妙光寺のブログ

日蓮宗妙光寺の行事や、住職の思うことを気ままに書いていきます。


テーマ:
「一眼(いちげん)の亀(かめ)の浮木(うきぎ)の孔(あな)に値(あ)えるが如(ごと)し」


『法華経(ほけきょう)』妙荘厳王本事品(みょうしょうごんのうほんじほん)第二十七の一節 
「仏(ほとけ)には値(あ)いたてまつること得難(えがた)し、優曇波羅華(うどんばらけ)の如く、又一眼(いちげん)の亀(かめ)の浮木(うきぎ)の孔(あな)に値(あ)えるが如(ごと)し。」
【意訳】仏様に出会うことは、大変難(むずか)しいことです。優(う)曇波(どんば)羅(ら)の華(はな)というものは、数百年あるいは数千年に一度花が咲くということですが、そういうごくまれに開く華(はな)を見るのと同じように仏様に出会うことは難しい。また広い海の中で、眼の一つしかない亀が、たまたま浮いている浮き木の孔(あな)にめぐりあって、その孔の中に首を突っ込むことのたとえのように、仏様に出会うことは、きわめてまれなことです。
日蓮(にちれん)聖人(しょうにん)は「一眼の亀」の喩(たと)えを引いて「人間に生れてお釈迦(しゃか)様(さま)の出世(しゅっせ)に出会うこと、法華経(ほけきょう)にであうこと、法華経(ほけきょう)の肝心南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)のお題目(だいもく)を唱えることの難(むずか)しいこと、お題目(だいもく)に出会う意義深(いぎぶか)いこと」を述べられています。
今、私達がこうして人間界(にんげんかい)に生を受けているのは、過去(かこ)世(せ)の善業(ぜんごう)による果報(かほう)です。ましてや、み仏(ほとけ)の教えに出会い、中でも、み仏の魂魄(こんぱく)そのものである『法華経(ほけきょう)』、「本門(ほんもん)寿量品(じゅりょうほん)の肝心(かんじん)南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」を信仰(しんこう)しています。神秘的(しんぴてき)な因縁(いんねん)に他なりません。心をこめて南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)のお題目(だいもく)を唱えましょう。
 
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード