厚生労働省は4月14日、「医薬品の安全対策等における医療関係データベースの活用方策に関する懇談会」の第5回会合を開いた。この中で事務局は、薬剤をはじめとする医療疫学に利用可能なデータベースを構築する上での規模の目標として、レセプトのデータベースについては1億人分、電子化された診療情報のデータベースは1000万人分とする提言の骨子案を提出し、大筋で了承された。

 医療関係データベースについて、現在利用可能と考えられているデータソースは、診療報酬請求のためのレセプトデータと、電子カルテなど電子化された診療情報データの2つ。
 事務局はレセプトについて、2011年度までにレセプトデータを集約した国家レベルのナショナルデータベースの構築が予定されていることから、目標を1億人分と設定。

 また、最近の副作用をめぐる課題として「1万分の1程度の頻度で発生する重篤な副作用の迅速な検出とリスクの精密な比較評価」を挙げた上で、製薬企業が実施する医薬品の市販後調査は3000例、多くとも1万例のデータしか集められないことから、「1万分の1程度の頻度の副作用を早く精度よくつかまえることは、今はできない」と指摘。その上で、電子化された診療情報のデータベースの数値目標とした1000万人分程度のデータを集めれば、「ある程度の定量的な議論ができるデータが確実性を持って得られるのではないか」とした。


【関連記事】
提言のとりまとめに向け、議論を開始―データベース懇談会
医療データ懇談会提言「社会に受け入れられるものに」
公衆衛生向上のためのデータ活用でヒアリング
韓国などのレセプトデータの医薬品安全利用でヒアリング
医薬品安全対策にレセプトデータを活用へ―厚労省懇談会

「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏-普天間(時事通信)
個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳(産経新聞)
新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か-家具厚生年金基金汚職(時事通信)
【風】「女の生き方」どちらに共感?(産経新聞)
AD