2011-01-21 22:56:50

待つのではなく足で行く

テーマ:何故ミスをするか
よくあるケース。
ネットから2m程度のところにふわりとイージーボールがきた。
それをスマッシュしたらネットした。それをハイボレーしたらネットした。
いずれも「決め」でのミスです。

この時よく聞かれる言葉が
「待てなかった」というものです。
ボールを待てずに打ち急いでネットした、と本人は思っているわけです。

しかし、これは全く誤りとはいえませんが勘違いなのです。

待つのではなくボールに足で近寄っていかないためのミスなのです。足で行かないで足は地面に固定したまま腕だけを頼りに腕だけで打ちにいきネットしたのです。

ネットしてしまうということはラケット面が下方を向いているということです。何故そうなるのかといえば、腕で打ちにいくのでそうなるわけです。

「待てなかった」ということで「待つ」とどうなるか?
ふわりと来るボールが待っている自分のところに来たころには打点が下になっちゃっているわけです。つまり、決めボールの決めの確率が下がっているわけです。
待つのではなく自分の足で打ちに前に出て行くのです。ボールに自分からよっていくわけです。

「足」に起因するミスはとても多いと思います。だからこそ「足」をなんとかすればミスは極端に減るわけです。

スクールで他の生徒のミスを観察してみましょう。今回のことがよくわかってくるはずです。

逆にいえば多少見た目が悪いボレーでも「足」が動いている人のボレーは脅威なのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-12-08 18:35:09

足でテニスをしていない

テーマ:何故ミスをするか
前回のバランスとも関わっていますが。


コーチから
「足が動いていない」と言われませんか?

ボレーやスマッシュなどは目に見える形で影響が見えてきます。ストロークもサーブも見え難いですが同じです。

足を動かさずに腕や上半身を伸ばしてボールをミートしにいく、というやつです。足が地面に根っこを生やしてしまっているやつです。

それでやはりコーチから
「足を動かして」
と指導があります。

それで意識している間ができますが、忘れるとまた元に戻るのです。

「ミス」>「足を動かしていない」という関係は成立するのですが、「ミスをしないように足を動かす」という受け取り方がちょっと後ろ向きです。といいますか、再発の可能性大なのです。

ではどうするか。
基本的に全てのショットを足で打つのです。全ての動作の始動を足で行なう習慣をつけることです。動作の始動が足よりも手が先になると、どこかで体の連携にひずみを生じるものなのです。

ということで言い換えますと徹底的に足でテニスをすることをやることなんです。それがミスを減らします。


余談ですが。
サッカー経験者ってテニスもけっこういける、という話を聞きませんか。これって今回のテーマと関係すると思っています。サッカーがご存知のとおり「手」以外を使うスポーツです。いやいやこの表現は違いますね。「手」ももちろんバランスのために大いに使いますね。ただ、ボールには触らない、ということですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-07 20:15:34

バランスの立て直し

テーマ:何故ミスをするか
例えば。
ボレーをやっていてフォア側に振られたとします。ここで何とか足でとりにゆき、体をなるべく垂直に保とうとしておけば、次のボールにも対応しやすいのですが、ここで足を使わずに体を斜めに倒してとりにいくと、その次のボールに対応しにくいのです。そしてミスをします。


体のバランスをいったん崩すとそれをもとに戻すには意外に時間がかかるのです。その時間のかかっている間に次のボールが来てそしてミスをするわけです。


スピードのあるショットは一見魅力的ですが、バランスを崩してしまっていてはNGです。それならバランスを崩さないでゆっくりしたボールを打つ方がすごいのです。

自分の繰り出すボールスピードと自分のバランス調整時間、この両者のバランスをとってこそ安定したプレーとなるのです。

アマチュアでけっこう速いボールを打つ人はいますが、ほとんどの場合、それに比例してミスの数も多いのです。

というわけで。
常にバランスを崩さないで打つことを心がけましょう。



ちなみに余談ですが。
ダブルスならば二人のバランスを崩さないことも大切です。それはどんなことでしょうか。考えてみてください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-11-25 22:39:33

ミスをテーマに

テーマ:何故ミスをするか
しばらくミスをテーマに書いてみたいと思います。

「ミスは向上のチャンス」だと思うからです。「ミス」はけっこう精神的なこととして片付けられているのではないでしょうか?

大抵は同じ様なシーンで同じミスを繰り返すものです。ですから、原因もハッキリとそこにあり、それをきちっと直せば確実に上手になる、ということなのです。

試合になるとミスをしない選択をします。勝ちたいと思ったらそうなっていきます。その行動は正しいと思います。ただし、ミスをするケースをトレーニングで減らしていくことです。それをせずにミスからいつも逃げていては進歩しません。あたりまえですね。


ともかくちょくちょく出てくる同じ様なミスには感謝しましょう。そしてそれに正面から取り組むのです。そして次々にステップアップするのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。