1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008-08-31 07:05:21

シングルス、ダブルス

テーマ:雑談
機会あれば、どちらもチャレンジすると
楽しいです。

シングルスって、自分独りだけなので
自分の欠点をハッキリ認識し易い。
そのへんを修正すれば、それがまたダブルス
に生きてきます。

また、ダブルスの有り難さがよくわかるはずです。
ペアがカバーしてくれることや、二人で相談
できることの有り難さが。

試合は
勝ったらうれしいし、負けたら悔しい。

そんな試合を通じてテニスをより
わかれば、それがどんどん楽しい。

世界中、誰でもアマプロを問わず
勝ち負けを経験すると思います。

勝敗を通じてテニス以外のいろんなことを
吸収できますね。

「なかなか試合に勝てない」
と悩んでおられる方もいると思いますが、
沢山やることやれることがあって楽しいと
考えちゃえば楽しいと思います。

そして。
テニスは
どのようなレベルの人でも
とことん集中すると
「強い」
です。

羽子板サービスだろうが変わった打ち方
だろうが、一球でも多く打とうとする方
から沸き上がるものは周囲に感動をもた
らします。

試合を通じて自分を磨くことを目的
とすればおのずと勝利もついてくる。
そういう捉え方もあると思います。

不平不満言い訳で終わってしまうのか、
明日の今日の目標をまたひとつみつけるか。

テニスは楽しいですね!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-08-31 00:24:30

いい感じのトップスピン

テーマ:フォアハンド
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-30 20:10:24

シングルバックハンドと肩

テーマ:バックハンド
右利きの場合。

右肩を入れすぎるケースがある。


感じとしてはバックボレーと同等で
いだろう。


右肩を入れすぎると
・振り遅れ
・食い込まれ(打点が後ろになる)
が生じ易くなるのだ。


よく
「右肩越しにボールを見ろ」
とか
「右肩を入れて」
とあるが、
これをまともにやると
右肩の入れ過ぎになるわけだ。


ちなみに。
右肩を軽く入れるぶんだけラケットの
降り出しとともに右肩が開き易く
なるだろう。それを押さえるために
左手をミート時に伸ばして
バランスをとることをしっかりやることだ。







AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008-08-29 22:06:51

トップスピンとパームアウト

テーマ:フォアハンド
ミート後に肘から手の平にかけてを、打球方向に向ける
ことを
パームアウトと言っている。

これを行うと押しのあるトップスピンがかかる。

確かにパームアウトは有効だ。

ところで、何故有効なのか???


それは。

パームアウトすることで手打ちによる擦れたスピン
を"防止し"、体を使った厚い当り(打球方向に押しのある)
があるスピンを生み出す。

試しにやってみてください。

パームアウトしないで下から上にラケットを移動させ
スピンを与えることは、体を回転させなくても腕だけで
できてしまいます。
(できてしまうのであって、実際にはしないほうがいい)

しかし、しっかりパームアウトしてみてください。
体を回転させないと、まともにボールを押せないでしょう。
といいますか、当てれないでしょう。

つまり。
パームアウトをすると必然的に体を使うようになるのです。
(なんて素敵なテクニックだ)

パームアウトのその他のメリットとして。
面が打球方向にずっと向いている、ということがあります。
つまり。
ミート後に面が下を向いたり上を向いたりしないので、
しっかりボールをグリップし、ネットやアウトがしにくく
なるのです。


さて、ここで注意はあります。
パームアウトのみに固執し、一旦
打球方向を向き(肩の左右の線をベースラインに
平行近くにする)、そこから腕だけを使って
スイングするケースなのです。
確かにボールは飛び、回転はかかります。
ところが、これだと後ろから前への推進力を
加えることが難しく、ある速度までのボール
しか打てなくなります。また、左右のコントロール
もしにくくなります。

よって、
「パームアウトできるようになった。しかし、
あまり良いスピンは打てない?」
となり、
パームアウトを使わなくなるか、
そのままパームアウトを実践しながら、
悪い癖を付けて自分で限界をつくって
しまうのです。

まとめると。
体を使ってパームアウトする。
です。
これにより、無理なく、
コントロール+速度+スピン
のボールを
打てるようになっていくことでしょう。


(注)パームアウトは気持ちの良い
フォロースイングを生み出します。
しかし、ボールをミートしてから
「パームアウトした」というような
2段階の感覚を持つ場合、うまく
いっていない証拠なので注意しましょう。
パームアウトに限らず、フォロースイング
が2段階(ミートしてから自然にフォロー
スイングできていず、一旦どこかで止まって、
そこから自分で別のフォロースイングをしている)
になっている人はどこかに
無理が生じています。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-28 20:45:39

我慢

テーマ:全般
2008-08-27 20:23:53

腰を低くしてみよう

テーマ:全般
2008-08-26 22:21:54

手のひら感覚

テーマ:全般
2008-08-21 22:16:53

確かめてほしいこと

テーマ:練習
2008-08-19 20:56:38

スイングで集中するポイント

テーマ:全般
2008-08-18 06:17:59

球筋を安定させる

テーマ:全般
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。