2008年01月27日(日) 13時24分11秒

ニューペニンシュラグループはどこへ行く

テーマ:安ホテル編



今回正月の旅行で、かねてから一度は泊まってみたかった、「ニューフジホテル」に泊まってみました。

ニューフジホテルの話は次回に回すとして、先にこの「ニューフジホテル」が所属するホテルチェーン(?)、「ニューペニンシュラグループ」の事を書いておこうかと思います。


ニューペニンシュラグループに含まれるホテルはスリウォン通りに3件、外にもしかしたら存在するのかも知れませんが、私の知ってる限りでは「ニューペニンシュラホテル」「ニュートロカデロホテル」「ニューフジホテル」の3箇所です。



建物として一番目立つのはこの「ニュートロカデデロホテル」。


私もだいぶ前に泊まったことはあるのですが、荘厳な建物を活かしきれてない、ただの安宿です。

http://ameblo.jp/nichebkk/entry-10006131335.html


外壁やエアコンの室外機が新しくなってる気がします・・意外にも儲かっているのやも知れません・・

見るたびに、建物がもったいないなーと私は感じてしまいます。


こちらが旗艦たる「ニューペニンシュラホテル」

しかしながらもう3年か4年前には閉鎖されてしまっていました。

閉鎖直前にはホームページをつくったり、代理店からネット予約できるようにしたりとただのボッタクリ安宿からの脱却を目指していたように思えます。

てっきりしばらくリノベーション休業をしてから復活するのか、と思いきや、建物は手付かずのまま、リノベーションどころか休業以来放置されているようです・・

(後ろにもう一棟あった気もしますが、それは破却されたようです。)

そもそもこのホテル、相当の歴史があるようで、手元の1960年代~70年代のガイドブック全てに「ペニンシュラホテル」銘で記事がのっかっています。それが80年台前半に「ニューペニンシュラホテル」と改名し、現在に至ったようです・・

バンコクにおける「ペニンシュラホテル」としての歴史はリバーサイドの本家(1998開業)よりはるかに古いようですね。

tp://www.geocities.jp/saraibkk/mitpeninsula.htm

(有名どこですが・・)


スリウォン通りは薄暗い、古くからの町並みですがバンコク中心部であることに間違いは無く、いつまでも廃墟を残しておく訳にもいかないでしょう。

「ペニンシュラホテル」の復活の日があるのか、旗艦は廃墟のままトロカデロとフジだけでこの先営業していくのか、ニューペニンシュラグループの今後が気になります・・






















AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

nichebkkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■昔のホテル

これは、当然ご存知ですよね。http://www.oldbangkok.com/hotel-images2/index.htm
なお、ホワイトオーキッドが変なのは、元が銀行だったからです。

3 ■無題

>>うーあさん
SWAN HOTELってなくなってしまいましたか・・
プールがある激安ホテル、って話で一度泊まろうかと思っていましたが・・
食費・交通費が目立って安いだけにホテル代は目に付きますよね・・格差がでかいだけに一番節約できるとこでもあるのですが。

>>kiiさん
川沿いは思ったほどホテルが新設されないので、ペニンシュラも当分は「新しいホテル」で通りそうです。
チェンマイでペニンシュラとは確かに意味不明ですが、オリエンタルやプリンス、アジアなんてのも世界中にいくらでもあるわけで、本家も神経質になっていないのでしょう・・

2 ■お久しぶりです

本家?ペニンシュラは高嶺の花ですね~リバーサイドは1998年開業なんですね~まだ新参だったのですね?
チェンマイにも「ロイヤル・ペニンシュラ」というサービスアパートメントがありました。けっこう安いので泊まろうと思ったのですが、いかんせん立地がいまいち。
チェンマイやスリウォンで「ペニンシュラ(半島)」を名乗るのは「ご威光」にあやかろうとする以外、何ものでもないと思うのですが…
そういえば日本各地にも、あの「Pホテル」を名乗るところがたくさんあったような…

1 ■僕も、

初訪タイした時(91年)、オリエンタルホテル裏の
今は無いSWAN HOTEL に泊まりました。
部屋に TV 無し、エアコン 有り、温水シャワー 有り、
プール有り、朝食無しで~
520バーツ(1バーツ5円時)。

今でもタイは他の物価より宿泊費が高いよーなー。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。