1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-05-31 20:27:01

よくある問題

テーマ:サービス
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-05-30 23:35:52

イメージとのギャップが大切

テーマ:戦術
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-29 20:48:13

軸からひっぱり出す感覚を

テーマ:フォアハンド
AD
コメント(3)  |  リブログ(0)
2009-05-28 16:57:26

ダブルス勝利のための5原則

テーマ:戦術
2009-05-27 06:45:45

上達に向けて不可欠な意識(重要)

テーマ:全般
2009-05-26 20:03:55

試合の中からおさえる

テーマ:全般
2009-05-24 23:07:50

素振りのある目標

テーマ:練習
素振りは有効な練習であると
私は思います。

さて。

目標として次を設定するのがよろしいかと
思います。

それは。
全身リラックスしながら(要するに力が入って
いないという自覚)スイングして
ミートの瞬間(ミート前後)に
「ブン」
といい、そのまま一気に振りぬけることです。

「ブーン」でも「ビューン」でもありません。
「ブン」です。

「ブーン」や「ビューン」では
物足りないです。
実際にボールが来て「ブーン」ですと、
ボールにタイミングを合わせるための
調整がより必要になり、なかなか上手く
いきません。

「ブン」であれば。
ボールが来たら「ブン」でミートできます。

この
「ブン」、力ではありません。
全身の連携が上手くいって成立します。

上のレベルにいけばいくほど、この「ブン」
の時にボールを厚く押せるよう面が押されて
いると推測します。
そういう意味ではただ「ブン」だけですと
駄目なのですが。
擦れた当たりではまともに飛びませんから。

そしてこの「ブン」。
テイクバックからスイングが始まって
から振りぬきの最後まで「ブン」では
ないということです。
ミートの瞬間にたまった力が開放され
「ブン」です。

なんの力みもなしに
「ブン」です。

簡単そうで難しいと思います。
ボーレーもサービスも「ブン」です。

「ボレーで???」
そうなんです。
ミートの瞬間「ブン」です。

以上の「ブン」で
ボールを自分のコントロールの配下に
することができます。

一見豪快なスイングも
ミートの瞬間がいい加減であれば
(面が押されていなかったり、支えが
弱かったり)、大したボールは飛びません。
コンパクトでかるーく打っているように
見えても、ミートの瞬間の精度が高ければ
「パコーン」と飛びます。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-22 18:22:31

足のばねを感じる

テーマ:全般
足を使うのがテニスです。
が、、、、、

「足をまげて」
「腰を落として」
などのアドバイス
(私もそう表現していますが)
をそのまま受けて、
そのまま実践しても
どーも上手くいかない場合も
多々あるのではないでしょうか。

恐らく
曲げることや落とすことが
儀式になってしまっているのです。

ということで、
曲げるだとか落とすとか、
そういうことは気にせず、
自分なりに
足のばねを感じれる
ことをやってみましょう。

そもそも。
あまり早く膝を曲げても
持ちこたえる力がないと
バネになりません。
また、あまり曲げすぎても
同様です。

つまり。
自分で一番いい感じと思う
のがまずは一番だと思います。





<余談>
「あーして」
「こーして」
というフォームのアドバイス、
自分でぎこちないと感じる
場合、取りやめたほうが
良いかもしれません。
何か他に不足している
ことがあるか、自分に合って
いないか。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-21 22:08:00

ストローク:グリップエンドをボールに

テーマ:全般
2009-05-20 21:35:49

ミートの瞬間のみ物真似記憶法

テーマ:練習
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。