最優秀UKソング

テーマ:

ヴァージン・ラジオのリスナーが選んだ最優秀ブリティッシュ・ソング・トップ10は――
1.オアシス「Wonderwall」
2.クイーン「Bohemian Rhapsody」
3.レッド・ツェッペリン「Stairway To Heaven」
4.ビートルズ「Let It Be」
5.ジョン・レノン「Imagine」
6.ポリス「Every Breath You Take」
7.ザ・ジャム「Going Underground」
8.ヴァーヴ「Bitter Sweet Symphony」
9.ロビー・ウィリアムス「Angels」
10.ザ・ストラングラーズ「Golden Brown」

クイーン、ビートルズよりもOASISが上にいるとはすごいですね。

AD

OASISやりました!!

テーマ:

5/25発売のニュー・アルバム『ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース』がなんと!
日本における自己最高位でバンド史上初となるオリコン・アルバム・チャート初登場1位(6/6付)を記録しました!祝!!!
UKバンドのオリジナル・アルバムが日本においてNO.1デビューを果たしたのは、28年ぶりだそうです。

次はColdplayに頑張ってもらいたいです。


AD

リアムがブロックパーティーと!?

テーマ:

NME.COMによると、オアシスのリアム・ギャラガーがブロック・パーティと曲をレコーディングしてもいいと話したという。リアムは先日、ブロック・パーティを「『University Challenge(大学対抗クイズ番組)』の出演者みたいだ」とこき下ろしたばかりだが、彼らが自分の基準を満たす曲を作るのであれば、一緒にコラボレーションしたいと語った。リアムはヴァージン・ラジオでこう話したという。「ブロック・パーティとやりたいね。もし彼らに十分いい曲があるっていうんなら、俺はやるよ」 また彼は、ブロック・パーティをはじめ、彼が攻撃したバンドから逆に反撃されたことをこう受け入れている。「俺は音楽を愛してる。奴ら(リアムが攻撃したバンド)にも、俺のバンドをけなす権利はある」と“大人の態度”を示した。 オアシスのニュー・アルバム『Don't Believe The Truth』は月曜日(5月30日)にUKでリリースされる(日本ではすでに発売中)。来週のチャートで1位を飾ることが予想されている。 (バークスより)

ブロックパーティーとリアム凄い組み合わせですね。ぜひ実現してもらいたいです。

この記事を読んでるとサマソニで競演してくんないかなぁなんて思ってきます。

AD

爆発ライヴ!~TOKYO篇

テーマ:

Green DayのAmerican Idiotの2枚組を購入しました。Disc 1は前から持っていたのでさっと流して待ちに待ったDisc 2を早速PCにいれてGreen Dayのライヴ映像を見ました。ライヴ映像はAmerican IdiotにはじまりBoulevard Of Broken Dreamsに終わるという感じで30分ぐらいありなかなか見ごたえがあります。ちなみに選曲はAmerican Idiotからです。

公式にライヴ映像を見ることの出来る数少ないものだと思います。3月にあった来日公演に行った人にも行ってない人にもお勧めです。

詳細はコチラ

毎週土曜日15:00~18:00に東京周辺のFMラジオInter FM(76.1)で放送されているInter FMでのエアプレイ回数を元に作ったトップ10を紹介します。

1 Lonely No More/Rob Thomas

2 Don't Phunk With My Heart/Black Eyed Peas

3 Speed Of Sound/Coldplay

4 Lyla/Oasis

5 Hollaback Girl/Gwen Stefani

6 Keep It Tight Keep It Loose/Amos Lee

7 Oh/Ciara f.Ludacris

8 Devils And Dust/Bruce Springsteen

9 Incomplete/Backstreet Boys

10 Blue Orchid/White Stripes

とまあこんなかんじになってます。

洋楽中心のラジオ局なので実際にはトップ30をやっているんですが30曲全部洋楽となっています。


6月に発売する注目盤CD

テーマ:
アーティスト: Backstreet Boys
タイトル: Never Gone
アーティスト: Foo Fighters
タイトル: In Your Honor (CCCD)

アーティスト: Coldplay

タイトル: X&Y


アーティスト: Frankie J

タイトル: The One

6月もいろいろとCDが発売されますね。Backstreet Boysは先行シングルIncompleteがなかなかいいんでニューアルバムには結構期待してます。Foo Fighters,Coldplayは前からずっと待ってたニューアルバムなので即買います。それからFrankie Jはやっと日本盤の登場となりました。日本でもそこそこ人気が出て来日公演をしてくれる事を期待してます。


Kelly Clarksonが牛乳のキャンペーン

テーマ:

ケリー・クラークソンが牛乳の摂取を勧めている。彼女は米牛乳促進団体の“Got Milk”の最新キャンペーンに登場。同広告で恒例となっている「牛乳ヒゲ」をつけた姿をみせた。
NMCが伝えた内容によれば、全米ツアー中のクラークソンは「ツアーにはミルクが欠かせないわ。ステージのエネルギー補給にはうってつけよ」と話している。
また、牛乳が好きでない人には、チョコレートを加えて「チョコレートミルクにして飲む」とおいしく飲めるとアドバイスした。
過去にはリンジー・ローハン、ヒラリー・ダフ、ブリトニー・スピアーズ、バックストリート・ボーイズ、ネリー、KISSといったアーティストが同キャンペーンに出演している。
クラークソンの最新作は『Breakaway』('05年)。先日、夏の北米ツアーの日程が追加された。次のコンサートは5月26日、ワシントン州シアトルで行われる。 (バークスより)

Kelly Clarksonに言われたら牛乳を飲まずにはいられません。

今週のR&Rチャート

テーマ:

1 Hollaback Girl/Gwen Stefani

2 Let Me Go/3 Doors Down

3 Since U Be Gone/Kelly Clarkson

4 Behind These Hazel Eyes/Kelly Clarkson

5 Switch/Will Smith

6  We Belong Together/Mariah Carey

7 Sugar (Gimme Some)/Trick Daddy

8 Don't Phunk With My Heart/Black Eyed Peas

9 Incomplete/Backstreet Boys

10 Mr.Brightside/Killers

今週のトップ10はどれも好きな曲でなんだかうれしくなりました。なかでも一番うれしいのはKelly Clarksonの新曲が4位まできたことです。1位を取るかもしれません。

KASABIANが応援歌!?

テーマ:

カサビアンが、ワールド・カップ'06に出場するイングランド・チームの公式応援歌を作るかもしれない。実現すれば、'90年にニュー・オーダーが歌った「World In Motoion」以来のかっこいい応援歌ができそうだ。
『The Sun』紙によると、バンドは現在、このプロジェクトの立役者でもあるサッカー番組司会者のティム・ラヴジョイと話を詰めており、すでにFA(フットボール・アソシエーション)の承諾も得ているという。関係者はこう話している。「ティムはサージ(G)とトム(V)のいい友人で、前に冗談で応援歌をやろうって話してたんだ。その話が最近また出て、今度はやるって決めたんだよ。FAもオーケーしたし、このアイディアは実現しようとしてるとこだよ」
前回のワールド・カップ('02年)の公式応援歌は、コメディアンのアント&デックが歌った「We're On The Ball」。これまでの公式応援歌でチャートのトップを飾ったのはニュー・オーダーの「World In Motion」('90年)とイングランド・ワールド・カップ・スクワッドの「Back Home」('70年)の2曲だけだ。(バークスより)

KASABIANが歌う応援歌どんなのか想像も出来ません。来年に期待!!