2012-10-27 19:30:07

シンプル イズ ベスト だった

テーマ:サービス
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012-10-20 23:42:56

自分に合ったフォームを!

テーマ:雑談
AD
コメント(7)  |  リブログ(0)
2012-10-09 21:04:16

下から内からの件

テーマ:全般
AD
コメント(6)  |  リブログ(0)
2012-10-06 16:16:34

テニススクール病

テーマ:雑談
誰にでもあてはまるものではありません。傾向として、こういうのがあるのではないかと感じているだけです。

もちろんスクールできっちりテニスを始めた人には素敵な基礎が身に付くと思いますから、それを基本に応用に進めばいいわけです。



1 コーチに教わらないことは試そうともしない
ダブルス、相手のサービスが良くてこちらのリターン悪い場合、2人で下がるケースがあるのですが、スクールでこれを体験していない人は「そんなのあるの?おかしい」という発想になるのです。いつまでも相手のポーチの餌食になって失点を重ねる必要はありませんし、2人ともスロトークが得意なら2人で下がる方が有利な流れになることが少なくないのです。


2 ロブが極端に苦手
ロブには攻撃用と守備用がありますが、守りの体勢を整える時間を稼ぐのに高いロブをあげるのは大変有効です。また、高くあげれば、それだけスマッシュもしにくくなります。しかし、スクールは室内練習が多く、天井の高いスクールは少ないので、ロブをあげる発想さえもわきません。


3 スロトークが速すぎ
女性に多いと感じます。ストロークのスピードがけっこう速い。しかし、回転は素直。コースも相手に容易にわかるほど素直。スクールで決められた場所から決められたところにパンパン打つのが得意になってしまっているようです。それで、何が問題なのかといいますと、自分の放つボールのスピードの割には走りや次への準備を整えるスピードが遅すぎるのです。つまり、パーンと打って返ってきたボールをまたパーンと返していくことを何度か繰り返していくと、だんだん右往左往になってきて、相手を振り回しているつもりが、相手に振り回されて自分が自滅するのです。ここにはペアに決めさせるという発想も見受けられません。スクールでダブルスのコンビネーションをきちっと指導していないせいも大きいと思います。また、自分の、自分たちの体勢を考えずにパシパシ打つ人に限って、相手のところにポッカリ空いたオープンスペースにパシッと打っていけないのです。そこに打てば必ずやポイントになるのに、です。


総じて言えば、スクールでやったこと以外はできないし、やらないし、やろうとしないし、知ろうともしないし、疑問ももたない、ということです。テニススクールでも各種あるでしょう。強くなりたい上手くなりたい、という方は、厳しく指導してくれるところや自分で考えさせるスクールを選んだほうがいいと思います。まあ、余計なお世話だとは思います。ようはテニスにおける自分の楽しさは何なのか、その楽しさに合っていればいいということですね。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。