こんにちは。
前回更新した、ジャガーのカスタマイズのブログが思いのほかご好評でした。
一部の方からは「これは俺への当てつけか?」。
「おかげで自分のジャガーをカスタマイズしたくてうずいてしまったじゃないか!」
というお褒めのお言葉も頂けました。
 
カスタマイズなどもお気軽にご相談ください。
こうゆう仕様にしていきたいなどあれば、その仕様に合ったパーツの選定などのご提案も致します。
 
パーツを取り付けるにあたってはメリット・デメリットもございます。
例えば、「チューニングが不安定なので、ロック式のペグに交換したい!」と言う場合も、ただ取り付けただけでは改善しない場合が多いです。
ナット溝の問題、ブリッジユニットの問題なども考えられるので、現状どのような状況なのかを確認してからパーツ交換などの方が余計な出費もなく、目的に早く近づけます。
 
 
今取り上げたロックペグ。
一番のメリットであるチューニングの安定性の向上。
その原理は、ペグのポストに巻き付ける弦の量が最低限で済むことによる、その部分での弦の伸びが少なくなる事です。
ロックペグの場合は、ペグに巻き付ける弦は半巻き~一巻きほど。
巻き数が少なくなれば、そこでの弦の伸びる量が少なくなるので狂う量も少なくなるという、ザックリと言うとそんな原理です。
メーカーにより多少構造は違いますが、慣れてしまえば弦交換もとても楽なのもメリットですね♪
 
デメリットの部分とは?
一番の原因は、先ほど書いたメリットの故のデメリット。
弦の巻き数が少なくなる事によるテンション不足という問題が出てきます。
Gotonからはポストの高さを調整できるH.A.Pという機構のものが販売されているのも、このような問題がある事も想定してあると思います。
マグナムロックにH.A.P機構がついているものは、型番がH.A.P.Mとなっておりますので、ご注意くださいね!
写真ではわかりづらいですが、ナットからペグまでの弦の角度が重要なポイントです。
この角度が浅くテンションが弱くなることによって、変な倍音やチューニングの不安定さにも繋がってしまいます。
細かい事ですが大きく左右するポイントですので、ロックペグへの交換の際はその部分も考慮して頂くのをおすすめ致します。
AD