STORY OF THE YEAR

テーマ:

本日、SHIBUYA-AXで行われたSTORY OF THE YEARのライヴに行ってきました。

今回は初めて2階指定席を購入したこともあり、どんな感じに見れるのかと思いながら行ったんですが2階席からでも十分楽しめました。また近くにはまだ小学生ぐらいの歳の女の子がSTORY OF THE YEARのTシャツを着て 親と一緒に来ていてこんな小さい子にもSTORY OF THE YEARは受け入れられているのかと思うとなんだかうれしい気持ちになりました。

ライヴはSTORY OF THE YEARが登場すると会場ではすごい歓声が上がりその勢いのままライヴに突入です。

はじめはSTORY OF THE YEARらしい激しい曲が何曲か続き、途中でクールダウンと言って名曲Anthem Of Our Dying Dayが演奏されました。これは会場も大合唱でした。

それからメンバーは日本語を交えた面白いMCで会場を盛り上げてくれました。

誰が教えたのか日本語で下ネタまで言っちゃいました。あとレコード会社の担当の方でしょうか女性の方が誕生日をメンバーに祝福されていました。

個人的に盛り上がったのは新作のファーストシングルWe Don't Care Anymore ですね。この曲なんだかメロディーが好きなんですよね。

そして今回、ライヴのハイライトはだれが何と言おうともUntil The Day I Dieでしょう。

これは会場に来ていた誰もが歌える曲だったに違いありません。このときの合唱はすごかったです。

激しい曲からメロディアスな曲まで書いてしまうStory Of The Yearのライヴ素晴らしかったです。

帰りがけにアルバムを購入してサイン入りの写真をもらいとてもうれしかったです。

Story of the Year
Page Avenue
ストーリー・オブ・ザ・イヤー
イン・ザ・ウェイク・オブ・デタミネイション(初回限定スペシャル・プライス)
AD

ROOSTE来日公演決定!!

テーマ:
去年はアヴリルの前座、サマソニ、単独など何度も日本でライヴをしてくれたROOSTERが7月にライヴをやってくれます。
日程は7月1日 新木場スタジオコート
    7月2日 なんばHATCH

となっています。

新作サークルズ・アンド・サテライツが世界で一番初めに日本で発売されるんでこのライヴもすごく楽しみです。


ルースター
サークルズ・アンド・サテライツ(3ヶ月限定スペシャル・プライス)
詳細はクリエイティブマン

AD

Black Eyed Peasチケットゲット

テーマ:

本日、Inter FMでの電話先行予約でBlack Eyed Peasのチケットを購入しました。

7月14日(金)の東スタンド席1階C列というなかなかの席を取れました。

ヒット曲連発のBlack Eyed Peas,武道館という大きな舞台でどんなライヴを見せてくれるのか楽しみです。

ちなみにチケット一般販売は今週27日土曜日です。

AD

最近のお気に入りPV

テーマ:

最近、スカパーでもたまにOAされているSHAKIRAのHips Don't Lieが気に入っています。

この曲はレゲトンのリズムでSHAKIRAの声というのがいいですね。PVではSHAKIRAのセクシーな腰振りも見れますね。

この曲はワールドカップの公式ソングになっているようなのでコレから先耳にする機会が増えると思います。

PVはコチラ

サマソニ2日通し券売り切れ!!

テーマ:

今年のサマソニのチケットの売れ行きはすごいみたいです。

早くも東京2日通し券売り切れとなっています。

1日券は残っているようですがこの調子だといつ売り切れるか分かりませんね。

行かれる方は例年より早めに購入したほうがよさそうですね。

チケットとは関係ないんですが今回のサマソニで見たいアーティストをリストアップしてみました。

東京

8月12日

MARINE STAGE

HOOBASTANK,ZEBRAHEAD,TAKING BACK SUNDAY

MOUNTAIN STAGE

EDITOS,THE CHARLATANS

SONIC STAGE

DANIEL POWRTER,KEANE,EL PRESIDENTE,THE CARDIGANS

URBAN STAGE

MATISYAHU

13日

MARINE STAGE

LINKIN PARK,FALL OUT BOY,THE ALL AMERICAN REJECTS,MY CHEMICAL ROMANCE,MUSE

MOUNTAIN STAGE

ARCTIC MONKEYS,THE KOOKS,WE ARE SCIENTISTS

BEACH STAGE

LITTLE BARRIE

URBAN STAGE

NELLY FURTADO

ISLAND STAGE

MANDO DIAO

これだけ見たいアーティストがそろってるとタイムテーブルがすごい気になります。

1日目は見たいのが大きくかぶることはないと思っています。ただ、トリに何を見るかまだ決まっていません。

2日目はこの調子だとかなりかぶりますね。MARINE STAGEに居座るかもしれません。ただお猿さんとTHE KOOKS,科学者たちはどうしても見たいですね。ちなみに2日目トリはリンキンを見ることに確定です。

どれを見ようか今からかなり悩んでます。

サマソニ公式ページ

音楽界ホットな男ランキング

テーマ:

ホットな男ランキングというのが発表されました。

1位 エルヴィス・プレスリー
2位 ジョン・ボン・ジョヴィ
3位 アッシャー
4位 ロビー・ウィリアムス
5位 トミー・リー
6位 ブルース・スプリングスティーン
7位 アンソニー・キーディス
8位 レニー・クラヴィッツ
9位 ジャスティン・ティンバーレイク
10位 ジム・モリソン
他にミック・ジャガー(11位)、LL クール J(13位)プリンス(14位)、クリス・マーティン(19位)
エルビスは不動の1位と言ったところでしょう。

2位のジョン・ボン・ジョヴィはアメリカでのツアーが盛況して日本、ヨーロッパと世界でのライヴパフォーマンスがすごいです。まさにホットです。


EDITORS&We Are Scientists

テーマ:

昨日は風邪をひいて体調最悪だったんですがこのライヴは見逃せないと体調不良を押して見に行きました。

会場のクアトロに着くとWe Are Scientistsのドラマーが会場を待つファンの前に現れ一緒に写真をとったりしていました。

ライヴは予定時刻どおりにはじまりました。

まずはEDITORSの登場です。格好いいし、クールだけどとてもいい人そうでした。

曲はとにかくギター音がとても自分好みでいい感じです。会場の盛り上がりはイマイチかなぁと思っていたんですMunichが流れると会場の雰囲気はかわりすごい盛り上がりでした。

サマソニでのライヴにも期待が膨らみました。

つづいてWe Are Scientistsのライヴです。

EDITORSよりもこちら目当ての観客が多かったようでクアトロの一段下のフロアへどんどんと人が流れて行きました。

そしてWe Are Scientistsの登場です。

ヴォーカル以外はひげを生やしていてなんだか不思議な3人組といった感じですが演奏はホンモノですね。

はじめっから盛り上がりっぱなしでしたね。

Nobody Move Nobody Get HurtIt's A Hit 、Great Escapeといったシングルカット曲はすごい聞きやすいし、他の曲もみんなで歌えるような感じでよかったです。

自分の周りの人はほとんどの曲を歌っているようでした。

コチラもサマソニでのパフォーマンスが楽しみですね。

体調がわるくってこの最高のライヴを楽しみ切れなかったのが悔いに残ります。

Editors
The Back Room
ウィー・アー・サイエンティスツ
愛することとみじめさと(CCCD)

BLACK EYED PEAS来日公演決定!!

テーマ:

去年新木場コーストでの1夜限りのライヴを瞬く間にソールドアウトにさせたBlack Eyed Peasが7月になんと大阪城ホール1DAY,武道館2DAYS、というビッグな会場でやります。

7/11(火) 大阪城ホール 午後7時開演

7月13(木)、14(金)日本武道館午後7時開演

となっています。

この日程は夏フェスやコールドプレイのライヴも近いことあって結構つらい出費となりそうですが去年いけなかったんで今年こそはと思ってます。

また招聘は今回はクリエイティブマンではなくウドーとなっています。

詳しくはコチラ

Black Eyed Peas
Monkey Business

EL PRESIDENTEライヴ

テーマ:

昨日、渋谷クラブクアトロにて行われたEL PRESIDENTEジャパンツアー初日に行ってきました。

オープニングアクトに日本のスカバンドが登場したためEL PRESIDENTEのライヴは8時ちょっとすぎに始まりました。

登場したメンバーを見た印象は2月のプロモ来日でのアコースティックライヴのとき同様、好印象でした。

ドーンはクリーム色のドレス姿でドラムをたたく姿にはうっとりしてしまいました。

ローラも前よりも女の子っぽい衣装で美声コーラスもよかったです。

ダンテは相変わらずのスーツ姿にサングラスをかけて登場し、ダンディという言葉が似合う男って感じでした。

トーマス、ジョニーも息の合った演奏を見せてくれてとてもよかったです。

ちゃんとしたバンド編成での演奏を始めてみたんですがとてもうまかったです。

前半から盛り上がったんですが後半にはシングルカット曲が連続してきてさらに大盛り上がりでした。

観客みんなでコーラス部分を歌ったりしてダンテも喜んでいたご様子でした。

印象に残っているのはWithout Youを歌う前にダンテが「前のプロモ来日のとき、渋谷でこの曲が流れていてすごくうれしかった」と言った内容の話をしてくれました。

アンコール前にはダンテやジョニーが観客に赤いバラをあげるなんて演出もありました。

ラストはターン・ディス・シング・アラウンドで締めくくりですごくいい雰囲気なライヴでした。

サマソニ出演も決定したんで夏にもまた再会したいと思いました。

エル・プレジデンテ
ターン・ディス・シング・アラウンドEP

サマソニ情報

テーマ:

サマソニのステージ割りと追加アーティストが発表されました。

今回の発表では話題の新人アーティストであるEDITORS、EL PRESIDENTE,、We Are Scientists、Daniel PowterそれからThe Cardigansと日本からm-floの出演が決まっています。

今回の追加は見たいアーティスト満載でうれしいです。

この中でもEL PRESIDENTEは明日、渋谷クラブクアトロでEDITORS/We Are Scientistsは金曜日に渋谷クラブクアトロでのライヴに行ってきます。

それからステージ割りは結構、ステージごとに出演アーティストのジャンルがまとまっているような感じなのでかなり見やすいと思いました。

ただコレだけ見たいアーティスト多いと出演時間がかぶるのは間違いなさそうですね。

サマソニ公式ページ