鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、政治資金規正法違反罪に問われた元公設第1秘書勝場啓二被告(59)の初公判が29日、東京地裁(平木正洋裁判長)である。勝場被告は起訴内容を認める方針。
 公判では証人尋問は行われず、検察側の冒頭陳述や被告人質問の後、即日結審する見通し。 

【関連ニュース】
鳩山首相元秘書、29日に初公判=起訴内容認め、即日結審へ
北教組事件の起訴「極めて遺憾」=文科相
北教組事件で2人起訴=民主・小林議員は辞職否定
可視化法案、今国会見送り=提出は来年以降
小林議員、13日にも参考人聴取=違法献金の認識問う

10年度予算、24日成立=政治主導法案審議入りへ(時事通信)
桜と笑顔ほころぶ巣立ちの季節(読売新聞)
<男児餓死>保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良(毎日新聞)
山梨県の建設業者60社に立ち入り検査 公取委(産経新聞)
普天間移設先、米・沖縄県に2案を正式伝達(読売新聞)
AD