2013-02-26 22:34:34

頭に叩き込んでおこう

テーマ:全般
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-02-14 20:32:04

体の移動(前後上下)

テーマ:全般

$間違いだらけのテニス指導 <初級(初心者)・中級から上級テニスを目指すために>


青い部分の移動(動き)で赤い部分を導き出しましょう。よって、赤い部分には力みや余計な操作は不要です。青い部分の動きがないから、どうしようもなくて赤い部分に強制的に力を入れて何とかボールを打っていることが多いのではないでしょうか。

通常、自分の思い通りにボールはきません。ですから来たボールに対してきっちりしたお決まりのフォームで打つのは大変ですし、1、2、3なんてやっていられません(コーチの球出しは別)。

シンプルに青い部分を前(a)に、上(b)に動かせば、赤い部分は(c)へ向うということです。ついでに青い部分は回転し、よりうまく赤い部分を動かしてくれることでしょう。

さて、相手のボールが遅ければ青い部分をきちっと動かしていかないとなりません。逆に相手のボールが速いと青い部分をきちっと動かしている暇はないでしょう。暇がない時は、足のバネだけでabcを行なったりします。暇がある時には右足から左足にステップしてabcを行なったりします。
要するに、青い部分の移動は状況によって異なった方法でやる必要があるということです。シンプルに考えるならば、どんな方法でもいいから、abcさえ行なえば、赤い部分つまり腕やラケットはボールをしっかり捉えるごとくスイングされる、ということです。

テニスはどうしても赤い部分の動きに注意が行き、ここをどうにかしようとなりがちですが、青い部分のほうがはるかに大切だと思います。
スロトークもサービスもボレーもこのへんは共通です。

日によって「ボールのコントロールに自信がなくなる」という方には特に考えてみて頂きたい案件です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-05 22:13:20

事実を受け止める

テーマ:全般
一度できたテニススタイルってそう簡単には変わりませんよね。自分のことはさておいといて他人のことを見ていると痛感します。久しぶりに会ってテニスが変身(もちろん良いほうに)したなーっていう人はいそうでいないです。もちろん細かな部分は向上していますが、抜本的な「悪い癖」というのはなかなか直っていないようです。

「悪い癖」もあるレベルまでは武器だったりすることもあります。または、悪い癖を補うほどの別の良い武器を備えていることもあるでしょう。だからこそ、テニスが楽しいし続けていけると想像します。

しかし、あるレベル以上ではやはり通用しません。悪い癖から来る致命的な弱点を見破られますし、そこを徹底的に責められて終わりです。

もし上手くなろうと思ったら、こうした悪い癖を修正していくことです。

一見あたりまえのことのようですが、意外に取り組まれていないのが現状ではないでしょうか。

やはり試合の負けへの綻びといいますかきっかけは自分の悪い癖から来ているのではないでしょうか。そこを冷静に受け止めてみる事ができれば、必ずや改善できると思います。ところが、いろんな言い訳をして、事実を受け止めないわけです。「今日は調子が悪かった」「仕方がなかった」「集中が足りなかった」などです。ともかく言い訳探しに終始している自分がいないでしょうか。

「この年では上手くならない」という方もよくいます。それはそれでいいと思いますが、そう思うのはその人だけでいいのです。いくつになっても努力次第で上手くなります。1年たっても成果がでないことも多々あるでしょう。しかし3年たって成果ででることもあります。5年かもしれません。いずれにぜよ、個々により蓄積の必要な時間は違うのです。

現状で満足するか、向上するか。
やっぱり向上していくことが楽しいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。