原口一博総務相は9日のテレビ朝日の番組で、民主党の小沢一郎前幹事長と7日に会談し、「(菅政権を)支えて頑張れ」と激励されたことを明らかにした。原口氏は番組後、記者団に「新しい体制をどう支え、懸案に立ち向かっていくか。特に鳩山内閣でできなかったことの総括と、党に求められているものを話した」と述べた。

 会談は、原口氏が要請し、東京都内の小沢氏の個人事務所で約30分間行われた。小沢氏からは選挙の公認調整など自民党時代の話もあり、原口氏は「大変参考になった。時々遊びに行って勉強したい」と述べた。

 非小沢氏系の多い菅内閣の中で、原口氏は小沢氏に近く、鳩山由紀夫前首相の辞任に伴う党代表選では、小沢氏に近いグループが原口氏を推す動きもあった。【笈田直樹】

【関連ニュース】
鳩山首相辞任:原口氏「守れず、断腸の思い」
児童ポルノ:「ピンポイント遮断望ましい」総務相
原口総務相:「宝くじ存続へ全力挙げ改革」
原口総務相:NTT再編案、光回線分離は年内に結論
口蹄疫:家畜損失補償、特別交付税で 原口総務相

なぜ出版社はゴーストライターを使い続けるのか?(Business Media 誠)
「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論―小沢氏意識した発言も(時事通信)
ネット生放送、チャット…選挙激戦区の県南勢に圧倒的支持 茨城(産経新聞)
九州全域での対策強化=口蹄疫で合同本部―国交省(時事通信)
自賠責や被害者給付金も変更へ 顔の傷訴訟確定「男女平等…当然」 (産経新聞)
AD