カスタマイズのご紹介

テーマ:

 

こんにちは。

オリンピックもいよいよ残り僅か。

日本勢の活躍も目立ちますね~。

 

フィギュアスケート男子では、羽生選手と宇野選手の金銀。

フィギュアスケートの事は詳しく分からないのですが、日本のレベルの高さが証明されましたね。

羽生選手の金メダルはもちろん喜ばしい事ですが、下の世代の宇野選手が銀メダルを取った事の価値が大きいと思います。

羽生選手の背中を見て育った宇野選手が、次は宇野選手を目標とする選手たちが出てくるので、今回の金メダル銀メダルという素晴らしい結果以上に、日本のフィギュアスケート界には大きな収穫があった大会だったのではないかと思います。

 

その他にもスピードスケートやカーリングなどなど。

選手たちの日々の努力を目にしているわけでもなく、オリンピックの時にだけ注目しがちですが、オリンピック後も少しでも注目されることを願います。

 

 

今回もカスタマイズのご紹介です。

まずご紹介するのは、サイドジャックプレート交換でお預かりしたテレキャスターです。

テレキャスターのサイドジャックプレートは、通常↑(写真右)のようにボディーよりも内側に凹んでいるプレート(カップ)に取り付けてあります。

このスタイルはFender Telecasterの伝統のスタイルなので、他のメーカーのテレキャスタータイプのギターも同様なパーツが取り付けられているものが多いです。

このタイプの欠点は、L字のシールドプラグを挿せないのと、プレート自体の固定方法が不安定の為、ジャック部がしっかりと固定できなくなる事があります。

今回取り付けたパーツはこちら。

以前にもご紹介したことがありますので、ご参考までに。

 

オリジナルとあまり見た目が変わらずに、L字プラグも差し込めるのでとても便利なパーツです♪

 

 

こちらは、ピックアップ交換、配線組直しでお預かりしたARIAのギターです。

今回はEMG SASA89を組み込みました。

リアピックアップがEMG89なので、タップができます。

このEMG89は、85とSAのサウンドを出せるというのが売り文句。(正確には違いますが、とても使いやすいです。)

 

S-S-H仕様で、リアもシングルピックアップ(アクティブ)のニュアンスが欲しい場合は、89を選ばれるのもいいかもしれません。

※アクティブピックアップなので、パッシブのシングルピックアップとは全く異なります。

 

EMGは何と言ってもローノイズが最大の特徴です。

パッシブにはパッシブの良さはありますが、EMGのようにアクティブにはアクティブの良さがありますので、

気になる方は、一度お近くの楽器屋さんで試してみるのもありですよ~。

 

 

今日はカーリング女子の3位決定戦。

思いっきり楽しんできてほしいです!!

 

AD