NEWSアフリカ支援プロジェクト:仕事を生み出すNEWS

現在、私たちは、アフリカでの雇用機会を増やすための計画を、いくつか進めております。そのうちのひとつが「モリンガプロジェクト」です。


世界で最も栄養がある「奇跡の植物」、人類を救うミラクルツリーとして有名な植物。日本ではまだまだ知られていませんが、その効果効能は世界中で認められ、2007年より国連食糧計画にも採用され、各国NGO・NPO団体にも利用され、大きな成果を上げています。


現在私たちは、沖縄産のモリンガを使い製品化し、販路拡大に取り組んでいます。そして、同時にウガンダでの栽培プロジェクトをスタートしました。このプロジェクトは、10年以上前からウガンダに移り住み、現地の貧困地域やエイズ孤児たちの支援活動を続けている「NPO法人チルドレンホープ」さんの協力のもと、進めております。

モリンガの栽培と製品化により、ウガンダの産業とし雇用拡大を目指して計画を進めています。



モリンガの詳しい内容は、こちらをご覧ください。

http://www2.hp-ez.com/hp/sunrise2007/page11



また、ウガンダモリンガプロジェクトを進めるに当たり、現在サポーターを募集しております。私たちの取組にご賛同いただき、ご協力を頂ける方を大募集です。是非、皆様のお力をお貸しいただきたく、お願い申し上げます。


詳しくは、ブログ「モリンガをウガンダで育てる!!モリンガプロジェクト開始!!」をご覧ください。http://ameblo.jp/ngo-ai/entry-11799732357.html




      クラムボンは笑ったよクラムボンは笑ったよクラムボンは笑ったよ「国際支援NGOあい」とはクラムボンは笑ったよクラムボンは笑ったよクラムボンは笑ったよ


国際支援NGOあいは

主にウガンダ(東アフリカ)の孤児支援と自立支援

またシエラレオネ(西アフリカ)の貧困改善、自立支援

を目的として活動する団体です。


ウガンダで活動する

NPO法人チルドレン・ホープ の現地駐在員と連携し、

主に身寄りのないエイズ孤児の生活と教育の援助をおこなうべく、

孤児たちの作ったストラップアクセサリーの販売

を中心に活動しています。


また、その他の国への支援、支援内容の拡充、

活動規模の拡大

を目差す国際支援NGOあいでは、

まだまだ会員・ボランティア募集中です!!


(ボランティア例

 ①ウガンダグッズの販売

 ②ウガンダグッズの販路拡大

 ③中古衣料品の寄付集め

 ④アメブロの更新

 ⑤広報活動

           などなど)

 



            びっくりご協力のお願いびっくり


クローバーウガンダの孤児達の

 手作りストラップとブレスレットの通販をしています。


  くわしくは→こちら です。


$国際支援NGO あい


クローバー100%ウガンダ産・

 有機栽培・フェアトレード・コーヒー

 の通販をしています。

 くわしくは→こちら です。

$国際支援NGO あい

クローバーウガンダに送る衣料品の募集をしております!

  くわしくは、こちら をお願いします。



<お問い合わせ>  

Address: 〒510-0832 

       三重県四日市市伊倉3丁目5-39

Tel : 090-1412-8000(山原携帯)
FAX: 059-358-0133

email: qzm04621@nifty.ne.jp (山原メール)

facebook:https://www.facebook.com/hiroyuki. (山原)

facebook page:https://www.facebook.com/pages/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%94%AF%E6%8F%B4%EF%BC%AE%EF%BC%A7%EF%BC%AF%E3%81%82%E3%81%84/124247494367340

Web: NGOあいホームページ http://ngoai.web.fc2.com/



  • 05 Mar
    • ユニセフのキャンプテントの中を公開!!

      3か月前にわが家と周辺エリアが大火事にあいまして、 一か月ほどは、目の前にある施設にみんなお世話になっていたのですけれど、 何百人もの人をそうそう長く面倒をみることなんてできないということで、 その施設が保有しているユニセフのテントを5つ(6つかな?)、 借りることができ、それから2か月経った今も、 かなりの人がそこに住んでいます。 私の家族もみんなそこに住んでいます。   ところで、ユニセフのテントって、中はどうなってるのか、興味ありませんか?? ないですか?? 興味ないって人も、まぁご覧ください。 シエラレオネというかアフリカに住んでたって、めったに見れるものではないですから。   じゃじゃ~~~~ん。 こちらがカメラを向けていることを敏感に気付いた女の子がしっかりポーズをとってくれました。   それぞれ持ち物、主に洋服が入った大型のバッグがたくさんあちこちにあり、 生きていくうえで最も必要な水が入ったバケツがたくさんならんでいるのです。 本当に、必要最低限の荷物のみが乱雑に並べられています。   寄付されたスポンジマットレスがずらっと並び、ひとつのスポンジにつき子どもを含めて3人から4人で使用します。寝返りなんてできません。 昼間はみんなそれぞれ外に物を売りに働きに出かけたりするのでわりとガラガラで、その間だけ、くつろぐことも可能です。 ↑こんなかんじ。こちらはわがFC King Kongのプレイヤーの一人。   ついでに、くつろぐ私の子供たちとわたし。↓ 使い始めたころはきれいだったこのテントもすっかり土埃で汚れきってしまい、日中は暑苦しいわテント内のハエに悩まされるわで、ろくに寝ることもできません。 初めてテントで夜を明かしたときは、蚊に悩まされなくって、なかなかあったかくって、「やっぱり優秀ね、ユニセフって」って思ってたけれど、やっぱりずっとここで済むわけにはいきません。   火事にあって、すべてが燃えちゃって、一から始めなきゃいけなくってつらい思いをしているというのに、政府はこの土地にはもう誰も家を建ててはいけないと火事の直後に言いに来ました。 でも、日本みたいに、簡単に家を見つけることができないんです、シエラレオネって。お金があっても、本当に難しいのです。 お金がなければなおさらです。   そんななか、政府がやらかしてくれました。 いくつかのシエラ国内の有名な会社から、今回火事にあった被災者が新しい生活を始めるための資金として、結構な額の寄付がされていたのですが、それらは私たちがけんかにならないようにするためか、基本的に、すべて政府にいったん渡され、政府がそれを現金でくばるか、そのお金で何かを買って支給するかをする予定だったのですが、ぜーーーーんぶ使い込まれたそうです。被災者には一銭も渡されず、何の恩恵も受けることはありませんでした。政府は、「地方で大火事が起きたところがあって、そこの人たちのためにこのお金を使わせてもらった」とまぁぬけぬけと嘘を言うわけです。どうせおいしいものを食べたり車を買ったりして簡単になくなっちゃったんでしょうよ。本当に殴ってやりたい。   当然、寄付した会社だって裕福な政治家の贅沢のために寄付をしたわけではないのにご立腹だし、被災者も家は建てるなと言われた上に自分たちのためにと寄付されたお金まで使い込まれたんじゃ、もう黙ってはいられない。 その点は政府もわかっているのでしょう。選挙も来年に控えていて、今、エボラをきっかけに、国中で反APCの空気が流れている中、これ以上評判を落とすわけにはいかないと考えてか、もし彼らが使い込んだお金が近日中に被災者に渡されない場合、家を建ててもいいという許可を与えるという方向に向かってきているそうです。   みんながあそこにまた家を建てることができるように、今は祈っています。    

      2
      テーマ:
  • 26 Jan
    • シエラレオネの赤ちゃんは、病院に連れて行ってもらえない。

      シエラレオネに住んでいると、だれだれさんちの赤ちゃんが亡くなった、という話を聞くことが本当に多いです。   赤ちゃんは、風邪やマラリアで、高熱を出して、あっという間に死んじゃうんです。 いや、あっという間にというのはちょっと違うかな。 すぐに病院に連れていけば、すぐに治るんです。 でも、この国の人たちは、なぜか病院には連れて行かないのです。 ぐったりして、怖くなって、ようやく病院に連れて行って、間に合わない、というケースがよくあります。 私の近所でも何度も何度も、同じようなことがありました。 病院に連れていく途中で死んでしまうことは本当によくあるんです。   そんな話をあまりによく聞くので、先日、うちの長女が熱を出し、解熱剤を飲ませたのに、夜中になっても高熱が続いた時には、怖くなり、夜中の2時に病院に連れていきました。娘は大泣きしましたが、注射を二本打ってもらい、なんとか熱は引きました。   熱が完全に引くまで家には帰らないようにと看護師さんに言われ、待っているところに、3人の女性が、ひとりの小さな赤ちゃんを連れてきました。高熱がずっと続いていて、弱ってきたのだそうです。うちの子が大泣きした注射を看護師さんが打っても、叫ぶこともせず、何の痛みも感じないほど弱っているのは、目に見えて明らかでした。 赤ちゃんの息がどんどん弱っていくのを見た瞬間、母親や家族は、「ねぇ、死ぬんじゃないの?死のうとしてるんじゃないの?ねぇ!死んじゃうの?死のうとしてる!?」と言って、気が狂ったように、外に出ていろんなことを叫び始めました。彼女たちが外で叫んでいる間に、赤ちゃんは死んでしまいました。 私も思わず涙が出てきましたが、看護師さんは、怒っていました。「叫ばせておけばいいのよ!こんなになるまで放っておいて!!ちょっとでも熱が出たら病院に連れて来たらいいのに!なんのためにここまで弱るまで家の中に寝かしておかなきゃいけないのよ!こんなにかわいい男の子!みてよ、この子、こんなにかわいい顔してるのよ!なのにどうして放っておいたのよ!」と、一人でぶつぶつ言い続けていました。悔しいのだと思います。毎日毎日、同じような状況で、ちょっとでも早くつれてきていれば助けられた命を、家族が見殺しにしているように思えるのではないでしょうか。   そんなことを言っても、シエラレオネでは医療費を出すお金もない家庭が多いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、それは違います。 シエラレオネでは、政府系の病院では、5歳以下の子供の医療費は基本的に無料なのです。私も、ここの病院に来て医療費を払ったことは一度もありません。無料で診察してもらって、無料で注射や血液検査をしてもらって、帰りには無料で薬ももらえるのです。 なのに、多くの親は、この病院に連れてくる前に、わざわざ安い安い効くんだか効かないんだかよくわからない薬を自分で買って、マラリアか風邪かもわからないまま適当に薬をあげて、様子を見てみようとし、そのまま赤ちゃんが弱っていく、ということを繰り返しているのです。 自分の子供は大丈夫って、どうしても思っちゃうんですよね。 朝になっても治らなかったら病院に連れて行こう、とかもうちょっと様子を見ようとか、ずるずる引き延ばしているうちに、手遅れになるんです。 看護師さんも、こればっかりは自分たちじゃどうにもできないから、イライラするんでしょうね。せっかく全部無料なのに。絶対に助かったのにって。   車を持っている家なんてめずらしいし、夜中には交通手段はタクシーもなにもないし、病院に行きづらいっていうのはよく分かるんだけれど、それでもやっぱり、後悔しないためにも、病院には連れて行かなければいけないのです。 それをみんなにわかってもらうにはどうすればいいのだろうかと、ひとりで悶々としては、結局何も思いつかない。結局、身近なところで赤ちゃんが体調を崩していると聞きつければ、無理やりにでも病院に連れて行かせることぐらいしかできないのが歯がゆいです、本当に。

      テーマ:
  • 24 Jan
    • FCキングコングのFBページをオープン!

      FCキングコングのFacebookページをオープンしました~!   シエラレオネ人への広報が主な目的なので、 基本的にはすべて英語で書いていきたいとは思っていますが、 日本語訳もちょいちょいはさんでいきますし、 私も簡単な英語しか使えないので、 お気軽に見に来てください~! https://www.facebook.com/fc.kingkong.sierra.leone/   普段は仕事で会えないプレイヤーたちとここで交流できたらいいなって思ってはいるものの、インターネットやらないだろうね、あの子たちきっと。笑   ではでは、よろしく~~!   写真はうちの子が練習場のすみっこで遊んでいる様子。 赤ちゃんの方はもう砂だらけ泥だらけになったので洋服を全部脱がしちゃいました。 まぶしくってしかめっ面。こう見えても女の子です。ふふ。

      テーマ:
  • 14 Jan
    • シエラレオネサッカークラブのエンブレム的なものを作ってみた!

      シエラレオネでサッカークラブ設立をして、数か月が過ぎますが、簡単でもいいから、エンブレムを作ろうと思い、作ってみました。 ちょっとシンプルすぎる?でも、技術が追い付かないからね。芸術的な才能もないので、これで勘弁。 そのうち、なにかしらのグッズを作って子どもたちに配布できたらいいな~。   そう、クラブ名はキングコング。チンパンジーでもなく。キングコング。なんかそう呼ばれちゃってるんです、いつからか。

      1
      テーマ:
  • 03 Jan
    • サッカーの練習場を借りました!

      先月、コーチから、U14のチームを作ったから、毎月Le200,000の援助をしてほしいとお願いされました。お前もいよいよ厚かましくなってきたな!!と一瞬戦闘モードに入りましたが、彼の取り分というわけではなく、U14のチームは今の練習場よりも大きな練習場でトレーニングをしたいとのことで、ちょっと気持ちが落ち着きました。「U14のチーム名もFCキングコングにするし、U12の練習もそこで一緒にするからお願い!報酬もいらないから!」と必死のお願いをされたわけです。確かに、今の連取上は石ころだらけで子どもたちが毎回練習のたびに小さなけがをしていて、見ているほうもひやひやしていたので、これもまた一案化も・・・と思い、急きょ2017年の予算の中に、今日非常のレンタル台を組み込んだのです。そんでもって、本日、コーチに支払いに行ってきてもらいました。今回借りるフィールドは、警察が所有する場所。なので、使用許可も、レシートの発行も、警察によってされます。レターを見て初めて、うちのコーチがバリー・ファーガソンという名前だということを知って笑ってしまったなるほどね~、それでみんなからファゴって呼ばれているのねー。ファーガソンの略だったのね。前回借りていたナショナルスタジアムのフィールドもそうだったけれど、今回も、月曜から金曜まで、2時間だけ借りることができるようです。しかし12時から2時って。。。みんな学校が終わったらすぐに駆け付けないと、あっという間に時間が過ぎちゃうような・・・。でもしょうがないね、むずかしいからね、シエラレオネの狭い狭いフリータウンで場所を確保するっていうのは。なにはともあれ、頑張れ、FCキングコング!

      テーマ:
  • 11 Apr
    • シエラサッカー大会セミファイナル!!

      シエラレオネで私たちが主催しているサッカー大会ですが、 昨日、ついにセミファイナルへと突入しました 私は昨日観に行くことができなかったのですが、 今日はなんとか観に行くことができました。 ここまで勝ち残ってきたチームだけあって、 試合も本当に面白かったです 本日はPK戦がおこなわれる接戦で、大盛り上がり PKの時は、 興奮しすぎた観戦客なんかは競技場の中に入ってきたりして、 スコアが入れば、競技場を雄たけびをあげて走り回っていました 勝負が決まった時には、あの、なんていう曲かは知らないですけれど、 有 名な曲あるじゃないですか「オーレーオレオレオレー♪」ってやつ。 あれらしき歌をみんなで歌い始めちゃって・・・ 日に日に増えていく観戦客がここまで盛り上がっていく様子を 肌で感じて、本当にこの大会を開いてよかったと思いました こんなにみんなが楽しんでくれるとは、当初思いもしませんでしたから。 本当にサッカーが好きなんですね、シエラレオネ人。 それでも、これを第一回サッカー大会として、 定期的に続けていきたいという希望は、 かないそうにありません 一部のサポーターたちが、あまりに興奮しすぎて、ここ最近、 ちいさな暴動続きで、けが人も続出で、 大会を取り仕切ってくれているメンバーたちが、 もう二度と運営側には回りたくないと言ってきたのです。 暴動が起きた時のために、兵士たちにお願いして競技場を囲ってもらい、 暴動時に沈静化を図ってもらっていたのですが、 かといって、 兵士を競技場に置くことそのものが抑止力にはならず、 暴動はコンスタントに起きていました。 彼らの身体能力を生かして国を良い方向にもっていくという流れに なればいいなと 思ってこうした大会を開こうと思ったのですが、 まさかこんな小さな大会でさえ サポーターが暴動を起こすほどに 血の気が多いとは、思っていませんでした 何年も住んでいるにもかかわらず、わたしもまだまだ シエラレオネ人について理解しきれていない部分が多いようです 本当に残念で仕方ありませんが、これっきりとなりそうです。 それでも、私たちのこの大会に触発された人たちがいるらしく、 この大会の後に、新たな大会がおこなわれるそうです。 この近辺のサッカー少年たちの活躍の場がこうやって どんどん作られていったらいいなぁ やっぱりトーナメント戦に参加しているっていうだけで、 士気が上がりますし、 技術も磨かれていくでしょうからね。 こうやっていい選手が生まれるきっかけが作られればと思います もし、今回運営にかかわってくれたメンバーたちが、 またやってもいいって 気になってくれたら、 第二回も開催したいと思います

      2
      テーマ:
  • 07 Apr
    • ウガンダのモリンガが育ってます♪

      ウガンダのモリンガ栽培プロジェクト のクラウドファンディングが達成してから、 気が付けば1年が経っていたのですね クラウドファンディング達成後、みなさまから頂いた資金を手に、 代表山原が去年の7月?か8月?にウガンダに渡航し、 NPO法人チルドレンホープさんの協力のもとに モリンガ栽培の手配をしてきたわけですが、 そのモリンガが、どうやら順調に育ってきているようです。 うぉぉぉぉぉおすばらしいいいい 現地のモリンガの写真や詳しい様子については、 チルドレンホープさんのFacebookで報告されていますので、 こちら を是非ご覧ください モリンガ事業はNGOあいが一番力を入れているプロジェクト 代表山原は今日も命を削って日本全国駆け回っております そのうちぶっ倒れてしまうのではないかと 遠いシエラレオネから私も心配しておりますが・・・ そんなわけで、私たちのモリンガプロジェクトを応援してくださる方、 モリンガマンスリーサポーター(月1,000円)になっていただける方も大大大募集です 詳しくはNGOあいホームページ をご覧になってください 現地の健康のため、雇用促進のため、モリンガプロジェクトには絶対価値があると 信じております それにしても、やっぱりうれしいですね~。 鶏や豚も育ったモリンガの葉を食べているらしく、個人的にはそれが一番興味があります。 やっぱり家畜をたくさん飼うと、エサ代がかかって仕方ないですから、 たくさんの葉が収穫できるモリンガの葉を食べさせることができるなんて、 いいな~うらやましいな~と思うわけです でも、モリンガの葉以外にもほかのエサをあげてるのかな?やっぱり。 そういう話も詳しく聞いてみたいなぁ。 私も、いずれシエラレオネでたくさんの家畜を飼うことができるようになったら、 モリンガの木を植えたいところです そしてエサ代を浮かす

      1
      テーマ:
  • 06 Apr
    • 中古衣料品届きました!

      みなさまに送っていただいた中古衣料品が、無事にシエラレオネに到着しました 本当に本当にありがとうございます 荷物の入ったコンテナが日本を出発してから、半年もかかったため、 私もほとんど忘れかけていたころに、ようやくシエラレオネに届きました 日本とシエラレオネはやっぱり遠く遠く離れているのですね~ 波乱万丈(?)のコンテナ受け取りに関する詳しい報告については、 NGOあいホームページ 上でご確認していただけますので、 是非是非チェックしてください 実は、去年の12月に到着していたのですが・・・・え?もう4月? こんなにも遅れての報告になってしまいまして、申し訳ありませんでした・・・ 最近、気が付けばFacebook上での活動報告が中心になってしまっています。 ブログならではのちょっとしたシエラレオネの現地報告もできるだけしていきますね! 最近、一か月インターネット使い放題できるようにしたので、 時間のある限り、ネタのある限り、実行していけると思います(たぶん) facebook ともども、どうかよろしくお願いします~~

      1
      テーマ:
  • 27 Jan
    • シエラレオネ少年サッカー大会始動!!

      おそろしいですね、半年ぶりのブログ更新となりました。 どうしたいNGOあい!ついに活動ストップか!? と思った方も思わなかった方も、ご安心ください、地道に活動しております。 最近ついに、以前から目標としていた、シエラレオネでのサッカー少年大会にむけて、 ついに始動しました! さっそく委員会も立ち上げて、10人ほどのメンバーが集まり、 毎週日曜日に、会議を開いております。 とはいえ、日曜日はあくまでオフィシャルな会議ということで、 実際のとにろ、毎日のようにみなさんわが家にやってきては話し合いをしています。 私抜きでもどんどん話が進んでいきます。頼もしいですね。 会議の様子を写真を撮ってアップしたいところですが、PCもカメラも調子が悪く、取り込むことができません。 今日も会議の内容を聞いていたら、「メンバーシップカードを作ろう」とか 「毎週日曜日にはメンバー全員が2000リオンずつ回収して、 大会のために使おう」とか、言ってました。素晴らしいですね。 大会用のボールをそのお金で買うのだとか。 私の想いに真剣に向き合ってくれているようで、とっても嬉しくって、幸せをかみしめています。 今週の日曜日には、みんなで大会場所となるグラウンドの整備をしにこうという話に なっているそうですが、本当にそこまでやってくれるのでしょうか? 大会ポスターを作り、町中に張り付けた結果、少しずつ、少年たちが 登録しに来てくれています。これもまたうれしいですね。 優勝チームと準優勝チームにはなんと賞金を出します!!! でも、大会ポスターにはその点については詳しく触れていません。 お金にするか品物にするか悩みましたが、昔読んだキャプテン翼だかなんだかの サッカー漫画でブラジルの少年たちが趣味ではなくて生活のためにやってるみたいな 内容がどうにもこうにも忘れられず、シエラレオネもそれくらいの ハングリー精神をもって頑張れば、サッカー王国のひとつになれるんじゃないかなんて 期待している結果、賞金という結論になりました。 だって、あの身体能力はやっぱり神様からのギフトに違いないんだもの。 もちろん委員会の強い後押しもあってですが。お金の方がいいに決まってる、と。 そう、夢はシエラレオネサッカー王国化!!まずはカメルーンと並べるくらいになってほしいところです。 アフリカの子供たちの身体能力を、もっと生かしていくべきだと 私は強く信じておrます。 委員会のメンバーには、賞金金額は優勝チームが500,000リオン(約90ドル)で 準優勝チームには200,000(約40ドル)リオンだと伝えると、拍手が沸き起こりました。 今のところ、私のポケットマネーから出る予定ですが、 もし、万が一、一部を負担していただけるという方は、 ご連絡くださいね!! そんなわけで、みなさんもぜひぜひご協力よろしくお願いします!

      5
      テーマ:
  • 23 Jul
    • ウガンダモリンガプロジェクト始まります!!

      皆様、こんにちは 代表の山原です。 いつも、ありがとうございます。 お世話になっている皆様、応援くださっている皆様、いつも本当にありがとうございます。いよいよ来月、モリンガ栽培を始めるために、ウガンダへ行って来ます。 昨年末にチャレンジし、締切日3月26日に見事目標を達成したクラウドファンディング。今月、サイト運営者のREADYFOR様よりご入金頂きました。手数料やお礼の費用、種代を引いた金額を、ただいま送金中です。 プロジェクトページはコチラ~ https://readyfor.jp/projects/uganda-moringa ~ウガンダでのモリンガ栽培大成功へ向けて~ そして、ウガンダ渡航に際して皆様にお願いがございます。 現在、現地NPO法人チルドレンホープが支援する子ども達へ、文具や食料などを届けたいと思います。つきましては、現地で購入しますので、その為の寄付をお願い出来ればと思っております。 重ね重ね、お世話になってしまいますが、何卒お願い致します。 ウガンダでは、 1,000円で1か月分の食費になります。 3,000円で一人、半年間学校へ通えます。 現地でノートや鉛筆、米や豆、サッカーボールなど購入し寄付します。 あと、できれば蚊帳も買えたらありがたいです。 栄養が不足している貧困層にとってマラリアは脅威です。 蚊を媒介して感染し、毎年多くの死者も出ています。 普通に成長した大人であれば、そんな心配も要らないんですが、栄養が不足している子どもにとっては重大な問題になることが多々あります。それでもすぐに病院へ行って処置すればいいのですが、そのお金もありませんから。 直接現地へ行って、そこで購入して、そして直接渡してきます。 こちらは前回訪問した時の写真です。 そして来月8月12日関西国際空港よりウガンダへ行って参ります。 皆様からのお志を届けてきます。

      5
      テーマ:
  • 05 Jul
    • シエラレオネ農業プロジェクトへの苦悩

      またまたシエラレオネよりお便りです。 現在、シエラレオネのとある村で、農業プロジェクトを行なっているのですが、 これが本当に、頭を抱えてしまっていて。 なんか、もうやめちゃおっかなって、思うくらい、投げやりな気分になることが多いです。 具体的な活動報告については、ホームページ でご覧ください。 うまくいっていないっていうわけでは、ないんです。 活動そのものについては、比較的うまくいっている方だと信じています。 でも、なんというか、先が見えないというか・・・。 いや、まだ始まったばっかりで、何ひとつ収穫していない状況で 先が見えないっていうのもおかしいんですけれど。 モヤモヤしているというか。 ひとつひとつの問題が起きる度に、それなりに考えて考えて 答えを出しているのですが、それでもやっぱり、これでよかったのだろうか、とかね。 やっぱり、自分の国じゃないところで自分の考えを押し付けるのはよくないし、 でも、かと言って、この国の人たちの考えをこのままずっと押し通せば、 いつまで経っても子どもたちにしわ寄せがくるこの現状は変わらないし。 もちろん、本人たちがこの現状でいいっていうなら別にこんな支援必要なくて、 私も、今みたいに自分のお給料の半分近くを村のために使うなんてこともしなくて 自分の人生を楽しく生きることだけに使えばいいんだけれど。 でも、そうじゃなくって、彼らは発展を望んでいるし、子どもたちを 学校に行かせたり病気になったら病院に連れていってあげたいって言うから、 だったら、私のいうことを信じなさいって言って意見を無理やり通すこともあって。 しかも全て自分のポケットマネーから出ているので、余計に強気になっちゃう。 そうすると、あとから、あれでよかったのかなって考えてしまいます。 好きで勝手に始めたことなのに、勝手にプレッシャーを感じちゃってる自分に 疲れてるような気がします。 ところで、久しぶりにブログのマイページを開けたら、 似たような内容の、ブログに全く関係のないあたりさわりのない内容の コメントを残している人がたくさんいて、ちょっとびっくりしています。 あれってやっぱり自分のブログに誘導しておこずかいを稼ぐようななにかに 巻き込もうっていう魂胆ですか? もしそうなら、うまくおこずかいを稼げた方は、 ぜひシエラレオネにきて、お金を落としていってくださいね!

      5
      テーマ:
  • 04 Jul
    • シエラレオネのとある一家のありふれた土曜日

      こんにちは! 何年ぶりでしょうか?シエラレオネからブログ更新です! ブログを全く更新しない間、シエラレオネでは本当にいろいろなことがありました。 エボラですよね、エボラ。 本当に恐ろしい感染症ってイメージなんですけれど、当初、エボラが出始めたころ、 誰もここまで感染が広まるとは思っていませんでしたよ。 だって、死体と接触しないかぎり、普通の生活をしているぶんには 感染することはまずないはずの感染症だって聞いてましたから。 でも、こっちの人たち、死体をさわっちゃうんですよね。 触るなって言われても、信じないんですから、本当に。 終息したリベリアでもまた患者がでてきちゃいましたしね。 いつ終わるんでしょうね。みんなもう疲れてきてますよ。 まぁそんなこんなで私自身も帰国を考えたりもしましたが、 結局まだここで暮らしております。 毎日しっかり楽しんでおりますよ。 今日は、久しぶりにMrラミンにおねだりしてフライドチキンを作ってもらいました。 私は食べる担当です。 わが子のリウもお手伝い。 できあがりはこんな感じ。 久しぶりに作ったせいか、いろいろと失敗したみたいです。 裏は焦げてますしね。写真撮るときに、ひっくり返されました。 塩コショウは多いし、中まで火が通ってないし。味は薄いし。 まだまだですね。がんばってください、Mrラミン。

      1
      テーマ:
  • 13 May
    • シエラレオネ情報~♪現地あずさちゃんより~

      皆さま、こんにちは シエラレオネで暮らす、我らが偉大なる同志あずさちゃんから お久しぶりにメールが届きました。元気そうで何よりです。 昨年は、エボラ出血熱騒動で、大変な思いをしました。 そんな中、住まいの強制立ち退きもあり、激動でしたね。 今は落ち着いてるようで一安心です。 以下、転載です。 ------------------------------------------------------------ 山原さん ブログ見たんですけれど、シエラにコンテナ送るって ほんとですか?ウガンダではなく? もし本当なら、またお話聞かせてください。 一緒にいろいろと送ってほしいものがあるので・・・! モリンガのプロジェクトは具体的になってきていますか? 実はわが家でもモリンガブームが来ています。笑 ラミンのおばあちゃんが毎日のように夕飯を届けてくれるのですが、 スープ率が高くて、ラミンが飽きちゃったもので、 スーパーで手に入れたモリンガパウダーを試しにふりかけてみたら、 ラミンの大好きなキャッサバの葉っぽい味がして、 おいしい!みたいな話になって。 ふりかけっぽくしたらシエラでは人気が出るかもしれません。 モリンガのふりかけとか日本ではあるんですかね? 村の土地に、この前再び行ってきたのですが、 かなりきれいになってました。 今月の終わりか、来月の頭に、ピーナッツを植え始める予定です。 またその様子もHPに載せますねー。 最近また更新サボり気味ですみません。 しつこいようですが、ちゃんとしたテーブルとイスがないとパソコン触る気にならな いんです。 (いいかげんテーブルくらい買えって話ですが。) コメは8月くらいかな~。 ほんと今年こそうまくいってほしいものです。 そして、利益を得たらそのお金であの村に井戸水を引きます!! という目標が最近できました。 もうあそこの子供たちに汚い川の水は飲ませません! 水は命ですからね! ではでは! あずさ --------------------------- 相変わらず、あずさちゃん面白いです。 本でも出したらベストセラー間違いなしです。 テレビのオファーもきてますが、断ってます。 ギャラ300万位積んでくれたら説得しますよ(笑) あと10年くらいしたら映画化もありですね♪ なんて話しは置いといて~ ちなみにモリンガフリカケは、たぶん日本で一社だけ作ってます。 こちらの会社です。 http://www.ishigakijima.ne.jp/ そう、ぼくの会社です。 フリカケは掲載されてませんが・・・ モリンガごま塩もありますよ♪これ美味しいです。 ご興味ある方はご連絡ください(笑) そして、シエラレオネにコンテナ送ります。 そこで大募集です!! いらなくなった中古衣料(着れるやつね) 絵本、ノンタン、その他絵本、図鑑など コンテナに同梱して送るので寄付してくださーい!! 詳しくはコチラ http://ngoai.web.fc2.com/usedcloth.html うちのHPです。 遠くシエラレオネから、あずさちゃんが更新してくれてます。 なんと有り難いことでしょう。ほんとに、あずさちゃんありがとう♪ ご不明な点などあれば、お気軽にご連絡ください。 私、代表の山原です。 アドレス:qzm04621@nifty.com こちらまで、お願いします。 山原

      8
      テーマ:
  • 11 May
    • ネパールから情報

      ネパールからの情報 ※フェアトレードショップをしている友人の現地スタッフからです。彼らの現地での支援活動を日本から応援していきます。 ---以下本文~------ 現在多くのボランティア活動をしようとしている人たちと話をしています。 私たちは個人で知り合いの村に自分たちで出し合える金額で物資などを持って行ったりしていますが、遠くの村や過酷な場所になってくると人員も必要だし物資も多くなってくるのでお金がかかってきます。 現在ボランティアで動いている方たちが携わっている村を下記にまとめてくれました。 ①ゴルカ郡ラップラック村 震源地に近く、被害が大きい村。 人口3500人だがカトマンズや村から外に出稼ぎをしている人を除き現在は2500人が現地で被災している。家屋550棟、ほぼ倒壊している。 元の村があった場所の標高は2600mであり、村人は更に上の約3000mクラス地点に避難している。標高が上がり朝晩の冷え込みも心配される。 ヘリコプターでの救援物資が2回ほどきている。主に食料や雨をしのぐシートや薬品。 徒歩隊ではまだ現地に入っていない。 食料は人口からみて2回のヘリコプター救援物資で足りるだけの支援がなされてはいないであろう。 この村は首都カトマンズからバスでバルワという場所まで8時間。そして約2日山道を歩きラップラック村へと到着する。という大変閉鎖されたリモートエリアである。 この村への支援として日本の個人チームが1組。その他にもカトマンズに在住する村出身者が旅行業界い関係に属している者が多いので他からの支援も見込めるであろう。 日本の個人形成チームは近いうちに徒歩リサーチ隊を結成して村に入り物資支援とリサーチ行う予定である。長期支援が必要とされる。 ②シンドゥルパルチョーク郡タラマラン、ウパロガウン この村は小さな集落であり家屋115棟。人口400~500人。被害が大きいシンドゥルパルチョーク郡に位置している。この郡も大変被害が大きく、郡自体の範囲が広範囲に及んでいるために現在全ての村を把握することが難しい。このウパロガウンのように小さな村が無数にあると考えられる。メディアではこの郡がフォーカスされているが取り残されている村々も多いといえる。 村出身者が地震後に帰村して状況報告を受けた。現在まで支援はほとんど入っていないとの事。115件の家屋はほぼ倒壊。食べ物は倒壊した家屋から保存食などを掘り出して食いつないでいる。家屋は倒壊しているので皆外での避難生活。満足なテントや雨よけになるシートは簡易的に村民がその場にあるもので作りなんとか雨をしのいでいる。 家畜も被害あり。亡くなった家畜などは村民が地中に埋葬している。 この地区は上記のように外国とのコネクションがほぼ無いと考えられる。 カトマンズからバスで4時間。その後は徒歩で数時間で村に到着。 この村に近い、近いといっても徒歩で3~4時間でメラムチ地区のバザールがある。このバザールも被害が大きい。被害農村地区全てに言えることであるが、家屋が崩壊し農業など家畜などの仕事も全て失っていることになる。 以上です。 彼らの活動は、まだまだこれから続きます。 支援には費用がかかりますが、政府や大きな組織からの協力は、あまり望めません。私達は、引き続き皆様へ、支援ご協力のお願いをさせて頂きます。 たとえ1円でも、積み重なれば大きな力になります。宜しくお願いします。 ご興味ある方は、恐れ入りますが、コメントお願いします。もしくは、私山原に直接メールください。

      4
      テーマ:
  • 04 May
    • ネパール支援の街頭募金!!四日市ふれあいモール

      皆さま、こんばんは いつもお世話になり、ありがとうございます。 明日、ネパール支援の街頭募金を行います。 僕の友人達が四日市ふれあいモールで!! 午前10時からお昼12時まで 直接現地に届く活きた支援のため、頑張ってます。 皆さまのご協力をお待ち致しております!! 宜しくお願いしますm(__)m

      2
      テーマ:
  • 03 May
    • ウガンダとシエラレオネへ~♪今年もアフリカン

      皆さま、こんばんは ネパールの震災は、まだまだこれから支援拡大が重要ですね。 先日より、募金のお願いをしておりましたが、皆様より沢山のご支援を いただき、本当に感謝いたします。ありがとうございます!! しかし、まだまだ支援はこれからが本番。 引き続き、ご支援のお願いを続けていきますので、宜しくお願いします。 私の友人でフェアトレードショップをしている人が、現地のスタッフを通じて 直接支援を行います。現在も現地スタッフが炊き出しなどをしています。 大手の団体や組織でしか出来ない事も沢山あります。 しかし、大手ではできない活動も沢山あります。 この日本でも、4年前、嫌という程味わいました。 国内と違い、遠く異国の地、なかなか見えない部分もありますが、ご縁の あるところへ、皆様の思いをお届けします。 さあ、そして!! 今年は行きますよ!! シエラレオネへ物資送ります。 コンテナ1本送ります。 現在の物量を確認し、コンテナサイズ決めたら 中古衣料など物資募集するかもしれません。 今月中に算段します。 遅くとも6月中にコンテナ輸出します。 皆さまのご協力をお願いします。 そして、ウガンダモリンガプロジェクト 7月に渡航します。 ウガンダへ行って、モリンガ栽培始めます!! ウガンダのモリンガを日本に輸入して商品化します。 日本中にモリンガブームを巻き起こします!! 決めたらそうなるんです。 もう決めたから!! これからも皆さまよりのご支援、ご協力を宜しくお願いします。 また報告しますね~♪

      テーマ:
  • 27 Apr
    • ネパール大震災について

      みなさん、こんにちは ネパール大震災が大変な状況ですね。 TV見ないので、世間でどのように情報が流れているのかわかりませんが。 そこで、支援のお願いをしたいと思います。 FBページにアップした記事コピペします。 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=698141723644578&id=124247494367340&notif_t=like 国際支援NGOあい さんがMy Nepal TV (mntv)- Australia さんの投稿 をシェアしました。 山原 博之 さんの投稿 · 28分前 · ネパール大震災、大変な状況です。 遠い異国の地、応援に行くことは困難です。 でも、出来る事はあります。 東日本大震災の時、多くのネパール人が支援を送ってくれました。 今回は、私たちがそのお返しをしましょう!! 大手のNPOやNGOに寄付するのもアリです。 でも、大きい団体はなぁ~って言われる方は、是非ご一報をください。 僕の友人がフェアトレードショップしてて、ネパールに直接パイプ(友人など)があります。現在は通信も混乱してて連絡取れなかったりしますが、民間で必要な物などを聞いて直接アクションを起こす準備をしてます。 その為の資金が必要です。 少しでも結構です。 ご協力いただける方がみえましたら、お願いします。 ネパールは世界でも最貧国と言われる国です。 でも日本が震災の時、沢山の支援を民間の方からもいただきました。 普段は、インドカレー屋さんなど、従業員の多くはネパール人です。 是非、皆様のお志しを、お願いいたします。 連絡先:qzm04621@nifty.com(国際支援NGOあい・山原) 振込先:ゆうちょ銀行 二二八支店 普通 1461935     ゆうちょ振替 記号番号12270-14619351     名義:コクサイシエンエヌジーオーアイ 100%生きた金として使います。 僕は、目に見えやんトコに寄付だけしてもなぁ・・・・ って思いでNGOあいを立上げ活動を始めました。 零細組織で大したことも出来てませんが、 それでも、必要な所へ、皆様から頂いた大切な「お心」を 直接、全額、お届けしています。 よろしくお願いいたします。 山原博之

      3
      テーマ:
  • 26 Apr
    • ありがとうございます

      皆さま、ご無沙汰してます。 クラウドファンディングのお願い記事を載せて、そのまま更新せず 大変失礼いたしました。申し訳ございません。 お陰様で、皆様の多大なるご協力のお蔭で、なんとなんと!! クラウドファンディング目標達成できました!! 最終日まで残り7日、達成率16%、誰もが無理だと思ってました。 始めたのは12月26日。募集期間は90日間。 開始より82日が過ぎた3月19日、そこからの奇跡の追い上げ。 ともかく諦めずに取り組もう そう思い、最後のお願いを必死で訴えた。 達成率69%で迎えた最終日。 その日は平日という事もあってか、遅々として進まない。 全くと言って言いほど埋まらない、増えない・・・ 時間だけが進んでいく・・・ 残り6時間 最後のお願いをしよう。悔いのないように。 そう思ってサイトを開いた。 そしたらなんと!! 達成していた。 最後の最後、本当に奇跡の大逆転。 本当に嬉しかった。 ほんとに宝くじに当たるより嬉しいと思った。 それなのに、こちらにお礼と感謝の記事を載せて無くて・・・ 本当に申し訳ありません。 ありがとうございました。 本当に本当に感謝しかありません。 クラウドファンディングの契約が成立し、諸手続きを済ませて 入金されるは7月の予定です。 そこからいよいよ本格的にプロジェクト開始です。 その準備には入ってます。 また順次、進捗のご報告をしていきます。 宜しくお願いいたします。 ありがとうございます。 これからも引き続き、ご支援お願いいたします。

      3
      テーマ:
  • 26 Mar
    • クラウドファンディング最終日です。

      1週間前、達成率は16%でした。 誰もが諦め、無理だと思っていたでしょう。 でも僕は信じています。 達成すると。 本日最終日、泣いても笑っても本当に最後です。 クラウドファンディングサイトREADYFOR https://readyfor.jp/projects/uganda-moringa 今日が最終日です。右往左往して申し訳ありません。しかし、泣いても笑っても本当に今日で最後です。 本当に沢山の方々に支えられて、ここまで来ました。僕の思いに、活動に、共感して頂き、プロジェクトの紹介や拡散して頂き、本当に何て感謝したら良いか…本当に本当にありがとうございます。 ウガンダモリンガプロジェクト ウガンダでモリンガを栽培し商品化する。出来た製品は日本へ輸出し販売する。そして、現地の産業として仕事と雇用を生み出す。働いて貰うのは、現地NPO法人チルドレンホープがサポートする貧困地区。エイズ遺児やシングルマザーで、言われなき差別や仕事がなく厳しい生活を強いられている人々。 モリンガは凄いです。本当に凄い木です。 その栄養価、浄化作用、秘めた力は他に類を見ないほど。エジプトの壁画や旧訳聖書にも登場し、人々を救う様子はまさに「人類を救うミラクルツリー」。 一年で製品化出来るところまで持っていきます。その後は収穫したモリンガの収益で、プロジェクトの継続を行います。 あと残り17時間 あと残り46万円 皆さまよりの、更なるご支援とご協力をお願いします。宜しくお願いします。 プロジェクトの詳細はこちらです。 https://readyfor.jp/projects/uganda-moringa クラウドファンディングは、ネットでの資金調達の仕組みです。期限までに目標金額を集める事が出来た時のみ、支援者からお金が引き落とされ、未達成の時は不成立となりゼロです。 人類を救うミラクルツリーとして世界で活躍する植物「モリンガ」 このモリンガを栽培し商品化することで、ウガンダの子ども達に充分な食事と教育が与えられます。 そして、貧困地区のシングルマザーの仕事となり、安心した暮らしが出来る事でしょう。 こちらのサイトから支援のお申し込みが出来ます。達成した際にはお礼の品をお贈り致します。拡散、ご紹介などのご支援も合わせてお願いします。

      5
      テーマ:
  • 24 Mar
    • クラウドファンディングREADYFOR

      https://readyfor.jp/projects/uganda-moringa あと2日となりました。 残り65万円で達成します!! クラウドファンディングは、ネットでの資金調達の仕組みです。期限までに目標金額を集める事が出来た時のみ、支援者からお金が引き落とされ、未達成の時は不成立となりゼロです。 プロジェクトの詳細はこちらです。 https://readyfor.jp/projects/uganda-moringa 人類を救うミラクルツリーとして世界で活躍する植物「モリンガ」 このモリンガを栽培し商品化することで、ウガンダの子ども達に充分な食事と教育が与えられます。 そして、貧困地区のシングルマザーの仕事となり、安心した暮らしが出来る事でしょう。 こちらのサイトから支援のお申し込みが出来ます。達成した際にはお礼の品をお贈り致します。 拡散、ご紹介などのご支援もお願いします。 あと2日 残り65万円 奇跡を起こさせてください。 最後のご支援をお願いします!! 宜しくお願いします!!

      3
      1
      テーマ:

プロフィール

国際支援NGOあい

性別:
千差万別
誕生日:
2009年12月2日7時頃
血液型:
不明
お住まいの地域:
不明
自己紹介:
国際支援NGOあいです 2009年12月2日に設立!! ①ウガンダ(アフリカ)のエイズ孤児支...

続きを見る >

読者になる

AD
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。