フランツもくるんだって

テーマ:

2月の来日ラッシュの時期にFrabz Ferdinandも来るみたいです。

1夜限りで2月10日の東京公演(Zepp Tokyo)のみです。

前回の来日の時は武道館で見てなかなかいい感じのライヴでしたが今回の来日公演は日程的にも厳しいんでたぶん行きません。

きっとまたツアーで来日してくれると思うんでそちらに期待です。

AD

来日公演多いなぁ

テーマ:

最近、大物から新人まで続々と来日公演が決定していますね。

Oasisの来日はかなりうれしいながらも会場が幕張メッセってちょっと残念な感じです。でも行かないわけにはいきませんね。

あとRazorlightも決まりましたね。最近、Razorlightの新作も出たということもありこちらも見逃せないですが時期と言い、チケット代の支払いもあるだけにかなり悩んでいます。

それにしてこれじゃお金と時間が足りませんね。

AD

BRITISH ANTHEMS@新木場スタジオコースト

テーマ:

日曜に行われたBRITISH ANTHEMSに行ってきました。

まずは、BRIGADEの登場です。

UKロックというよりもロックでエモーショナルなサウンドといった感じでした。ライヴが評判ということだけあり、パフォーマンスはなかなか良かったです。

まだまだ、これからの活躍に期待です。

つぎに見たのは、The Troubadoursです。今回の出演バンドの中でも特に期待していたバンドです。

こちらはBRIGADEとは違いまさにUK説いた感じの曲でどの曲もキャッチーで聞きやすいです。さすがポールウェラーに認められるだけはありますね。

CSなどでプッシュされたGimme Loveなんてホントに心地いい曲で会場も盛り上がりました。

続いてLightspeed Championです。

デヴはTest IciclesでBRITISH ANTHEMSに参戦してましたよね。ってことでUK出身ではないですが今回の参戦でしょうかね。

Test Iciclesも好きでしたがLightspeed Championはかなり好きです。Test Icicles時代の攻撃的なサウンドはなくなりすごいやさしいサウンドです。21歳とは思えない才能の持ち主です。

Galaxy Of The Lostはホント名曲といっても過言ではないくらいだと思います。トレードマーク?のニット帽をかぶり登場し特に演出もなく地味な感じなライヴ構成ですが演奏、歌と安定していていいライヴでした。

次に見たのはBIG STRIDESです。

以前BIG STRIDESはだれかのオープニングアクトで見たことがあります。記憶が曖昧ですが。

今回はベースのクリスが来日できなかったらしくサポートメンバーでしたがウッドベースを基調とするジャズテイストなサウンドは健在でよかったです。

いろいろなジャンルが融合した感じの曲が多く、自然と体を動かしたくなりました。これからも期待しています。

ラストはThe Charlatansです。

The Charlatansは今まであんまり聞いてこなかったんでほとんど曲を知りませんでしたがかなり良かったです。

1曲目のYou Cross My Pathからかなりかっこいいサウンドだし、キーボードのいるバンドっていうのも最近あまり多くないんで新鮮さも感じました。

あとボーカルのティムは写真などで見ていた印象とは違った髪形や動きには驚きもありましたがとても機嫌も良かったのか前列の人たちと何回も握手していました。

セットリストは東京での単独公演がないためか単独並みといってもいいくらいの内容だったのではないかと思います。(大したファンじゃないのに勝手なこと言ってスイマセン)


char_setlist.jpg
AD

The Music@新木場スタジオコースト

テーマ:

昨日、The Musicのライヴに行ってきました。

The Musicのライヴは今年4月のMTV LIVEで見たんですがその時はThe Subways目当てで行ったんで実はほとんどThe Musicについて知らなかったんですがロブのパフォーマンスを見てたらとてもかっこよくて一気に好きになってしまい、今回のライヴ参戦となりました。

まずは、オープニングアクトとして登場したThe Whipですがかなりダンスサウンドが強めのバンドでした。

数曲はいい曲があったものの正直、音的には自分のタイプではありませんでしたが、会場を盛り上げようとする姿はとてもよかったです。

そしてThe Musicのライヴですが完璧なパフォーマンスを見せてくれました。

セットリストはよく覚えていませんがとにかくどの曲もすごくて音、ロブのダンス、演奏どれをとってもカッコイイの一言です。

Strength In Numbersなんて前奏からもうサイコーですし、The Peopleの盛り上がりは半端じゃないしなどなどで最近は落ち着いてライヴを見ていたんでこんなに興奮したライヴも久々でした。


Sigur Ros@国際フォーラム

テーマ:

ちょっと前ですがSigur Rosのライヴに行きました。

Sigur Rosは前作のTakkから何となく気になっていて今回のMed sud i eyrum vid spilum endalaustで結構好きになりました。

ライヴは座席が1階席の一番後ろと何とも言えない席でしたが音はさすが国際フォーラムだけあって絶品でした。

セットリストはこんな感じでした。

01.Heysátan
02.All Alright
03.Glósóli
04.Ný batterí
05.Fljótavík
06.Við Spilum Endalaust
07.Hoppípolla
08.Með Blóðnasir
09.Inní Mér Syngur Vitleysingur
10.Sæglópur
11.Festival
12.Gobbledigook
アンコール
13.Svefn-g-englar
14.Popplagið

事前の情報でヨンシーの声が不調と聞いていたんですが悪さを感じさせないライヴを見せてくれました。

最高の音を聞けたこの日は幸せで、今でもSigur Rosの曲を聴くたびにライヴのことを思い出してしまいます。また来日公演があったら参戦します。