆お絵かき算数クラス(年長~小学生) 火曜・水曜・土曜
  
 年長~小3の体験学習 受付中!
 

◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。

詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4年生の8月からどんぐり問題に取り組み始めた小5の女の子のお母さんから感想をいただきましたので紹介させていただきます。

 

小5女子(どんり歴7か月)のお母様より

 

今日は2度目のCD飛ばし大会の問題を解いていました。
一回目の時は絵に表せず、お宝になったのを覚えていたので、果たして今日はどうするかな?と、 ドキドキしながら見守りました。

はじめのうちは、やはり絵が雑でつい「もう少し丁寧に描けばいいのに・・・」と口を挟みそうでした(笑)
しかし、最後のまとめの所では分かりやすい絵図を描いていて驚きました。
少しは成長しているのかなぁと思いました。

家でもどんぐり問題は自分からすすんでやる姿が見られます。 絵にするのが苦手で頭を抱える日もありますが、解けた時の楽しさを知っているのか、 考えるようになりました。

宿題制限・・・。 毎回どうしたらと悩んでいることではありますが、5年生の先生と相談して できる限りセーブしたいと思います。

昔からマイペースで焦りがちな子ですが、丁寧に物事に取り組めるよう家庭でも 見守っていきたいと思います。 いつも丁寧なご指導、ありがとうございます。

 

このお子さんの実際の変化をご覧になってください。

 

初めてのCD飛ばし問題

<3MX00> 

 今日は全校CD飛ばし大会の日です。50人が一緒に飛ばします。上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度4倍でした。5人の記録を合わせると50mになりました。下位2人の差を2m とすると最下位は何mになりますか。

↓↓↓↓↓

飛ばした距離、4倍、合計、差などが見えるように絵図化されていません。数字だけでなんとか正解していますが、これだと数字が大きくなったり、ややこしくなったりするとできないでしょうね。
 

 

2回目のCD飛ばし問題
↓↓↓↓↓
「4倍」のところを□を使ってイメージしています。

「2m差」のところは、まだはっきり絵図にできていませんが、初回のものと比べると絵図で考えようとしているのが一目瞭然ですね。
 

 

4年生という比較的遅めのどんぐりスタートのお子さんですが、ゲームなし・テレビ少なめだったというのはやはり大きいですね。
最初から、粘り強く取り組むことができていました。
絵図で考えることはそうすんなりとはいきませんが、やる気があるので今後が楽しみです音譜

 


 

《にこまる情報》
①お絵かき算数体験 受付中!

ずっと募集を停止していた火曜クラスが

受け入れ可能となりました。 
↓↓↓
詳細・日程等は
こちらのページ

 

②お絵かき算数個別サポート 受付中!

教室に通えない方がご家庭でどんぐり問題に取り組む場合のサポートをいたします。

始めるに当たっての準備の仕方からお悩み解決までお気軽にご利用ください。

詳細はHPにて

↓↓↓

お絵かき算数個別サポート

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞市栄町


◆お絵かき算数クラス(年長~小学生) 火曜・水曜・土曜
  
 年長~小3の体験学習 受付中!
 

◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。

詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、にこまるに来た1年生。
いつになく饒舌で軽い興奮状態。

 

今日から本格的に?授業が始まったようです。

こんなことを言っていました。

 

あ~つかれた~。

だって今日、い~~っぱい勉強したんだよ。

きまりがたくさんあるんだ~。

ろうかは静かに歩く、でしょ~。

こっちはこっち、あっちはあっち向きの矢印があるんだ。
(廊下は右側通行などと決まっているのでしょう。)

あとは~、話はだまってしずかに聞くでしょ~。

ちょっとしか遊べないし。

廊下でも話しちゃだめなんだよ。

階段も静かに歩くだし、も~やだな~。

 

とってもかわいい口調で話してくれたんだけど、自由でほとんどが遊びの時間だった保育園や幼稚園を卒園して、1年生になった途端に、きまりきまりって。きっと他にももっと細かい注意を受けてるに違いない。

 

そ~だよね~。

その気持ち、よ~~く分かるよ~。

 

やっぱり日本の学校って窮屈すぎなんじゃないかな~。

この子の学校では、「無言給食」というのはなかったようなので、まだましなほうなのかもしれませんが。

 

学校によって多少の違いはあるにしても、ほとんど同じですよね。

我が子もほかの生徒たちも同じ道を通ってきたのかと思うとなんだか不憫です。明らかに私たちの子ども時代より、窮屈に感じます。

 

先日、息子の懇談会があったのだけど、「目標」だらけで嫌になってしまいました。

 

地域の教育目標

学校目標

学年目標

学級目標

担任が作った目標

子ども個人個人の目標

 

結局、同じ目標が言葉を変えて並んでいるだけなのだけど、なんだか、子どもを無理やり大人の理想に押し込めようとしているように感じて嫌気がさしました。

これでもか!というくらいの目標の押し付けあせる

 

それに、子どもたちが発言するときのやり方に納得がいきません。

 

①手をあげる。(息子のクラスは利き手じゃないとダメだそう。)

②指名されたら返事をして立つ。

③椅子を机の下にしまう。

④発言し、「いいですか?」とクラスメイトに正解かどうかを問う。

⑤クラスメイトが「いいです。」と言ったら、椅子を引いて着席する。

 

という流れなのですが、一番納得いかないのが、③の「起立したら椅子をしまう」 というところ。

 

どうして、一言発言するだけなのに、いちいち、椅子をしまうのか。

日本古来の奥ゆかしい習慣なのか???
日本以外でこんなことをさせている国はあるのか????

 

子どもは何から何まで決められた中で一日過ごしているのだなぁ。

1年生は、保育園・幼稚園と違う~と最初こそ思うものの、いつしか当たり前になってしまって、おかしいとか思わなくなってしまうんだろうな。

 

話が、それてしまいましたが、こういう状態ですから、1年生のストレス・疲れは相当なものです。

 

1年生になったからといって、毎日家庭学習をしっかりさせようと思わないでくださいね。

すぐに勉強嫌いになりますよ。

 

どんぐりっこは宿題さえも制限しますが、そうでない子も、最初から宿題を完璧にこなそうと思わないほうがいいかもしれません。

最初ですから先生も大目に見てくれるんではないでしょうか。

宿題が多すぎる場合は、先生に訴えると改善されることもありますよ。

 

今まではほとんど遊びだった時間がすべて授業になったのです。

家でまで勉強をやりたがる子はほぼいないでしょう。

ゆっくり休んだり遊んだりできる時間を確保することを優先にしてくださいね。

 

そして、最良の勉強として週に2問だけ「どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題」をやることを強くおすすめいたします。

 

 

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞市栄町


◆お絵かき算数クラス(年長~小学生) 火曜・水曜・土曜
  
 年長~小3の体験学習 受付中!
 

◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。

詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どんぐり母さんからの声が届きましたよ~。

 

こんにちは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

 

新小2男子(どんぐり歴、2年)のお母さまより
 

最近になって、文章を読み終えると、「これは説明でしょ~」と言いながら絵を描き始めるように。
「説明」と「解く」に分けて絵にするようになりました。

自分で、5の束、10の束に囲ってみたりと工夫しています。

 

まだまだ言葉の意味が分からなかったり、「ゆっくりきれいにね」の声掛けをしないと雑になりがちですし、その日のコンディションで問題に取り組む姿勢が変わります。
頭ではわかっているけど、なんとなくヒラメいているけど、絵にどうやって表していいのか困っている姿もみられます。

 

「ママはずるい、宿題なしで」と言うので、お母さん用問題を一緒にとりかかります。「絵にするのは難しいね」「○○くん、頑張ってるんだね」「一緒にがんばってみようね」なんて声をかけあっています。

 

小学校の宿題は、ほぼ私がやるようにしていましたが、学校のテストはいつもよくできています。学校の授業だけででも十分覚えているもんなんだなと、びっくりです。漢字の書き順がおかしいな・・・と気になることはありますが、その都度声をかけていきたいと思っています。

 

この1年、ほんとにあっという間で、見逃しがちな変化にも、にこまるのお絵描き算数で気づいたこともあり、続けていてよかったなと思っています。

 

今でもゲームは買っていません。外遊び優先で遊んでいる時間に学校の宿題を私が仕上げていました。「(宿題マシーンが)2年生になっても通用するかな?」と思ったり、「ママがやったでしょ!」と○○が自分で全部やり直しをしそうなので、どう理解してもらおうか、どのように子どもに伝えればよいのか相談させてください。

 

 



年長さんからどんぐりを始められた本当にラッキーなケースですね。
どんぐりをお知りになる以前から、ゲームなどはやらせていなかったので、スムーズに開始できました。

 


1年生から学校の宿題を制限するのは、とても勇気がいることだったでしょう。でも、宿題をやらなくても問題ないし、むしろとてもよい状態だというのを実感していただけたと思います。
 

自由に遊べるのは小学校のうちだけ、その間に、自然な時間の流れの中で様々な体験を通して感情を味わっておいてくださいね。

たくさん遊んで賢くなる! 理想的な子育てではないでしょうか。

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞市栄町


◆お絵かき算数クラス(年長~小学生) 火曜・水曜・土曜
  
 年長~小3の体験学習 受付中!
 

◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。

詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、新学年最初の土曜クラスでした~。

 

こんにちは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

 

土曜は3クラス体制なのですが、写真はこれだけ~。
今日は気温があがり、子どもたちはもう半袖音譜
 

年長さんからどんぐり問題を始めて、この春1年生になった子たちは、2月、3月あたりからの伸びが著しいです。


始めたころは、ただお絵かきしてる~という子もいましたが、今ではみんなちゃんと考えているなぁ。

正解を出せるということではなくてね。

言葉で表すと、「こうかな~。」「なんかおかしいな~。」「こうでしょ。」「こう描いたら分かった。」と言った感じでしょうか。
 

「考える」ようになってくると、もちろん絵図も変わってくるんです。

すごいな~。

絵図が変わるから考えられるようになるのか、考えられるようになるから絵図も変わるのか。

面白いですね。

 

5~9歳が思考のゴールデンエイジですが、この初期の時期に、どんぐり問題に取り組んできたことの成果はとても大きいです。

 

日常生活で「考える」という機会が失われてしまった今、意識してそういう時間を持たなくては、思考力も判断力も育たないですからね。

 

週に2回だけですが、じっくり丁寧に味わいながら取り組む時間はとても貴重なのです。

 

それに、学校に入った途端にパターン学習の嵐になるわけですから、その前に、「考える楽しさ」を味わっておくのも重要なこと。

 

新1年生だけでなく、他の学年の子もコツコツやっている成果は確実に出ています。(もちろん、親御さんも環境設定を頑張ってくださっています。)

 

新2年生の男の子の1年生の通知表の最後には、「算数でいつも絵を描いて正しく考えることができています。」という内容のコメントを先生からいただけたそうです。

お母様もとても嬉しそうでした。

 

どの学年でもそうですが、子どもの成長は常に右肩上がりには見えません。

行き詰まっているように見える時でも、見えないところ(表面に現れていないところ)で成長ているということを忘れずに、あせらず見守ってあげてくださいね。

成長は階段状なのです!

フラットな部分のときはやきもきしますが、ある時ぐんと一気に成長することはよくあることですからね。

 

 

 

教室の周りは春爛漫です。

池には桜の花びらが一面に浮かんでゆらゆら。

舞う桜の花びらを帽子で捕まえてきた子。
教室にいるお兄ちゃんのために、八重桜(かな?)を拾ってきてくれた弟君。
教室の中にも春が舞い込んだ素敵な土曜日でした。

 

そうそう、新学期で疲れたりストレスを感じていたりしますから、調子が悪いときは無理に取り組まず、ゆっくりのんびり過ごしてくださいね!!

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞市栄町


◆お絵かき算数クラス(年長~小学生) 火曜・水曜・土曜
  
 年長~小3の体験学習 受付中!
 

◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。

詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

火曜日は、にこまるの授業がある曜日なので、夫が早く帰宅し自宅にいてくれるのですが、次男はその時にどんぐり問題に取り組みます。

 

こんばんは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

先日、夫が、息子がどんぐり問題をやっている時の様子を教えてくれました。

 

「○○(息子の名前)って面白いんだよね~。なんか、勉強するときと遊ぶ時が同じなんだよ。」

 

どういうことかと言いますと、

 

す~っとどんぐり問題用のスケッチブックを持ってきて、ふふふ~~んと楽しそうに解いて、終わると、折り紙と折り紙の本を持ち出して折り紙で何か折っていたみたいなのですが、問題を解いている時と折り紙で遊んでいる時とテンションが同じ(どちらも楽しんでいる)ということらしいです。

 

分かりますかね~。

 

普通、勉強は嫌々やって、遊びではじける というのが一般的かと思うのですが、どんぐりっ子は違う!

 

学校の宿題もテレビもゲームも制限して、やるべきことと言えば、どんぐり問題と家の仕事(手伝い)くらいで他は好きなことをして過ごせるから、毎日ゆったりのんびりだし、家庭学習はほんとに週に2問のどんぐり問題だけなので、勉強であるけれでもそれさえも楽しめるのです。

 

もともとの息子の性格もあるのかもしれないけれど、ほんとにゆったり時間が流れるのです。

 

だから、遊びと勉強の境目もないというか、遊びも勉強も楽しめる。

そんな感覚になっているんだと思います。

 

もちろん、どんぐり問題そのものにも、楽しめる工夫がされているということもあります。

でも、やはりそれ以上に、物事を楽しめるかどうかは、子どもが置かれた環境が大きく影響していると実感しています。

 

イライラしている子は、どんぐり問題でもイライラします。

絵は描きたがりません。

描いても乱雑になります。

そんな心模様がスケッチブックの上に映し出されると、ちょっと悲しくなります。

 

いいとこどりをしようとして、あれこれ勉強させるのは本当にもったいないです。

地頭は日々の生活と遊びで育てて、どんぐり問題で思考力を養成すれば、とっても楽ちんで、ストレスがありません。

 

ストレスは、大敵!

 

勉強がストレスのもとになってしまったら、勉強を好きになるはずがありません。

 

子どもにストレスを与えるような学習をさせていないか気を付けてくださいね。

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞市栄町


◆お絵かき算数クラス(年長~小学生) 火曜・水曜・土曜
  
 年長~小3の体験学習 受付中!
 

◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。

詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から、我が子たちも新学期。

昨夜は小5次男も珍しく緊張して、なかなか寝付けなかったようです。

先生が誰になるかが一番の心配のようでした。

 

こんにちは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

というわけで、今朝もドキドキしながらでかけていった次男。
ちょっと怖めの先生が担任になったようですが、初日は何事もなく穏便に過ぎ、ほっとした顔で帰宅しました。

 

そして、私はと言えば、担任の先生が分かったので、「宿題制限願い」を作成。

 

昨年に引き続き、「音読・計算・漢字練習」という単純反復作業系の宿題はさせない方針です。

 

主たる理由は、
①思考力養成の妨げになることはさせたくない。
②宿題で親子バトルをしたくない。
③子どもの自由時間を無駄なものに費やしたくない。

④勉強嫌いにさせたくない。

ですね。

 

 

 

今年のお手紙は我ながらよくできたんじゃないかな~と思います。

息子の小学校生活も残り少なくなっていますので、「どんぐり問題」の紹介も盛り込みました。

 

さて、どうなるでしょうか。

 

先日のブログにも、「1年生から宿題制限をする決心をした」という保護者の方からのコメントがありました。

単純反復作業系の宿題の害についての知識が広まり、多くの子どもたちがよりよい環境で過ごせるようになるとよいなと思います。

 

《関連記事》

★テーマ:学校の宿題

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《にこまる情報》

①お絵かき算数個別サポート 受付中!

教室に通えない方がご家庭でどんぐり問題に取り組む場合のサポートをいたします。

始めるに当たっての準備の仕方からお悩み解決までお気軽にご利用ください。

詳細はHPにて

↓↓↓

お絵かき算数個別サポート

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②お絵かき算数クラス体験!!

教室に通いたい方・教室のみんなと体験したい方はこちら。
↓↓↓
詳細・日程等は
こちらのページ

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞市栄町


◆お絵かき算数クラス(年長~小学生) 火曜・水曜・土曜
  
 年長~小3の体験学習 受付中!
 

◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。

詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

にこまるの新学期も一昨日から始まりました。

まだ学校は春休み中(埼玉は休みが長い)なので、うっかり忘れている子もいたけれど、みんなリラックスできているのか、どんぐり問題の取り組みは上々。
新しいメンバーも増えて、新鮮な感じです。

 

こんにちは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

ただね~、ちょっと気になることも。

 

子どもたちに絵を見ると、頭の中が一目瞭然です。

「電線」が分からなかったり、「ひまわり」が描けなかったり、「ガソリンスタンド」に行ったことはあるけど何をしているのか知らなかったり。

 

目の前にあって見て知っているはずのことばかりです。

それなのに、そういうことは子どもたちの頭を素通りしてしまっているように感じます。

 

どうしてでしょうか?

 

私は、そこに、「会話」が存在していないからなんじゃないかと思うのです。

見えているのに見えていない状態、と言うんでしょうか。 

 

ひまわりを見ながら、話をする。

何でもいいんです。

 

「●●ちゃんより背が高いね」でも「ひまわりの黄色、好きだな」でも

「夏の花クイズ~」でも、「ひまわりの種って食べられるの知ってる?」

でも、何でもいいんです。

 

目で見ているものに、言葉を載せていくというのかな。

そうすることで、子どもの記憶の中に、イメージとしてとどまるんじゃないかな。

 

「ガソリンスタンド」でだって、いくらでも会話しようと思えばできますよね。

 

そもそも、そういうことって学校ではいちいち教えてくれないでしょ。

学校で教えてもらえることなんて私たちの知識や体験のほんの一部でしかない。

 

だから、普段の生活や遊びの中の会話が大事だということを子育て中のママやパパには意識してほしいなと思うのです。

 

忙しいのは重々承知しています。

でも、子どもとの会話を削ってしまっては・・・と思うのです。

 

 

小学校の算数だって、教科書を一度も使わなくても、家庭だけで教えられますよ。

5年生が悩みに悩む「割合」だって、低学年からお家で教えられます。

テキストも何もいりません。

紙と鉛筆くらいは使ってもいいですけど。

 

さ、どうやったら、あなたのお子さんは割合を理解できますか?

お子さんの年齢やお子さんが知っている言葉に応じて考えてみてくださいね。

 

何を見せたら分かりやすい?

どんな割合から教えてあげたら簡単かな?

 

学校任せにする前に、生活の中で知っておくと、学校で習ったときに納得感があって理解が深まりますよ。

 

あ、テキストや問題集を使っての先取りはやめたほうがよいです。

意味ないので。

 

というわけで、「お子さんの頭の中が丸見え」の「どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題」、おススメです!

 

教室に通わなくても自宅で取り組める、健全な子育てと教育の方法をぜひ知ってくださいね。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《にこまる情報》

①お絵かき算数個別サポート 受付中!

教室に通えない方がご家庭でどんぐり問題に取り組む場合のサポートをいたします。

始めるに当たっての準備の仕方からお悩み解決までお気軽にご利用ください。

詳細はHPにて

↓↓↓

お絵かき算数個別サポート

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②お絵かき算数クラス体験!!

教室に通いたい方・教室のみんなと体験したい方はこちら。
↓↓↓
詳細・日程等は
こちらのページ

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞市栄町


◆お絵かき算数クラス(年長~小学生) 火曜・水曜・土曜
  
 年長~小3の体験学習 受付中!
 

◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。

詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週は、春休み中ということで、体験&説明会ウィークとなりました。

 

こんばんは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

かわいい新年長さん~ちょっとしっかりした低学年のお子さんたちが、どんぐり問題に挑戦してくれましたよ。

 

みんな、初めての場所にも関わらず、とっても落ち着いて取り組むことができました。

誰も「わかんな~い」なんて言わずに、それぞれ絵図を描き描き~~~。

 

 

あ~、作品の写真を撮り忘れました~涙

 

お母さんの中には答えが合っていないことを気にしている方もいましたが、「答えはおまけ」

その場で正解を教える必要はないのだ、ということをしっかり説明させていただきました。

 

子どもたちが、どんぐり問題に取り組んでいる間に、お母さん方には、学校の宿題を体験してもらいました。

 

 

「速くやってくださいね~。見直しもちゃんとしてね。何回も書かないと覚えられないよ~。きれいにかきなさい。」とプレッシャーをかけさせてもらいましたよ。

 

「ふぅ。」というため息が聞こえてきましたね~。

赤ちゃんを抱っこしながら、ご苦労さまでした。

 

感想はご想像におまかせします。

知りたい方は、自分でお子さんの宿題をやってみるといいですよ。

 

体験後は、どんぐり倶楽部のこと、どんぐり問題のこと、思考力とは、メディアの害などについてお話させていただきました。

 

おかげさまで、みなさん、学び処『にこまる』やご家庭でどんぐり問題を始めてくださることになりました。

一気にどんぐり仲間が増えましたよ乙女のトキメキ

 

子どもの大切な時間を無駄にしないためにも、効果を最大限に出すためにも、「正しいやり方」をまず知ることは大切です。

今回の体験&説明会が皆様のお役に立てれば幸いです。

まだまだ話し足りない部分もありましたが、これから徐々に深めていきましょうね!

 

ご参加ありがとうございました(^^)/

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《にこまる情報》

①お絵かき算数個別サポート 受付中!

教室に通えない方がご家庭でどんぐり問題に取り組む場合のサポートをいたします。

始めるに当たっての準備の仕方からお悩み解決までお気軽にご利用ください。

詳細はHPにて

↓↓↓

お絵かき算数個別サポート

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②お絵かき算数クラス体験!!

教室に通いたい方・教室のみんなと体験したい方はこちら。
↓↓↓
詳細・日程等は
こちらのページ

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞市栄町


◆お絵かき算数クラス(年長~小学生) 火曜・水曜・土曜
  
 年長~小3の体験学習 受付中!
 

◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。

詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。