Los Campesinos!

テーマ:

9月9日のクアトロでのLos Campesinos!のライヴへ行くこととしました。

サマソニではマリンステージで結構人が来ていたんですが単独ではまだチケットにも余裕があるようでちょっと残念な気もしますが、きっといいライヴを見せてくれると思います。

今から期待しています。

AD

OASIS新曲PV解禁

テーマ:
いよいよニューアルバムからのリードシングルのPVの放送も解禁され、発売まで間もなくといった気がします。
相変わらずのOASISらしいギターサウンドでリアムの歌声もいい感じですね。
アルバムが発売になると来年の夏フェスで来るのか?単独来日公演があるのか?気になるところですね。ちなみに現在MTVでプライベートライヴをイギリスで見に行く企画の募集を行っているようです。
AD

これからの予定

テーマ:

まだチケットをとってないんですがこれから年末にかけていきたいライヴがどんどん増えてきました。

とりあえず、The Music,The Zutones,British Anthems,Cajun Dance Partyあたりは外せないかなと思ってはいますがこれからちょこちょこ忙しくなるため平日のライヴは行けるかどうか怪しい感じです。


AD

The Kooksのチケット購入

テーマ:

11月に待望のジャパンツアーを行うThe Kooksのチケットを先行にて申し込みました。

海外ではアリーナクラスの会場でライヴをやるのが当たり前となっているだけに今回のジャパンツアーのようにライヴハウスで見れるというのはとても貴重な体験となると思います。

The Kooksファン必見のライヴですね。

The Fratellis@O-East

テーマ:

サマソニ出演に引き続き単独公演を行ったThe Fratellisのライヴへ行ってきました。

まず、ゲストとしてこちらもサマソニに出演していたThe Troubadoursのライヴがありました。

なんか懐かしい感じの音楽を聞かせてくれて会場がなごむライヴだったと思います。11月にBritish Anthemsでの再来日が決まっているようです。

そしてライヴ後にはEPを購入し、サイン色紙もいただきました。

そしてThe Fratellisのライヴです。

サマソニのとき同様、サポートメンバーをつけた4人体制でのライヴでした。

そしてライヴはMistress Mabelでスタートです。この曲はかなりノリのいい曲なんで一曲目から会場の盛り上がりはすごかったです。

それからは今回のライヴは新作とファーストからの曲をいい感じに織り交ぜたライヴで終始、踊りっぱなしのライヴでした。

アンコールでのFlatheadやBaby Fratelliあたりにはもうくたくたな感じでしたが盛り上がらずにはいられないといった雰囲気にさせられました。

毎回、特別な演出はないですが楽しいライヴを見せてくれるThe Fratellis、かなりすごいですね。

Summer Sonic 08 2日目

テーマ:

サマソニ2日目は完全にマリンのみの1日となりました。

まずはThe Wombatsです。

かなりポップな感じでどの曲もノリノリで聞けました。前回のBritish Anthemsで見た時よりもさらに成長していたように気がしてよかったです。

その中でもLet's Dance To Joy Divisionは格別でした。

つづいてはVampire Weekendです。

あまり聞いたことはなかったんですがUSインディーズ界で注目されているということで期待していました。

さすが注目されているというだけあり、楽曲もよく聞きやすかったです。

また、バンド名を日本語で吸血鬼の週末って紹介していたのは印象に残っています。

次のThe Hoosiersは文句なしのサイコーのパフォーマンスでした。

新人といってもそんなことをちっとも感じさせない演奏の安定感があり、さらに今回はトランペットとトロンボーンのサポートもつきでした。

これからも頑張ってもらいたいです。

次の311では休憩をとりThe Kooksのライヴへと備えることとし、待ちに待ったThe Kooksはさすがのパフォーマンスを見せてくれました。

いきなりAlwaysを演奏し、会場を盛り上げたり、ルークがすっごく日本語上手になっていてDo You Wannaではみんな座ってていってみんなで座って一斉にジャンプするっていうZebraheadっぽい演出もありました。

11月の来日公演にもかなり期待です。

つぎのRadwimpsはあえて何も言わないこととします。

そして圧巻のパフォーマンスを見せてくれたのはAlicia Keysです。

今年でサマソニ4回目の参戦ですがここまでマリンステージを異空間にしてくれたアーティストはいなかったんじゃないかなぁと思わせるほどのパフォーマンスでした。

ラストのNo Oneの大合唱なんてほんとに感動的なシーンでサマソニの歴史に深く刻まれるでしょう。

そしてラストはColdplayです。

どの歌もサイコーすぎです。他のアーティストとは格が違うなと思わせるパフォーマンスです。

The Scientistをアリーナ中央のステージで演奏してくれた時なんてかなり近くで見ることができよかったですし、ClocksをAlicia Keysと一緒に演奏するなんてサプライズや世界に一つだけの花をちゃんと日本語で歌うクリスなどなどどれをとってもスペシャルなステージでした。

また、来年のサマソニも楽しみにしています。

Summer Sonic 08 1日目

テーマ:

今年のサマソニ例年にましてマリンステージ比率が高くメッセで見たのはThe FratellisとPaul Wellerだけで他はずっとマリンのみでした。ただ、天気が幸い曇り気味で風もあったんで去年に比べるとぐっと楽に見ることができたと思います。

とりあえず、1日目のレポです。

はじめはLos Campesinos!です。

British Anthemsで見たときも結構、良かったんで今回も期待していたバンドの1つです。

なんかマリン1発目のアーティストにしては結構な人が集まりました。

演奏はけっして上手とは言えませんが逆にこのバンドはそれがいいのかもしれません。You! Me! Dancing!などのメロディーはなんか心地よく聞こえて最高でした。クアトロでの単独行こうか検討中です。

続いてもBritidh Anthemsに出演していたアーティストJoe Lean And Jing Jang Jongです。

このバンドの曲ってすっごく好きなんですがボーカルのJoe Leanの動きがなんとなくオカマっぽいのがどうしても笑ってしまいます。まだまだ、日本での知名度が低いだけにこれからもっと頑張ってほしいバンドです。

続いては今回、かなり楽しみにしていたOnerepublicです。

アリーナのほぼ最前列で見ることができました。

どの曲もいいのですがやはりStop And StareやApologizeといったシングル曲はかなりの名曲だなと思いました。しかもこのバンドは演奏が上手いです。安定した音でライヴを見せてくれました。

Youtubeで何度か見ていて期待していたリアーナのUmbrellaの演奏もありました。単独来日公演を期待しています。

次のThe Subwaysは4月のMTV LIVE以来だったんでさほど日にちは空いていないんですがビリーとシャーロットの日本語が上達していたのが印象的でした。

Rockn' Roll Queenではサビを日本語で歌ってくれるというサービスっぷりには感動でした。

Zebraheadはさすがの人気ぶりでアリーナ前方エリアが結構埋まっていました。

相変わらず、日本語はうまいんですがなんせ下ネタが多すぎでした(笑)

ただ、パフォーマンス自体は申し分なく楽しめました。

次にPanic At The Discoです。

初めてPanic At the Discoのライヴを見ましたがなかなか演奏もうまくよかったです。

Nine In The Afternoonを日本語で夜の9時と紹介していたのは印象に残ってます。

次は、ソニックステージに移動し、The Fratellisを見ました。

The Fratellisは今回はサポートメンバーが1人加わり、4人体制でのライヴでした。ニューアルバムからの曲も前作からの曲もどれも聞きやすく、ノリやすいということで大盛り上がりのライヴでした。

初日のラストはPaul Wellerで閉めました。

Paul Wellerも初めてライヴを見たんですがさすがベテランらしい安定した演奏、歌を聞かせてくれました。

そんなに曲を知っているわけではなかったんですが楽しめるライヴでした。

また2日目のレポは後日書きます。

続々と決まっているようです

テーマ:

サマソニやフジで来日をしたバンドの単独公演が続々と決まっているようですね。

なかでもThe MusicとCajun Dance Partyには期待しています。

The MusicはMTVライヴで初めて生ライヴを見たんですがすっごくかっこいいパフォーマンスでまたライヴで見たいと思っていただけにこのタイミングで決まってくれたのはうれしい限りです。

Cajun Dance Partyはサマソニで見たいバンドの1つですが時間の都合上、きっと見に行けないんで単独は行きたいと思ってます。ただ、いきなりAXって会場でかいですね。クアトロとかリキッドくらいのハコで見れると思っていただけにちょっと残念ですが。

きっとこれからの時期フェス出演組が単独で多く来日してくれるんでしょうね。

Jason Mraz@SHIBUYA-AX

テーマ:

今週の火曜日にJason Mrazのライヴへ行きました。

Jason Mrazのライヴは前にリキッドルームでやったのを見に行ってすごい完成度の高いライヴだなという印象を受けたんで今回も結構、期待していました。

その期待通りにライヴではしっかりとライヴのために曲はアレンジされており、またトランペット、トロンボーン、サックスをメンバーに加え、さらなる曲への厚みが増していました。

そして今回も毎度ライヴでおなじみとなったThe RemedyのサビでOasisのWonder Wallを掛け合わせて歌うパフォーマンスいつきいてもかなりかっこいいです。

あと、日本語も上達していて会場を和ませてくれましたね。それからメンバー紹介でポラロイドカメラで写真を撮りながら紹介し、撮った写真をすぐ観客に投げてプレゼントってすっごくいいアイデディアをJasonは思いついたんだなと思わず感心させられました。

とにかく最初から最後までJason Mrazの歌声、人柄などを思う存分楽しめる最高のライヴでした。