三者三葉 町田夏生/新宮さやか/川又仁奈 YOD Gallery

テーマ:
おかけんた ブログ-2011120218230000.jpg

おかけんた ブログ-2011120218280000.jpg

おかけんた ブログ-2011120218260000.jpg

おかけんた ブログ-2011120218300000.jpg

おかけんた ブログ-2011120218240000.jpg


アクリル・キャンバス&インスタレーション、陶芸、日本画


花や植物をモチーフにした



三者三葉!



《画像1》 展示風景



★ OSAKA ART COMPLEX vol.4 三者三葉 町田夏生/新宮さやか/川又仁奈 YOD Gallery 〔24日(土)まで、11:00-19:00、日月〕 大阪市北区西天満4-9-15 TEL06-6364-0775 ★



TEZUKAYAWA GALLERY

展現舎

Gallery Fukuda

YOD Gallery

Yoshimi Arts



大阪に拠点を置く5つのギャラリーが展覧会を同時開催し、アートを愛するすべての方々と共に 「大阪の美術とは何ぞや?」 と考え、 「大阪の文化とは何ぞや?」 という答えにたどり着きたい!

そんな



OSAKA ART COMPLEX



も今回で4回目。

最後にご紹介させていただく展覧会は、



三者三葉 町田夏生/新宮さやか/川又仁奈

YOD Gallery



神秘的で生命力溢れる草花。

人はその魅力に惹かれ、癒し、思い、芸術性を追い求め感性を開花させます。


女性作家三人の三葉の数々、ご覧下さい。



《画像2》 町田夏生 作品


YOD さんで、 ″ 人を食っていく花 ″ というミステリアスなポイズン・フラワーを拝見した時、美の極地を感じた記憶があるんですが、今回は花で被い尽くされたインスタレーションとそれに相対するポートレートが展示され、いよいよ核心へと到達するのか? というワクワク感を感じました。



《画像3》 新宮さやか 作品


″ 生きている ″ という美しさを留めながら最期を迎えるひまわり、生死とは? 人生とは? そんな答えを問われているような作品。

陶は、半永久的にカタチを保ち続けます。

たとえ人それぞれの記憶に残らなくてもその存在や生きた証だけでも残ってほしい、そんなメッセージやオマージュがあるような気がします。



《画像4》 川又仁奈 作品


生命の源のざわめき、そこには女性という性別を超えた神のような存在を感じます。

まとっているような紅葉、そこには日本画が持つ美意識の表れがあり、真っ赤に染まり散っていく運命と、決して 「美しい」 と言ってもらうために染まっているのではなく、ただただ繰り返される自然の摂理として懸命に生きる。

そんな日本人の心のようなものが伝わってきました。。













意味深し ・ ・ ・ 。



《画像5》 展示風景
AD