昨年11月に日本を出発し、南極海で調査捕鯨を行っていた日本船団の母船「日新丸」が12日午前、東京港の大井水産ふ頭に帰港した。日新丸は今年に入って数度にわたり、米国の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の妨害船からレーザー光線を照射されたり、酪酸とみられる液体入りの瓶を投げ付けられたりした。東京海上保安部は乗組員から事情聴取し、船体の状況を調べる。
 今季活動した調査捕鯨船団は、不法侵入したSSの小型高速船船長を乗せて3月に帰港した「第2昭南丸」を含め、これで全5隻が日本に戻った。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真特集〕調査捕鯨
東京海上、上海万博と南アW杯で専用電話=海外旅行保険で
2メガ損保が増収確保=2009年度の営業成績

「首相はNPT会議出席を」=広島県知事と議長が要請へ(時事通信)
避難率4割切る チリ大地震で防災相「ハザードマップ見直しを」(産経新聞)
平野官房長官「邦人被害は聞いていない」 中国地震(産経新聞)
<雑記帳>うれしいな、さっちゃん JR船橋駅(毎日新聞)
新潟で震度4(時事通信)
AD