成幸への扉~どんな時も自分らしく過ごしていく存在給の高め方~

心と身体の専門家セラピストから専業主婦に。心、身体、スピリチュアル、フード、パートナーシップ、日々の暮らしをご機嫌に過ごすためのほんの少しのエッセンス


テーマ:

こんにちは。

 

頑張らなくてもいい・・

 

という風潮ですが

「頑張りたい」と心動かされるほど、

また

「頑張れる」程の情熱を注げるもの

 

それを見つけられる

それに巡り合える

それに気づくって素敵なことだと思うんです。

それにそういう「頑張り」とか「努力」は充実や満足を感じているものです。

でも、

そういう中にいても頑張れない、やりたくない

の思いや情熱が続かないときもあります。

嫌になるとき・・・ありますよ。

スランプだね。。

なんて言われますけど。

ずっと好きでいる、情熱を注ぎ続けている、

ことが出来るほうの人が少ないです。

ヒトや環境、自分自身の年齢やライフスタイルの変化で

物の見方や考え方(思考)・価値観が影響されていきますから。

影響されて、色んな方に変わっていくもの・・です。

 

何をやっても頑張れない・・パターンもあります。

「思い」や「情熱」がない、、場合。

あると思い込んでいる場合。

 

好きや嫌いという感覚や感情は

快・不快といった大脳辺縁系の原始的な部分、

生理的欲求に近い感じです。

 

嫌になったから止める

別にそれでもいいですが、これが続くと

何事も続かない、、頑張れない、、パターンに入り込むことが多い。

やり遂げる、感覚を味わえないままですから

自信にもつながらない。

 

「何をやっても続かない」については

また今度。。

 

個人的に「頑張れない」

「好き続ける」を主軸に置くより

「嫌いでも続けられる自分にしかわからない(この感覚はそれぞれですから)

何かがあるか」かも?

と思います。

 

ただいま、「頑張れない」真っ最中の方。

で、悩んでいる方。。

「頑張りたい」って思う意欲があるって

凄く素敵なことなんですよ。。

 

 

 

~花咲里(飾り)細工 Kiyola~

日本古来からの「つまみ細工」で

着物や浴衣を着る際に

ワンランクアップできる「和飾り」をハンドメイドしています。

デザインや布選び、裁断、一つ一つ心を込めて摘まんでいます。

「あなたらしい」エッセンスを取り入れてワンランクアップした

オシャレを楽しんでください。ピンク薔薇

こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

 

褒められるとうれしいものです。

 

煽てられてもうれしいもの・・・・でしょうか?

 

「褒めて伸ばす」ということには賛成です。

ポジィティヴ・フィードバックは、セラピストに必須アイテム!

「褒めて伸ばす」は

「叱らない」「怒らない」「注意しない」

つまり、、ネガティヴなことを言わない、ということではないです。

 

あっ・・話が広がってしまう、、、とっ。

 

「煽てる」の意味を調べてみると

うれしがることを言って、相手を得意にさせる。

何かをさせようと、ことさらに褒める。もちあげる。「―・ててやる気にさせる」

 

ことさら・・・「褒める」

「もちあげる」そうです。

 

「褒める」の意味は

人のしたこと・行いをすぐれていると評価して、そのことを言う。たたえる。

 

今や「ほめほめ」がブームでして

有り難いことに色々と好意的なことを言われる場面があります。

でも

褒められていてもチットモ嬉しくない、

何だか、心地悪い。。感じがします。

最初は「受け取り下手」のせいだなぁ。。と思っておりましたが

いやはや・・・実は

何か「意図」を感じていたのかもしれない、です。

 

「煽てる」目的は、「何かをさせようとしている」意図があるんです。

褒めているのだから~

・私のことも褒めてほしい。

・認めてほしい。

・仲間に入れてほしい。仲良くしてほしい。

・言うことを聞いてほしい。

等々。。

 

私は非常にコントロールや取り引きに敏感なので余計にそうだったかもしれません。

取り引き→

○○してあげるから、✖✖してちょうだい、

 

相手を喜ばせようと・・・って

褒めているつもりが煽てている、、んです。

 

可笑しなもので、

「自分のやったこと」=「自分の評価」が

好意的に評価されている、

感じたとき何とも言えない喜びや満足感が湧いてくるものです。

 

褒めるのが上手な人は

自分自身の「評価基準が安定している」ヒトだと思いました。

自分や相手のその場の感情や感覚に

そして損得に惑わされることなく。。。

その言葉は「なんとなく心地よく、うれしく感じる」ものです。

 

 

 

 

~花咲里(飾り)細工 Kiyola~

日本古来からの「つまみ細工」で

着物や浴衣を着る際に

ワンランクアップできる「和飾り」をハンドメイドしています。

デザインや布選び、裁断、一つ一つ心を込めて摘まんでいます。

「あなたらしい」エッセンスを取り入れてワンランクアップした

オシャレを楽しんでください。ピンク薔薇

こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

前のお話は こちら

 

母と子供の会話に興味を持ちました。

母親が子供の「怖い」という感情に対して

「お母さんも怖い」と「共感」ともとれる返答をしていたこと、です。

 

子供に対して親は「支配的」、「教師的」な

上から目線的な言葉を口にすることがあります。

自分の方が子供よりも「偉い」のである、「賢い」のである

「正しい」のである、、と。

 

そのような母親は

「大丈夫よ。落ちたりしないわ。」などと言います。

 

子供は恐らくこう考えるでしょう。

ホントに落ちないのか?

何故そんなことが判るのか?

それは母親だから?

母親がそういうのなら、大丈夫だ、、きっと。

 

 

貴方が幼き頃、「怖い」と思ってそれを信頼できるであろう関係にある

母親に打ち明けたとします。

 

①「そんなことないわ、大丈夫よ。」

 

②「そう思うこと、お母さんにもあるわよ。」

さて、どちらが心地よいでしょうか?

 

①は、否定して安心させている。

(漠然とした安心感ですが・・・)

 

②は、共感して安心させている。

 

こういうやり取りは、

ごく自然に親子の会話の中で繰り返されています。

 

 

対人関係において

「否定」はあまり好意的な結果を得られず

「共感する」ことの大切さと「共感される」ことの

暖かさや心強さを得られることを

随分、成長してから気付きます。

恐らく

「共感される」経験が少ない、

ないに等しいヒトの方が気付くでしょう。

 

何故かぽっかり・・・としたココロに穴が開いたような

「寂しさ」「不安」があることに。

 

どうしたらいいの??って・・・

「自分を愛する」とか「自分を大切にする」とか

出てくるんでしょうけど

 

ぽっかりとした穴みたいなものは私にもあります。

大いにあります。

めっちゃ「こころ」や「身体」や「脳」にどん欲に学んできましたが

未だ、あります。

そして、

時々大きくなったり、深くなったりして飲み込まれたりします。

以前は

どうにかしなければ・・・と「恐れ」「焦り」っていたのですが

その時は、「自分を愛する」とか学んでも学んでも

どっか飛んで行ってましたてへぺろ

 

これはなぜあるのか?

についても掘り下げ、考え、対処方法を学び・・みたいな。。

 

私の場合は

「これがなくなれば、事態は改善する」と思っていたようです。

「否定」・・「否定」しておりました。

 

対人関係において

「否定」は好意的な結果を得られず・・

そうそう・・自分と仲良くとか、愛するとか出来ないよ。

 

全て自分なのです。

 

で、、

ありのままのーーーっ

そのままでいいんだよ・・・って流れになるんですが

これも、、悩ましかねぇ。。

 

長くなりました、、また今度で。。

 

 

 

 

~花咲里(飾り)細工 Kiyola~

日本古来からの「つまみ細工」で

着物や浴衣を着る際に

ワンランクアップできる「和飾り」をハンドメイドしています。

デザインや布選び、裁断、一つ一つ心を込めて摘まんでいます。

「あなたらしい」エッセンスを取り入れてワンランクアップした

オシャレを楽しんでください。ピンク薔薇

こちら

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。