仙谷由人国家戦略担当相は21日、先端医療研究をめぐる厚生労働省医政局の無責任体質を批判し、「存在が邪魔になるのであれば、解体しなければいけない」との見解を示した。神戸市内の神戸先端医療センターを視察後、記者団に語った。
 仙谷氏は「物事が進めば責任問題が出てくるから、責任を取らないでいいように何もしないという態勢がよく分かる」と医政局の姿勢を非難。同局の具体的な在り方は言及しなかったが、「(研究が)分からないのなら邪魔しないでほしい」と述べ、先端医療研究の足を引っ張るべきではないとの考えを示した。 

【関連ニュース】
運航2社の統合も=仙谷戦略相
公務員の希望退職検討=仙谷担当相
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止
スト権付与も検討=国家公務員の労働基本権
退職勧奨で新たな仕組み=公務員人件費削減へ

<ネット違法情報>削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁(毎日新聞)
採用ポスター1万枚回収=陸自商標権侵害の恐れ-埼玉県警(時事通信)
郵便不正公判 証人尋問で取調官「調書“作文”ない」 メモは廃棄(産経新聞)
指示通り服用「非難できない」=抗うつ剤で心神耗弱認める-強盗殺人未遂・さいたま(時事通信)
遺体取り違え解剖、目印を確認せず…都監察医務院(読売新聞)
AD