1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009-01-31 18:34:18

相手の走っている方向と逆に

テーマ:戦術
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-01-28 23:11:14

緩急や弾道の練習

テーマ:ボレー
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-27 12:45:58

お尻

テーマ:全般
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-26 22:33:47

素振について

テーマ:練習
両足を交互や同時に軽くステップしつづける。
ずっと。
この時、足裏はべったり床につけない。

こうした状態で素振りをする。


どうですか?


単なる素振りのようにうまく行かないのでは
ないでしょうか。


単なる素振りはコート上に立つと、わずかしか役立たないのでは?

コートでは実際、動きながらスイングするわけであり、
止まってスイングしないから。

動きの中で瞬時に軸足を決めスイングする練習を
すれば、実践でも今までよりは役立つ。

何よりも、室内で汗をかきます。素振りの練習だけで。
足のトレーニングにもなります。


止まってする素振りはぶんぶんできますが、
動きながらする素振りはぶんぶんできないはずです。
ぶんぶんしたら体がよれよれすると思います。
体がよれよれしない程度の素振りをマスターすると
よろしいかと思います。
さすれば、コート上でも生きます。
止まってぶんぶんする素振りはコート上では
できないわけです。動きますから。


ちなみに。
テニスが好きで、かつ、ダイエットをしている方。
器具などに頼らず、以上を行うと
一石二鳥です。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-25 22:35:45

ネット際の浮いたチャンスボール

テーマ:全般
これって意外に苦手な人が多い。

浮いているから時間的余裕もあり、簡単な
はずなんでが。。。。。


まず、自分の可能な範囲で高い打点で叩く。
可能な範囲とは、無理ない高さ。できるだけ
高いほうがいいが、この際、あまり欲張らない。
可能な高さといってもネットより低く落としては
意味がないが。ネットより高いからこそ、チャンス
ボールだ。

それで。
このボールをしっかり面で捉えることだけ
考えればいい。「打とう」とか「決めよう」
とかは不要。
しっかり面でフラットに打つ。

ネットから近いので、そんなにぶんまわさなく
てもエースがとれる。
(打った地点から決まる地点までが短いということ)

だいたい皆さん力んでオーバーアクションになり、
アウトやネットをする。または、そのオーバーアクション
が相手にコースをわかり易くさせるので、反撃を食らう。

何も力まずにフラットにパーンと打てば十分なんです。
ネットより高く、かつネット際なので、ネットは当然しない。
アウトもしかり。
高いところで打てば打つほど、角度もつけれる。
角度がつけれれば、スピードボールなんてより不要。

ネット際の浮いたチャンスボールの時は
ボールを良く見て、フラットに丁寧に打てばいい。

まあ、打ったことのないショットは打てないと
思われますから、練習でやっておきましょう。
日頃の乱打で相手からこのようなチャンスボールが
来たら打つわけです。その時は決める必要はあり
ません。ただ、フラットで狙ったところに丁寧に
打てればOKです。球の速度は意識する必要は
ありません。フラットで思ったところに打てれば
その時、十分威力ある速度になっているはずです。
ストロークもボレーもそうです。


















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-24 13:45:31

上手な人の共通点は?

テーマ:全般
2009-01-23 21:23:54

チャンスボールを引き出そう

テーマ:戦術
空いているところに「決めよう」という発想を
捨てちゃおう。

実力差があって、空いている場所が沢山
見えるならよいが、均衡している相手との
場合は「決めよう」はほとんどミスに繋がるか、
逆襲につながる。


ともかく。
相手からイージーなチャンスボールを
引き出すことが肝心だ。

もっとも、そのイージーチャンスボールを
確実に仕留めれる技術は必要だが。
(決め急ぐ人に限って、そういう技術が
欠けていることも多い)


「ふわっとネット際に浮かさせる」
「走らせスペース(空き)をつくらせる」
くらいかな。
これを引き出せばこちらのもんだ。

引き出すにはどうしたらいいだろうか?

その方法はいろいろあるだろう。

ともかく。
チャンスボールを引き出すために
相手に打たせることだ。
ここがポイントだ。
どう打たせるかを考えることだ。

ということで。
日頃の単純な乱打でも
「どのように打たせるか」
が肝心なのだ。
この「意識」が重要だ。

「打たせたら、返ってくるので、いやだ!」
なんて思わないで。
「打ったら、返ってくる」
と思って。そういう習慣をつけておけば、
どんな時もくじけない。それに何よりも
詰めが固くなる。
要するにどんどん強くなる。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-20 20:08:16

厚い当たりをもっと重視

テーマ:ボレー
2009-01-19 22:21:33

予測で上手くなる

テーマ:戦術
2009-01-15 20:33:45

足、腰に注目

テーマ:全般
コーチでもプロでも身近な人でも。

上手いと思った人の足、腰の動きに
注目しよう。

伸び悩んでいる人はこの際、
上半身のことは忘れ、足、腰
に注力してみよう。

準備や腰の高さ、ミートの時の
動きなど。

足腰を早めに準備(腰を入れる)し、ミートに
向かって開放(入れた腰を突き出してく感じ)
していくことで、楽に腕やラケットを振り出す
ことができたりするのです。
この事に気がつかず、一生懸命に
腕を降っても、打点は狂うは、ボールを
押すのりしろ(長さ)が少なく威力がでないは、
で伸び悩みます。

最近しつこいですが(笑)。
足、腰が上手く使えていないと、上達
しないし、テニスの面白さも半減する
ということです。

足、腰さえ上手く使えていれば
実に気持ちよくショットが打てます。
全ての。
そして確実にステップアップしていきます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。