文部科学省は4日、小学6年、中学3年を対象に行う2010年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)を73.2%の小中学校が実施すると発表した。今回から約3割の学校を選んで結果を集計する抽出方式となるが、抽出から外れた学校でもテストの利用を希望した市町村が多かった。秋田、高知など11県ではすべての公立校が参加する。
 鈴木寛副大臣は「当初想定した通りのニーズがあった。希望すればテストを利用できる仕組みを導入してよかった」と話した。
 文科省によると、対象学年がいる全国の公立校3万1580校のうち、同省が集計するのは30.9%に当たる9751校分。残った公立校でも6割強の1万3794校がテスト利用を希望し、抽出校を合わせた公立の実施率は74.6%となった。
 都道府県別の実施率はばらつきが大きく、県レベルでの採点・集計を予定している高知などが100%だったが、最も低い愛知は25.4%となった。 

【関連ニュース】
学テ、市町村名伏せ公開=京都府教委
教員が生徒の誤答を指摘=中1の学力テストで
学力テスト、3割抽出に=実施要領を通知
高校無償化に3933億円=10年度予算案〔教育〕
体力も地域差固定=秋田、福井が上位-2年目の全国テスト・文科省

<卒業危機>「救済の緊急融資使えない」保護者ら見直し求め(毎日新聞)
疼痛ケア「受けたことない」が約6割(医療介護CBニュース)
地形によって予測より高い波も 気象庁HPに津波情報(産経新聞)
沿岸部の鉄道各線、運転見合わせ相次ぐ 大津波警報受け(産経新聞)
温暖化対策基本法案で環境省が素案(産経新聞)
AD